人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2017年4月のお奨め本

2017年4月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・ロボットの心-7つの哲学物語 (柴田 正良)

ロボットに心は持てるのか。
ロボットに心を持たせようとしたら何が問題になるのか。
そんな難問を順序立てて解説しています。

哲学というよりは人間の認知機能とそれをロボットで実現しようとするソフトウェアの問題からの議論が大半です。
ロボットをより人間らしく見せるにはどのようなソフトウェア上の難問があるかをひとつづつ解決していくという流れです。
と言っても当然の現在の技術ではロボットが人間らしく振る舞えることなど不可能ですが。

著者はロボットは心を持てるという考えを支持します。
そしてクオリア(ありありとした感情)とは物理的基盤が実現できたのなら起きていることを推測するしかないということを述べています。
もしロボットが外見や会話、行動、すべてにおいて人間と変わりないところまでくればそれはやはり心が生じているとするしかないのでしょう。
人間でも他人が心を持つというのは推測でしかないのですから

入門書としてお薦めです。



・中国の誕生―東アジアの近代外交と国家形成―(岡本 隆司)

近代に入って中国は西欧に対して劣勢に立たされますが、その時に西欧と中国の国際秩序の概念に齟齬が生じます。
中国は朝貢体制とされる国際秩序を持っておりそれは強国である西欧列強が築き上げた国際法とは共存しにくい概念でした。
例えば中国は朝鮮の内政、外交には干渉しませんがそれでも属国とします。
政治的な支配をしていない以上は国際法からすればそれは完全な独立国でも中国からするとそうではありません。
本書では中国が東アジアで西欧や日本に押され、国際法と自らが考える国際秩序をすり合わせていかざるを得ない過程を資料から掘り起こしています。
主にベトナムを巡ってフランスと、琉球、台湾、朝鮮を巡って日本との交渉にかかわる資料を使っています。

かなり面白いです。
現代につながる中国が考える東アジアを巡る秩序の原点がこの時代なのでしょう。
ただし資料を使った細かい議論で一般向けとは言い難いです。




・ユダの覚醒(ジェームズ・ロリンズ)

シグマフォースのグレイ隊長のもとに傷を負った敵の組織ギルドのセイチャンが助けを求めてきます。
人類の危機が迫っているというセイチャンとともにマルコポーロにまつわる謎を解き明かすべくグレイはイスタンブールに飛びます。
一方インドネシア付近で謎の疫病が発生しその調査のためにシグマフォースからメンバーが派遣されていましたが、臨時の病院船がギルドに乗っ取られます。
人類の危機とはマルコポーロも遭遇した疫病の復活でした。
シグマフォースとギルドが病原菌とその治療法を巡って戦います。

シグマフォースシリーズの三作目です。
科学と歴史がミックスされた安定の面白さです。
今回は歴史の謎が少し弱いと思いましたが、疫病の仕組みのアイデアが良かったです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/05/06 21:01 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(2)

正義が溢れる

先日右翼と左翼の街宣を少し聞いていました。
両方とも従軍慰安婦問題について触れていました。

右翼の街宣はあまりに幼稚な小学生レベルの論理に驚愕しました。
いや小学生でもこいつ馬鹿なんじゃなかろうかと思うレベルです。
あの演説を聞いてまともな知能を備えた大人が共感することがあるのかかなり疑問でした。
右翼の街宣を聞いたことのない人は一度聞いてみるとびっくりすると思います。
もう一つ感じたことは右翼系の人は怒りを原動力にしていることです。
自分たちや自分たちの国、民族が他国に権利を侵害されたり、いわれのない非難を受けていることに対する怒りです。

怒りを原動力にすると不幸なことになります。
解消できることのない怒りが一生続くからです。
さらにはそのような情動で生きている人は周りからも評価されずに余計に鬱屈したものがたまるでしょう。

一方左翼の演説を聞いていると事実関係はともかく一応筋の通った主張をしていました。
どんなことであれ正義は必ず少しは存在しておりそれを全体化する主張をされると原理的には反論できません。
彼らは社会の現実的なあり方には興味ないし世の中はベターな方向を目指すしかないということは理解しようとしません。
安全対策はコストとベネフィットで決められなければいけませんが、正義にも無限のコストを求める人がいます。
落としどころというものを拒否すれば正義を叫び続けることができます。
しかし全体としてより良い世の中を目指すしか方法はなく、すべての正義が果たされる社会など神の国ぐらいです。
ある正義を果たすためにそれ以上の犠牲を世の中に求めることは間違っているでしょう。
ある正義を果たすために正義とは正反対のことを引き起こすことも間違っているでしょう。
労働組合も共産主義国も理念としては正しいことばかりです。
しかしそこから生まれるのは正義とは思えないことばかりです。

左翼は怒りというよりは正義を原動力にします。
正義を求めること自体が生きる目的になると人生は充実します。
現代社会では右翼的、情動による怒りは馬鹿にされるかもしれませんが、論理的には筋の通る正義の論理には反論しにくいのは事実です。
たとえ周りに朝日脳などと馬鹿にされても自分の論理の正しさを信じることができれば問題ありません。
自分が正義の立場に立つことはカタルシスほど気持ちの良いものはないのでしょう。
世の中はうまくいかないことばかりなので正義を叫ぶ機会などいくらでもあります。
震災や格差、過労死、原発、安全安心の問題、果ては政治家の失言や芸能人の不倫問題まで。

そして世の中には正義が溢れます。

もっとのんびりとして緩い感じで少しだけより良い明日を目指してほしいものです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/04/29 13:47 ] 社会 | TB(-) | CM(2)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方