人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

もう一回世間体

前回、世間体について書いてみましたが、世間って何だろうと思いはじめたのでもう少し書きます。

私は世間体を気にしないと書いたのですが、ちょっと違って世間というものが存在しないという感じです。
世間をリアリティがあるものとして感じていないからだと思います。
私自身は自分を勝ち組と思っていますが世間の中で他人と比較しているわけではなく、自分が今満足できているかという絶対的なものです。
比較する他人が存在しないからです。
あえて言えば大阪時代は人生がつまらなかったので、過去の自分と比較してということです。
そもそも価値観を含むような勝ち負けなんて自分自身にしか判断できないものですし。

人の前に世間とはどのように現れるのでしょうか。
世界と言ってもいいのですが、ここでは世間とします。
世界とは自然なども含めた広いものですが、世間は人が構成するものとします。

私は様々なものが立ち現われる場が存在し、そこで何かを受け取る仕組みみたいなものがあってそれが自我となると考えています。
その自我がありありと現れるものを感じ取って世界が形成されていきます。
(現象学のことを考える人がいるかもしれませんが、何ほどかを言えるほど私は現象学の知識はありません)

そのリアリティを持って私の前にあらわれるような人たちにも関わらず、不特定多数の匿名の存在で構成されるのが世間なのかなと思います。
家族や親しい友人ではリアリティが強すぎて世間を構成する人ではありません。
親が息子を世間体が悪いというときには息子と一体化した親が世間にたいしてです。
リアリティがないと世間を意識できないのですが、世間は同時にもっと距離があってあいまいな感じのものです。

他人が世間を代表するような言葉を投げかけたとき、それをリアリティを持って受け止めたときは世間を感じているのかもしれません。
その人が代表する世間はよく分からないものなのに、その言葉を発する人にはリアリティを感じています。
目の前で言葉を投げかけられているにも関わらず、そこに立ち現われる世間は非常にあいまいなです。
テレビやネットもリアリティを持って感じることができるにしても、家族や友人のような存在ではなく匿名の存在です。

ワイドショーで無職を馬鹿にする人がいたとき、その人自体は匿名ではないのにそこに視聴者は不特定多数の存在を見ています。
ネットはまさに匿名の発言で溢れていますが、テレビのようなリアリティを持った伝達者なしで直接不特定多数の世間を見ています。
テレビよりネットを好む人が多くなってるのは伝達者にリアリティがなくなりつつあるからかもしれません。

脱線しますが、地球の裏側のブラジルで無職を馬鹿にする発言がされて翻訳のテロップが表示されていたとしたらそこにリアリティを持って世間を感じるでしょうか。
大多数の日本人は世間を感じないのではないでしょうか。
伝達者が自分たちと同じカテゴリーに属していないように感じてリアリティを感じられないからです。
別世界の話と感じられるでしょう。
ではそれが日本人を馬鹿にした発言ならどうでしょうか。
その時には自分たちもその枠組みに入るとことができて急にリアリティを感じることができるのではないでしょうか。

世間を構成するには、不特定多数の存在をまとめ上げてそれをリアリティをもって媒介する仕組みが必要です。
それに適しているのはテレビやネットのようなメディアでないでしょうか。
あるいはそのような世間を感じることができる家族や友人を通してではないでしょうか。

この直接、間接の世間を映し出す存在を強く感じ取ることができる人が世間を強く感じ、そして世間体を意識するのではないでしょうか。
私のうちに世間が立ち現れないし、そのため世間体を意識することないのはこれらを伝達する存在を感じていないからだと思います。
テレビもネットもあまり見ないし、たまに目に入ったとしても意識することなく流れていくだけです。
それは地球の裏側のブラジル人のおしゃべりに感じるのと変わりません。
また私が普段接する友人にも世間について教えてくれるような人もいません。
ごくたまに世間を教えてくれるような人にも会いますが、世間ではなくその人個人の考えだろうというぐらいにしか思いません。
そのような声をきく頻度が高くならないと私の中で世間は立ち現われないと思います。
この繰り返しとは大切で、テレビやネットでは繰り返しがあるので世間を強く感じる人が増えるのかもしれません。
しかし繰り返しは強度を上げるかもしれませんが、当然のことながらそのような意見を持っている人が多いとはいえません。

結局私には世間が極めて希薄な存在なのだと思います。
私の世界を構成する人たちは10人程度の家族と親しい友人、そしてそれより遠い関係の1年に1度会う程度の30人程度の友人ぐらいです。
彼らでさえも私に強い影響を与えることはありません。
ましてやそれ以外の人の存在はないに等しく、宇宙人やロボットと同じぐらい希薄です。

自分以外の存在にどれほどリアリティを持てるかというのはパーソナリティの問題なのかもしれません。
シリアでの内戦に本気で心を痛める人がいれば、全く別世界のことで何も感じないという人もいます。
人類というカテゴリーではあまり感じなくても、日本人というカテゴリーではリアリティを感じることできる人がいるかもしれません。
外国の事件で全く興味なかったのに日本人がかかわってるとなると興味を持つ人はいるでしょう。
デカルトの研究者は家族よりデカルトにリアリティや親しみを感じるかもしれません。
バクテリアの研究者はバクテリアが世界のほとんどを占めているかもしれません。

人は自分が作り上げた世界で生きざるを得ず、世間体を気にする人は自分が作り上げた世界に違和感や生き難さを感じているのでしょう。
そうなら自分で世界をつくりかえればいいだけの話だと思うのですが、大人になってからは難しいものです。
しかし、居場所を変えることによってある程度世界は変わります。
転職したり、引っ越ししたりで確実に変わります。
日本で無職は世間体が悪いのならタイや台湾に行けば世間体を気にしなくなるでしょう。
世界を変えられないのなら仕事をするというのもありです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/05/19 13:04 ] 雑感 | TB(-) | CM(11)

2018年4月のお奨め本

2018年4月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・歌うカタツムリ――進化とらせんの物語 (千葉 聡)

進化論の発展に大いに貢献したカタツムリを通して進化論の歴史を追っていきます。
ダーウィンから始まり、木村資生やグールドといった進化論の世界で著名な人たちが登場します。

進化論の研究ではカタツムリは欠かせない研究対象でした。
カタツムリの殻が場所によって多様なのはどうしてか、自然に適応したためか、それ以外の理由なのか、激しい論争が繰り広げられてきました。
片方の勝利かと思われたら、もう片方が巻き返したりと二転三転としながら、遺伝子研究や古生物学の発展を取り入れながら進歩していくのを研究者のエピソードを交えながら解説しています。

面白いです。
カタツムリを主役にしているのでカタツムリの研究の話ばかりですが、これほど進化論の研究にカタツムリが貢献しているとは知りませんでした。
カタツムリに情熱を捧げている人がこんなにもいて、そして実際に進化論の研究に大いに貢献していたのは非常に楽しく、驚きますし、情熱をもって何かに夢中になるっていいなと思わされます。



・哲学者たちのワンダーランド 様相の十七世紀(上野 修)

17世紀の代表的哲学者、デカルト、スピノザ、ホッブズ、ライプニッツを取り上げています。

同時代の哲学者たちが互いにどのような影響を与えていたのかを知ると哲学がぐっと面白くなると思います。
そして一気に理解が深まるのではないでしょうか。
独立した哲学的著作を理解できるような人は相当の強者だけです。
そしてこの本は薄い本ですが、4人の哲学者の思想の関係はどのようなものかを興味深い視点からまとめています。

否定が不可能なものをコギトにしか見いだせなかったデカルト、一切を必然として世界とは神であると過激すぎるスピノザ、社会ををシミュレーションの発想で描いたホッブズ、そして世界を危険なものにしてしまった3人の思想を修復しようとするライプニッツ。

個々の思想を深く解説しているわけではないのですが、著者の視点から比較することでこれらの哲学者の新しい見方を教えてもらえたような気持になりました。



・ミレニアム2 火と戯れる女 (スティーグ・ラーソン)
・ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(スティーグ・ラーソン)

前作で女性調査員リスベットに叩きのめされた弁護士が復讐を誓って策略を巡らせます。
同時に雑誌「ミレニアム」で人身売買の記事を発表する予定だったジャーナリストが恋人ともに殺害される事件が起きます。
この事件と弁護士による復讐と交差して、リスベットは警察に殺害で追いかけられることになります。
リスベット、警察、ジャーナリストのミカエルは殺害事件の黒幕を追っていきます。

2部と3部は繋がっており連続で読むのが良いです。
前作とは少し趣が異なり、警察や公安も巻き込んだ駆け引きのゲームのような展開になります。
前作も面白かったですが、本作も相当面白いです。
前回のような事件がまたおきて、リスベットが超人的な活躍をしてというのを予想していたのですが、いい意味で期待を裏切られました。

素晴らしいシリーズです。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/05/08 17:05 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(6)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方