人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2017年2月のお奨め本

2017年2月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・哲学入門 (バートランド・ラッセル)

確実な知識とは何なのでしょう。
目の前にある机は何も疑いなく実在しているのでしょうか。
ラッセルは感覚が受け取るデータをセンスデータと呼びセンスデータを介してしか机を認識することはできないのではないかというところから考えます。
そこから帰納や演繹により獲得できる知識、普遍へと議論を広げていきます。

まさに哲学入門として素晴らしい本です。
原題は「哲学の諸問題」ですが、初心者が哲学がどのように物事を考えるのかを辿っていけるような本です。
知識があまりなくても読めますが、内容は深く哲学の面白さを実感できる本だと思います。




・キリスト教とローマ帝国(ロドニー・スターク)

キリスト教がなぜローマ帝国で国教となるまでになったのでしょうか。
宗教社会学者がキリスト教の発展を社会理論を駆使して論じます。

歴史学の本を読んでいると批判的な学問なのか、個々の材料から紡ぎだした物語なのかわからなくなることがあります。
資料が少ない昔の事であればあるほど資料の欠落を何らかの方法で埋めなければなりません。
それを埋めているのは科学的な推測ではなく、研究者の思いや時代の思想風潮ではないのだろうかと思うことがあります。

著者は現代の新興宗教を研究対象とした宗教社会学者であり古代キリスト教の専門家ではありません。
資料も1次資料にはあたっていません。
しかし社会理論を使って古代キリスト教の研究に新しい光を当てています。
統計的な推論からキリスト教人口の推移を予測したり、現代の新興宗教の拡大過程を古代のキリスト教にも適用して論じます。
その他にも拡大過程でのユダヤ人の取り込み、教会での女性の地位、シナゴーグや教会の散らばりや中心都市からの距離なども分析しています。
時代が異なっても人の心性や行動で変わらない部分が多いはずです。
社会理論が歴史資料を構成して欠落を埋めるのに強力な武器となることを証明しています。

少し違った視点から古代キリスト教を知りたい人におすすめです。




・ザ・サン 罪の息子 (ジョー・ネスボ )

警察の情報を流す汚職警官だった父を持つサニーは薬物中毒で数々の殺人事件の犯人として刑務所にいました。
ある時刑務所内で父の死の真相を知らされることになります。
サニーは脱獄に成功してザ・トウィンと呼ばれる裏社会のボスと真の汚職警官への復讐劇が始まります。
そしてサニーの父の親友であった刑事のシモンは一時ギャンブル中毒に溺れながらも妻と出会い中毒から抜け出していました。
シモンは新米のエリート刑事カーリとともに連続殺人事件を追い、やがてサニーと交錯していきます。

警察小説好きならおすすめです。
小説で薬物中毒の話が出てきますが、刑務所で簡単に薬物が手に入るなどノルウェーは薬物中毒が社会問題になっているそうです。
ノルウェーは豊かで高福祉の国という印象を持っていましたので意外に思いました。
豊かだからといって心の隙間を塞ぐことは難しいのでしょうか。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/03/04 15:40 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(0)

そろそろ地道に経済成長を目指せばどうか

リフレという言葉を最近聞かなくなってきました。
大量に国債を買えば実質金利が低下してインフレが起こり人々がものを買い、企業も投資をして経済成長が可能となるはずだったのが特に何も起こっていないように見えます。
まだまだ緩和が足りない、消費税の増税がダメだった、極端な緩和がなければもっと経済はダメだったなどという言い訳が見られますが、少なくとも2%のインフレはいまだ見通しが立っていません。
国債も日本株も日銀がこれだけ大量に買っているのにです。

アベノミクスが始まったころはメディアや国民には肯定的な人が多く、専門家は否定的だったように思います。
常識的な経済学ではその効果に疑問を持つのは当たり前なのですが、当時は日本の経済学者は世界の潮流から取り残されているだのガラパゴスだのという人までいました。
結局常識的な見方通りになってしまい、残念ながら金融政策のイノベーションは効果を発揮しませんでした。
知識のない人はどうしても魔法を信じてしまいますが、大抵の事象では魔法より常識が正しいものです。
たまに魔法に裏付けが与えられて信頼に足る理論となることもあるのですがそれは稀なことです。

さて日銀も量的緩和を諦めったぽい状態ですが、さらなる理論としてシムズ理論なるものが出てきました。
現状の経済環境と政府の財政政策下では量的緩和では限界があり、政府がお金を使いまくればインフレが起きるというものです。
そらそうでしょうとしか言いようがありません。
世の中が豊かになることが目的ではなくインフレを起こすことが目的なら破壊的な量的緩和でも財政支出でもいつかはインフレが起きるでしょう。

結局バブル崩壊後の財政支出の政策に戻ったようです。
財政支出では大した効果が得られず借金ばかり増えてしまったからこそ金融政策に舵を切ったのではなかったのでしょうか。
よほど案件を精査しないと財政支出では一時的に成長するだけで持続することは不可能です。
無駄な施設などを作ってしまうと次世代に無意味なメンテナンスコストを押し付けることになります。
そしてそのつけが現在の財政状態や国民負担の増加、潜在成長率の低迷です。

経済学者というのは芸能人と同じで目立ったら儲かるという側面が大きいです。
なのでリフレ政策、国土強靭化政策のような魔法を言い出す人が多く、その中にはクルグマンやスティグリッツだの経済学に多大な貢献をした人たちまで机上の理論の遊びで魔法を言い出すので困りものです。
クルグマンの下らない論文に他の経済学者も無視すればいいのになぜか真面目に反論するのが不思議でした。
いつでも株価急騰と言っている武者さんや芸人として割り切って生き方を選んだ森永さんならいいのですが、世界的な経済学者がそれを言い出すと政治家が本気にしだすので困りものです。
またどれだけ経済理論に貢献した人でも日本の経済学者より正しく日本の経済を分析できることはないということにそろそろ政治家も気付いて欲しいものです。
経済理論は普遍性は持っても即効性のある知ではありません。
経済はあまりにも複雑で多様なために地域ごとの特性を理解している経済学者のほうが正しい処方箋を提示することができます。

そろそろ経済成長に真面目に取り組むことにしてはどうでしょうか。
リフレやシムズ理論のような効果が極めて疑わしい魔法に頼るのは止めるべきです。
また働き方改革や教育国債のようなくだらないことで時間と資源を無駄にするのも止めるべきです。
人々はインフレではなく豊かな社会を欲しているはずです。
それには人口の増大、生産性の増大、イノベーションの促進が王道です。
これらを推し進める政策を地道に進めるしかありません。

私は人的資源の効率的な活用を進めるのが一番確実性が高いと思っています。
明らかに人的資源の無駄使いが多い国ですから。
例えば意味のない大学への補助金を廃止して大学で遊んでいる人が働くだけでもかなり効果があるのではないかと思います。
文系学部であれば旧帝大クラスと早慶でも上位の学生だけ(最近の早慶出身のレベルが低すぎるので)補助金を与えれば十分ではないでしょうか。
あるいは解雇の自由化、公務員の人員削減をすれば人手不足のところに労働力を投入できます。
私の経験では大企業では付加価値を生産しない人が3割ぐらいはいると思います。
公務員は人数が多すぎるのが意味のない事業をせっせと考え出す原因でしょうから一石二鳥です。
私の時代では一流企業では通用しないけれど関西大学ぐらいには受かるレベルのやる気のない学生が地方上級を受けるイメージでしたが、本来は公務員はクリエイティブな仕事だし東京や大阪のような大きな自治体はトヨタ以上の人材が必要なはずです。
地方自治体もこのような人材に目を向けてもらえるようになるべきでしょう。

世の中の大抵のことは一発逆転を狙うよりも地道に確実に努力したほうがうまくいきます。
宝くじを買うよりは株式投資に回したほうがよりよい生活ができます。
民間のベンチャー企業なら良いのですが、国が後戻りできないレベルのリスクを負って一発逆転を狙ってはいけません。
そろそろ地道な努力をして欲しいものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/02/25 12:50 ] 社会 | TB(-) | CM(6)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方