人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

他人の子供にお金を出してもよい

最近子供の貧困や教育格差の話題が多くなってきているようです。
(私の情報源は日経とヤフーのトップページだけですが)
そこからこども保険や教育国債などの話が出てきているようです。
政治家がお金を使うためにはあの手この手と繰り出してきます。
政治家と官僚は税金は使ってなんぼなのでしょう。
そういえばアベノミクスの成長戦略はその後どうなったのでしょうか。

国が教育にどれだけ税金を投じるかは単純に費用対効果に基づくべきだと思っています。
またそれは子供の教育の機会均等と両立すると思います。
高校生までの投資は国民の平均的なレベルの底上げに効果的でしょうし、教育の機会均等に資すると思います。
社会の経済力というのはアップルのような企業を生み出す社会よりはドキュンな方が限りなく少ない社会のほうがあるのではないでしょうか。
犯罪を犯してしまう人、基本的な思考力に欠ける人、自己解決能力が低い人は恐ろしくコストが掛かります。
そのような人を減らすのには子供の頃の教育が大事なのではないでしょうか。
私が育った地区は非常に教育レベルの高いところでしたが、成績の良くない子供でもみんな立派な社会人になりドキュンな方がいないのはそれだけの環境があったからだと思います。

私は子供の教育は社会が面倒を見るべきだと思っています。
基本的には高校生ぐらいまでなら費用対効果が十分あるだろうと想像していますが、例えそうでなくても社会がある程度までは費用を負担しても構いません。
一方で子供の教育費の負担を他人に押し付けるのかという意見もあります。

私は個人主義を強く支持しています。
誰かの子供であるという属性より前に社会での独立した1個人であることを重要視しています。
そして子供が無力である以上はできるだけの機会を社会が用意すべきと考えています。
私には個人主義を主張している人がなぜ子供を親の所有物とみなすのかが今一つ理解できません。
親が子供から受ける効用のみを見ているように感じます。

子供に対して社会がある程度責任を持つのと同様に親の老後も子供ではなく社会が責任を持つべきと思っています。
なので子供が介護や経済的負担を負う必要はないと思います。
もちろん親は大人なので老後の生活は自己責任であり、子供への援助と違ってあくまで最終的な責任です。
そして親に対する子供の義務がないので、遺産相続は認めず100%の税金をかけることになります。

極論ですが、子供が生まれた瞬間から親から引き離して施設に集めて育てることにより完全な独立した個人として扱ってえば子供に対して機会を公平に与えることができます。
親の財産や知性、愛情のレベルによって子供の教育機会に差が生まれることはありません。

現実的には当然不可能です。
親から引き離すということは親が持つ多様性による子供の多様性を維持できないでしょう。
子育てそのものに国家やそれに類する存在が責任を持つと国家に都合が良い人間を生産することになるでしょう。
イスラエルのキブツでの例が有名ですが、子供は特定の人間に愛情を注がれないと安定した人格の成長に悪影響を与えるともよく言われます。
またそもそも親が子供から得る喜びや自身の成長が得られないというのは大きな損失でしょう。

けれども個人主義と自由主義、その結果としての自己責任を問うためには子供に対する機会均等は徹底すべきではないでしょうか。
なので教育に対する税金の投入を増やすのは子供のいない私でも問題ありません。
ただしあくまで自由競争による効率的な使い方が前提ですが。
現在のように国や自治体が許認可やサービスの供給量を調整するような非効率な方法では子供が十分な教育の果実を受けることはできないでしょうから。

私は他人の子供のためにお金を出すのは全然かまいません。
他人の親にお金を出すのは嫌ですが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/07/08 11:23 ] 社会 | TB(-) | CM(2)

2017年6月のお奨め本

2017年6月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・「イスラーム国」の脅威とイラク(山尾 大 吉岡 明子編)

イスラーム国を巡る情勢を分かりやすく解説しています。
イスラーム国に関する本では今のところこの本が一番分かりやすくまとまっていると思います。
難しくないのですぐ読めます

私が興味を持ったのはクルドの状況です。
独立国家ともいえる存在になってきていますが、ISが打倒された後クルドの行く末が気になります。
後はISが出てきたのはスンナ派の政治的排除かなと思っていたのですが、必ずしもそうではないという指摘も興味深いです。
サウジアラビアがカタールと断交したようにISが打倒されたとしても中東地域の不安定はまだまだ続きそうです。




・時間と自由意志:自由は存在するか (青山 拓央)

人は自由に選択することができるのでしょうか。
選択できるのならその瞬間はいつなのでしょうか。
分岐問題を中心に時間と自由意志について論じていきます。

ある選択がされるとき分岐するその起点はどこでしょうか。
人がある選択をしようと決めたときはすでにそれは分岐後の線に含まれているはずです。
では選択をする前の瞬間の脳の状態なのでしょうか。
しかしそれもはっきりとした起点を決められず遡っていくしかありません。
では始めから選択などなく決定論的な世界でしかないのでしょうか。
あるいはすべてが偶然なのでしょうか。

そのようなおそらく意味のないことを著者は延々と論じます。
しかしそのようなことを問わずにいられないのが人間なのだと思います。
例え真相にたどり着く見込みはなくても考えることで新たな地平は開けていくものなのでしょう。
少々難しいと思いますが心躍る知的な冒険です。

他には決定論と自由は両立するか、責任との関係、他我と自由など。



・ブラック・ハート(マイクル コナリー)

11人の女性を殺害した犯人、ドールメイカーを殺人課の刑事、ボッシュが殺害してから4年。
ボッシュの発砲の正当性を巡って犯人遺族は民事裁判を起こします。
そんな中ボッシュにドールメイカーから新たな遺体の場所を告げるメモが届きます。
メモの筆跡は確かにドールメイカーのものと一致しました。
ボッシュが殺害した犯人は無実で別に犯人がいるのでしょうか。
ボッシュは再度ドールメイカー事件を洗いなおし真相に迫ります。

安定のボッシュシリーズですが、今回が一番テンポよく読めました。
どんでん返しと真犯人のキャラが少し弱いかなと思いましたが面白いです。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/07/02 16:08 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(2)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方