人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

自分だけが損してる

実験経済学だったかと思うんですが、プロジェクトに参加してもらって終了後に自分がどれだけ貢献したかと問う実験があります。
すると8割の人が自分は他のメンバーより貢献したと自己評価するそうです。
もしこれが会社だとするとおそらく2割ぐらいのメンバーにしか高評価が与えられないでしょう。
評価基準が年功序列から実力主義になるときに正当に評価されないという不満が出てくるのは当然の事と思います。
このようにほとんどの人は自分ばっかり損していると思っているのではないでしょうか。

自分が損しているという感覚は2種類あると思います。
一つは自分が正当に評価されていない。
もう一つは自分が本来受ける権利を他者に奪われているというものです。

自分が正当に評価されていないというケースの多くは実際評価に値しないということなのでしょう。
もちろん会社であれば社長がワンマンで評価基準が自分のお気に入りかどうかというようなことも多いと思います。
でもその場合は自分が採用する評価基準と実際に適用される評価基準のずれの問題です。
適用される評価基準に自分で合わせるか、自分の評価基準と合う会社に転職すればいいだけです。
自営業であれば評価のずれの問題は起きません。

自分が評価されないと考えるタイプにはその代償を求めて自分が所属するものへ自己を拡大するケースがあります。
一流大学出身だけれど現在の自分が評価されていないことで学歴への評価を求めるようなケースです。
あるいは右翼系のように日本に自己を投影して日本のすごさを主張したり、他国をさげすむケースもあります。
このあたりはルサンチマンが原因となっているのでなかなか解消しがたいものがあります。

もう一つの自分が本来受ける権利を他者に奪われているというものは困難な問題を抱えています。
損している自分と得している他者という分断が起こるからです。

非正規社員が正規社員と同等の責任の仕事をしている場合でも待遇が低いとされてます。
これは雇用制度に守られた身分制度であり他者に権利を奪われていると言ってよいと思います。
労働組合や厚生労働省は断固としてこの身分制度を維持しようとしています。
自分たちが不当に利益を得ているのですから当たり前の話でそう簡単には既得権益を崩すことはできません。
奴隷は奴隷のままでいろと言っているようなものです。

ところで正規社員や公務員への身分的特権に対して頑張って勉強してきたのだから当たり前だという言い方を目にします。
市場主義では直近の仕事の実績から期待される成果に報酬が与えられるのに、1回の入社試験などで特権的身分を得られるという発想が不思議です。
またキャリアを除いて公務員試験のような高校生レベルのしょぼい試験を通ったぐらいで身分保障しなきゃいけないのはおかしなことですし、正規か非正規なんてその時の社会的、個人的環境にも左右されます。

アメリカ大統領選やブレグジットなどで見られたように、自分たちの仕事や富を移民が奪っているというような場合だと社会の分断はより大きくなります。
移民の貢献も大きいはずですし、おそらく社会全体として得られる利益としては移民を受け入れたほうが大きいことが多いでしょう。
しかし社会の変容により不利益を被る階層は必ず出てきますし、肌の色などのような目につく存在は責任転嫁の対象とされやすいものです。

このような問題は独立した個人が参加する市場や国家が成立するまでは解決されないのでしょう。
得られる利益は市場に参加した結果によるものであり、その人の属性ではないことが当たり前となる時代はあとどのぐらいでやってくるのでしょう。
現在は正規雇用という身分保障や国籍、人種による特権的な利益の要求が当然と考える人が多数派のようです。

さて私も自分だけが損していると考えがちです。
しかし当然そんなことはあるはずがなく日本人という特権的な身分を持っていますし、結果的にリタイアできるだけの資産も築けました。
トータルでは自分は得しているはずです。
少なくとも生活に困っているわけではない人にはそのようなルサンチマンを抱える権利なんてないと思っています。
そのようなルサンチマンを抱えた瞬間に現在を変えようとする努力よりは、他者への非難だけで自分で何とかしようとしない停滞があるだけです。
もちろん自分のルサンチマンからではなく、肥大化する政府や反市場主義、反自由主義的な政府への非難などはよいと思いますが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/08/19 19:01 ] 社会 | TB(-) | CM(10)

資本主義というよりは市場主義

資本主義というと経済成長を前提としているイメージがあります。
最近は経済成長はもういらないのではないかという議論を見ることがあります。
もう十分豊かだし、環境負荷などを考えると成長は必要ないという人が増えています。

しかし成長が必要ないという主張は長年言われていますが、じゃあ20年前の生活でいいですかというとほとんどの人が嫌だというでしょう。
小屋暮らしでさえこの20年の経済成長、技術の成長に大きな恩恵を被っています。
結局今の生活で十分豊かだと言いながらもこれまでの経済成長の恩恵を十分に受けながら、その時々の人々が成長はもういらないというのだと思います。
10年後にもこれからの10年間の成長の恩恵を受けた人たちがもう十分成長したと言っていることでしょう。
20年前に比べて10万円を稼ぐ労力は減り、10万円から得られる便益は相当増えたのは成長のおかげです。
膨らんだ借金のおかげで社会保障費や税金は増えましたが。

また当然現在の国の借金を持続可能にするには経済成長がないと無理です。
経済成長がなくてインフレ税や増税だけで持続可能にするには相当な国民負担になります。
資本主義による成長という呪縛からは当分は逃れられないのだと思います。

一方で私は資本主義というよりは市場主義が正しいと考えています。
市場主義は生産や配分を匿名の人が集まる市場に任せるというイメージです。
必ずしも成長しなければいけないというものでもありません。
市場でその都度成立する成長が適切なのではないかと思います。
もし生産が多すぎて市場が縮小がしてもそれは市場が選択した適正な経済規模だと思います。

市場主義のいいところは身分などの属性のない匿名の個人が参加しているということです。
そこではどれだけの価値を生産できるか、その生産で得た価値でどれだけモノを需要できるかということがすべて個人の行動で決まります。
現在のように様々なルートで国にたかったり、国が必要なモノを決定するということがありません。
生産と配分がゆがめられることがありません。
これはつまり権力の分散でもあり、究極の民主主義でもあるのではないかと思います。
権力は富を競争を通じないで他者から奪いますが、市場はそれを競争を通じた分配に置き換えます。

アーリーリタイアが経済に貢献していないという言われることがありますが、市場主義からするとナンセンスな議論です。
市場主義は貢献とかそういうことではなく、市場に価値を提供し価値を受け取るだけのことです。
個人は自由な市場では小さな価値しか提供せず、小さな価値しか受け取らないということも自由に選択できます。
国家から受け取る便益と支払う税金についてのアンバランスについては市場主義とはまた別問題です。
市場は個人に何かを強制することはありません。
自由と多様性を認めてくれます。

もちろん市場に解決できない問題は政府が解決すべきだと思います。
しかし実際には解決するのではなく単なる富の奪い合いになることがほとんどです。
本来生み出していただろう価値を産み出せない資源の浪費になっています。

デフレ脱却、地方創生、強い経済、子育て支援、成長戦略なんてどうでもいいです。
ただただ需要と供給を市場に任せてほしいものです。
市場主義が人に自由を認め、多様性を認め、可能性を拓いてきたのではないでしょうか。
しかし自由は責任を伴うので厳しく、多様性も可能性も不安なので政治による配分や働き方改革のように生き方すらも決めてほしい人が少なくないのでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/07/29 11:36 ] 社会 | TB(-) | CM(2)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方