人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

早く完全キャッシュレス社会にならないか

最近、財布をカード入れ専用と二つ折り財布に分けました。
カードや電子マネーでの支払いが多くなってきており現金を使うことがかなり少なくなったからです。
なので普段はカード入れのみを持ち、友人と会うときなどは二つ折り財布をかばんに入れることにしています。
普段はカード入れだけで薄くて軽いのでとても楽です。

ここ数年で電子マネーを使える店が多くなり非現金の決済比率が高まっているのではないでしょうか。
また少額決済にカードを使うことに抵抗がある人が多かったと思いますが、電子マネーはそもそも少額決済用というイメージがあるため抵抗なく使えるようになったと思います。
とは言え、外食をするときなど現金しか使えないところも多いので現金を持ち歩くこともまだまだ多いです。
意識的にカードが使える店だけ選択すればカードと電子マネーだけでもやっていけるとは思いますが、店の選択を限られたくはありません。

現金決済比率は日本では60%以上と言われています。
調査時期はずれますが、アメリカでは20%程度、ノルウェーは6%、スウェーデンでは2%だそうです。
北欧ではすでにATMの撤去が始まっており店が現金での支払いを拒否するそうです。
ホームレスも恵んでもらうためにカードリーダーを持っているそうです。
北欧で特に問題が起きているということもなさそうです。

技術的にはキャッシュレス社会は可能なのだからさっさと完全キャッシュレス社会に移行すればいいものをその歩みは遅々たるものです。
キャッシュレス社会には様々な利点があります。
コンビニなどの店の強盗やひったくりが減るでしょう。
会社、特に小売店での現金の管理に関するコストが劇的に減るでしょう。
現金輸送車も必要なくなります。
ATMの設置費用や場所が必要なくなるのも意外と大きいと思います。
レジは現金支払い機能がなくなるのでコスト削減になるでしょうし、機械部分が減ることにより故障も少なくなりそうです。
財布にも小銭入れ部分が必要なくなり札を入れる必要もなくなるのでカード入れだけでよくなり持ち運びが楽になります。

なぜこんなにも日本人は現金が好きなのでしょうか。
治安が良いので現金を持ち歩いても怖くない。
カードは借金だというイメージがある。
金融に対する知識が全般的に低い。
通貨価値が近年ずっと安定している。
などがあるのでしょう。
しかしそれにしても日本の現金決済比率の高さやタンス預金の積み上がり方は突出しています。

しかし現金なんて不便なだけです。
その社会的コストはかなりのものでしょう。
そうであれば政府が音頭を取ってキャッシュレス社会を推進してもいいのではないでしょうか。
単純に現金の支払いにペナルティを付ければいいと思います。
現金だけ消費税を3%追加するなどすれば劇的に変化すると思います。

もちろん懸念すべきこともあります。
第一には政府やカード会社などの決済業者が支払い履歴を全て把握できてしまう怖さがあります。
私自身はあまり懸念していないですし、すでに私の生活のかなりの部分を楽天に把握されています。
またブロックチェーンが進むと分散型の管理となりある程度抵抗できるのではないかと考えています。
ただこういうことはあまり軽く考えないほうがいいというのも理解できます。
第二には金融政策への影響がどうなるか分からないということです。
これは私にもわかりませんが、現在の電子マネーが現金の代わりとなるとするとそれ程変わらないのではないでしょうか。
マイナス金利は現金に対しては適用できませんが電子マネーも同じことが言えるのではないかと思います。

金が通貨として使われるようになり、やがて兌換紙幣が現れ、そしてついに不換紙幣を人類は使うようになりました。
何の価値的な裏付けもなくただ権力が保証しているだけでも人々がそれを信頼している紙切れが通貨となったのです。
これは凄いことです。
今でもたまに信頼を失くしてしまいハイパーインフレとなってしまうこともありますが。
それがとうとう紙という物質でさえなく、単なる0と1の羅列を通貨にしてしまうことになります。
全く何もないところに価値を人は認めることができるのです。
それを互いに価値あると認める限りにおいてその価値は実体を持つのです。
まるで神様のような存在です。
人類はますます面白いことになっていきそうですが、すべてはもっと早く変化してほしいのが私の願いです。
たかだかキャッシュレス社会に移行するのがここまで遅いと私には退屈です。
便利なことはもっと劇的に進歩、変化してほしいものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/04/15 15:32 ] 社会 | TB(-) | CM(8)

正月の朝日新聞を読んで

私の実家は朝日新聞を購読しているので帰省すると朝日新聞を読みます。
そして毎日10分もせずに読み終わってしまいます。
読もうと思うところがないのです。
親に読むところがないだろうと聞くと、新聞を読む安心感とチラシのために購読していると言います。
新聞の内容そのものはつまらないと言います。

私が高校の頃は新聞を毎日丹念に読んでいました。
その頃と比べて新聞の質が落ちたのか、私が少しは賢くなったのかどっちなのでしょうか。
当時は日経新聞も購読しており、当時から経済好きだった私には日経新聞のほうが面白かったです。

ところで正月の朝日新聞に経済成長は必要なのかという問いかけの記事が載っていました。
この記事を読んだときに記事のレベルの低さに少し驚きました。
私のように単なる暇つぶしで書いているのではなく、それなりの訓練と経験を積んで高い報酬をもらう人が書く文章がこの程度でしかも編集委員とは驚きました。
記者の主張の本質的な部分は特に否定するものではありません。
しかしいかんせん、言葉の定義がはっきりしない、議論が飛び過ぎてしかも記者が前提としている話に疑問が多い、結局言いたいことがよく分からなくて、読み手がかなりの推測を強いられます。
ネット上の記事のような色んな知識を寄せ集めてみましたというような仕上がりになっています。
そして色んなよけない思いを入れることによって記者がおそらく主張したこととは別の話になっており、読み手もそのように受け取るのだろうと思います。

大手新聞やテレビがマスゴミなどと言われたり、朝日脳などと馬鹿にされることが多くなりました。
まあマスゴミというような人は大抵新聞よりひどいネット上の話題を知識に源泉にしてしまっていることがほとんどでしょうが。
しかしマスを対象にしたメディアであれば対象に合わせた内容になることは当たり前です。
メディアが生まれた当初から変わらないと思います。
主義主張は別にして新聞に質を求めるのは難しいのだと思います。
読者が情緒的な記事を求めるなら記事もその方向に傾きます。
なのでそれなりに勉強する人なら大学生ぐらいになると新聞は読み飛ばすものになると思います。
社会で起こっていることを大雑把にはつかんでおくために読むぐらいでしょう。
民放よりはましと思われるNHKのニュースやNHKスペシャルなども大学生ぐらいになると見る気をなくすのではないでしょうか。
私も20年ほどNHKスペシャルなどを見ていないので今のNHKの番組の質は分かりませんが。

ネット社会になり新聞のような幅広いニュースを扱い日々の出来事に論評してくれる質の高いサイトができないかなと期待しましたが今のところないようです。
アゴラには期待しましたが正直期待外れでした。
しかしネットは無数の記事があるため読む価値のある記事も多くあるはずです。
キュレーションサイトというのがありますが、質で絞った記事を時系列、分野別で集めてくれたらいいのになあと思います。

結局質の良い記事を読むためには読者層を絞ったメディアになります。
質がよいということは読者にもある程度知識や思考能力を求めるので大抵の人は読まないでしょう。
そうなるとビジネスとしては難しくなります。
日々の情報を伝える類のメディアで質を伴うのは構造的に難しいのでしょう。
なので私は社会でリアルタイムで起きていることにはほとんど興味がないのかもしれません。

日本人の知的レベルが全体的に上がれば新聞などのメディア質も上がるのだろうと思います。
しかし原発から働き方、格差、地方などといった問題で情緒的な議論が最優先される風潮はこれからも変わらないだろうし、本をますます読まない傾向も増している中でそれは難しいでしょう。
知識の総和レベルではこれからも人類は成長していくのでしょうが、個々人の平均的な知的レベルの向上はすでに生物学的、社会学的な限界に来たのではないのかなと密かに思っています。

ところで経済成長についてですが、
私は経済成長をことさら目標に掲げる必要はないという考えです。
政府や日銀の役割は経済成長というよりは経済が激しく変動しないようにすることだと思っています。
大事なのは世の中にある無数の課題を市場を通じて解決させる仕組みを用意しておくことではないでしょうか。
そうすると競争を通じて課題が少しずつ解決され、その結果として経済成長もついて来るのだろうと思います。

しかし政府としては経済成長を主軸に置きたいのは分かります。
GDP比に占める割合がとてつもない日本の借金のことがあるからです。
経済規模が大きくならないことには借金の負担が大きくのしかかることになります。
リフレ派の主張の一つにリフレによる成長で名目GDP比で借金が小さくなるということがありました。
しかし経済はそんな簡単にコントロールできるものではなく借金のツケはどういう形であれ誰かが負うことになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/03/18 12:01 ] 社会 | TB(0) | CM(2)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方