人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2017年6月のお奨め本

2017年6月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・「イスラーム国」の脅威とイラク(山尾 大 吉岡 明子編)

イスラーム国を巡る情勢を分かりやすく解説しています。
イスラーム国に関する本では今のところこの本が一番分かりやすくまとまっていると思います。
難しくないのですぐ読めます

私が興味を持ったのはクルドの状況です。
独立国家ともいえる存在になってきていますが、ISが打倒された後クルドの行く末が気になります。
後はISが出てきたのはスンナ派の政治的排除かなと思っていたのですが、必ずしもそうではないという指摘も興味深いです。
サウジアラビアがカタールと断交したようにISが打倒されたとしても中東地域の不安定はまだまだ続きそうです。




・時間と自由意志:自由は存在するか (青山 拓央)

人は自由に選択することができるのでしょうか。
選択できるのならその瞬間はいつなのでしょうか。
分岐問題を中心に時間と自由意志について論じていきます。

ある選択がされるとき分岐するその起点はどこでしょうか。
人がある選択をしようと決めたときはすでにそれは分岐後の線に含まれているはずです。
では選択をする前の瞬間の脳の状態なのでしょうか。
しかしそれもはっきりとした起点を決められず遡っていくしかありません。
では始めから選択などなく決定論的な世界でしかないのでしょうか。
あるいはすべてが偶然なのでしょうか。

そのようなおそらく意味のないことを著者は延々と論じます。
しかしそのようなことを問わずにいられないのが人間なのだと思います。
例え真相にたどり着く見込みはなくても考えることで新たな地平は開けていくものなのでしょう。
少々難しいと思いますが心躍る知的な冒険です。

他には決定論と自由は両立するか、責任との関係、他我と自由など。



・ブラック・ハート(マイクル コナリー)

11人の女性を殺害した犯人、ドールメイカーを殺人課の刑事、ボッシュが殺害してから4年。
ボッシュの発砲の正当性を巡って犯人遺族は民事裁判を起こします。
そんな中ボッシュにドールメイカーから新たな遺体の場所を告げるメモが届きます。
メモの筆跡は確かにドールメイカーのものと一致しました。
ボッシュが殺害した犯人は無実で別に犯人がいるのでしょうか。
ボッシュは再度ドールメイカー事件を洗いなおし真相に迫ります。

安定のボッシュシリーズですが、今回が一番テンポよく読めました。
どんでん返しと真犯人のキャラが少し弱いかなと思いましたが面白いです。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/07/02 16:08 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(4)

2017年5月のお奨め本

2017年5月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・経済思想入門 (松原 隆一郎)

経済思想の入門書です。
前半は経済学の歴史をヒュームから解説しており、後半は貨幣やグローバリゼーションといったテーマごとの解説をしています。

それほど分量は多くないですが、代表的な経済学者を取り上げ背景となる社会状況からどのような学説が生まれたのを丁寧に解説しています。
経済学は例え理論でも学者の思想や社会背景を強く反映するものであることが分かるでしょう。
基本的な知識は必要ですが、読みやすいので躓くことなく読み進められると思います。
後半の各論は少し物足りなかったですが、各テーマについてどのように考えていけば良いかよくまとまっているので入門としては良いと思います。

内容は非常にオーソドックスですので復習や基本的な経済学の知識を学んでからの次の本としてお薦めです。




・プラグマティズム入門 (伊藤 邦武)

パース、ジェイムズ、デューイといった初期から戦後のクワイン、ローティ、パトナムの戦後の思想、そして現代のプラグマティズムまで射程に入れた入門書です。
入門書のレベルを少し超えているかもしれません。

素晴らしい本だと思います。
プラグマティズムを道具主義という訳語のイメージしか持たない人にはぜひ読んで欲しいです。
それまでの形而上学的な哲学の批判、特に反デカルトとして生まれたプラグマティズムは現代でも多様な展開を見せています。
真理や確実な知識といったものを考え直さなければならないのではないか。
普遍といったものはなく信念の体系でしかいないのか。
しかしそれでは単なる自国中心主義的な発想であり普遍的な信念がないとどのように前に進めるのか。
哲学の格闘はまだまだ終わらないようです。




・極大射程 (スティーヴン・ハンター )

ベトナム戦争で伝説的な実績を残した狙撃手スワガーは負傷して退役後は田舎で静かに過ごしていました。
ある時最新の弾丸の試射を依頼されますが、実際には別の仕事を依頼されることになります。
しかし仕事を引き受けたスワガーは巧妙に仕掛けられた罠にかかり命を落としかけます。
そしてスワガーの復讐が始まります。

いやあ、面白いです。
敵との頭脳戦、狙撃シーンのカッコよさ、スワガーの男っぷりと完全無欠ぐらいの強さ。
他の敵味方の登場人物もしっかりと存在感があります。
結末も爽快でした。
久しぶりにツボをつかれてしまいました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/06/04 13:01 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(0)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方