人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

アーリーリタイアと恋愛

世の中のアラフォー男性や女性はどの程度結婚したいとか恋人が欲しいと思っているのでしょうか。
私も私の周りの人も30代前半ぐらいからそういうことに興味がなくなっている人が多いような気がします。
婚活に励んでいる人もいますが、独身の半分にも満たないように思えます。
もちろん相手を探しているそぶりを見せないという人もいるでしょうが。

私も彼女がいないときに積極的に探していたのは30歳ぐらいまでです。
基本的に1人が好きだし、他人に対する依存心みたいなのがありません。
結婚したいと思ったことがないし、子供が欲しいと思ったこともありません。
現在もそうです。

久しぶりにできた彼女は6歳下で40歳が迫ってきているアラフォーなので、アラフォーの婚活ブログなんかを最近読んでいます。
株のニュースで婚活関連の事業をしている会社がよく出てきて盛り上がっているなとは思っていましたが、世の中婚活がこれほど一般化しているのかと驚いています。

東京では40歳女性でも未婚率が25%だそうです。
東京なら探せば見つかりそうな気もしますが、アラフォーともなると簡単に異性にときめくこともないでしょうし、条件から入る傾向が多いようで簡単にはいかないようです。
20代であれば例え相手が借金持ちとか非正規とかであっても付き合ったり、勢いで結婚する例も多いと思いますが、30歳を超えるとそうもいかないのでしょう。

アーリーリタイアをした人はどうなのでしょうか。
40歳でリタイアした男性だとすると対象の女性は35歳から40歳ぐらいでしょうか。
リタイアした男性が彼女ができることの利点は人との交流が維持できることだと思います。
私は人と接しなくても全く問題ないのですが、バイト先や彼女との関係も楽しいものだとも思っています。
やはりそれだけ人生が充実するのも確かでしょう。
ちなみに私は自称グルメでおっさんが一人で行きにくいようなフレンチやパンケーキの店などに彼女と行けるようになったのはとても助かっていて楽しいです。

デメリットは何でしょうか。
やはり結婚と子供を望まれたときでしょう。
40歳ぐらいまではそこそこ自然妊娠も可能性があるし、体外受精という手もあります。
子供が出来たら仕事に復帰しなければならない可能性がでてきます。
今さらフルタイムでしかも条件が以前より悪くなる可能性があるのに働くのは相当辛いでしょう。
リタイア人生が一気に崩壊です。
リタイアしてから付き合ったのなら結婚してもリタイア生活を相手が許容するかもしれません。
相当理解のある人なら子供ができたとしてもバイト程度で許してくれるかもしれませんね。

では女性側はリタイアして社会からドロップアウトした男性と付き合いたいと思うのでしょうか。
以外と需要はあるのではないかと思っています。
子供を欲しいと思っていなくて経済的に安定しており相手の年収や社会的地位にこだわらないタイプの女性です。
東京では30代後半の自立した女性なんていくらでもいます。
その中で彼氏を強く望んでいるわけでもないけどいたほうが人生楽しいなと思っているような人も一定割合でいるはずです。
リタイアしたと言えど経済的には問題なくて、旅行などの時間の融通がきく男性は意外と魅力的ではないでしょうか。
ただしそういう女性は恋人探しに切羽詰まっているわけでもなく余裕があるので、相手にある程度の頭のよさや性格の良さなどを求めるかもしれません。
私も含めてリタイアした人は少々性格が歪んでいたり、お金にこだわる人が多いと思うのでそのあたりは注意しないといけないと思います。

さて、彼女の友人はアラフォーフリーターなんてやめといたほうがいいの大合唱です(笑)
付き合うからにはちゃんと働くんだよねと言う人もいるそうです。
そんな気は全くありませんし、今のバイトを辞めたら完全リタイアするとも彼女には言っています。
私が金銭的に彼女に依存する可能性が高いと思われているのでしょうか。
あるいは社会人として中途半端な男はよくないということでしょうか。
社会の視線というのはまだまだ固定観念に縛られているようです。
彼女は私が自分の力で食べていけるなら問題ないそうです。

リタイアして時間ができると趣味関係や旅行などで出会いはけっこう転がっているのかもしれません。
今時のアラフォーはまだまだ若いですし恋人を作るのも悪くないリタイア人生だと思います。
私の場合はバイトもしているしちょっと時間のやりくりに苦労していますが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/03/24 16:11 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(4)

移住先としての札幌

彼女が札幌に住んでいるため、ここのところ月に1回は札幌を訪れています。

以前、生活費の節約などを考えて地方移住を考えていました。
その中で札幌は自然があり、食のレベルが高そうなので憧れではありましたが、寒さに弱い私は考慮外でした。

実際に札幌を訪れるようになって移住先として考えた場合の札幌について書いてみたいと思います。

1、寒さ
私は寒さに弱いので札幌移住は有り得ないと思っていました。
実際に冬の札幌を訪れて思ったのはいがいと寒さは大したことがないということです。
まずそもそも外に出ている時間はそれほど長くなく、ほとんどは地下街や建物の中にいると思います。
特に建物の中は東京より暖かく感じます。
私の家より彼女の家のほうが圧倒的に暖かいですね。
北海道出身の人が東京のほうが寒いというのがよく分かりました。
北海道の人はもう少しエコになったほうがいいとは思いますが。
ただし吹雪いているときはさすがに寒いです。
また雪が積もっているところは歩きにくいですし、特に道路が凍っているときはかなり転びやすいです。
すすきので何度も転びかけたり、携帯を投げ飛ばして恥ずかしい思いをしたこともあります。
ということで寒さは札幌に住む障害とはならないなと言うのが私の感想です。
やはり体験してみないと分からないものです。

2、食
北海道はやはりご飯が美味しいというイメージがあります。
しかし今のところ私は東京のほうがレベルが高いと感じています。
東京のほうがバラエティに富み競争が激しいように思いました。
札幌のほうが美味しいと思ったのはジンギスカンとスープカレーの店がいくつかぐらいです。
ジンギスカンはさすがに札幌が圧倒的に美味しいと思いました。
肉はほぼニュージーランド産なので東京でも同じレベルの味が実現できると思うのですけどね。
ちなみに北海道産の羊のほうが美味しいですが、値段は倍でした。
海鮮系は築地のほうが美味しいように感じました。
輸送技術の発達などで鮮度の差が東京とあまり変わらなくなっているのかもしれません。
ちなみに食べログを見ていると札幌の評価が異常に高いです。
少々過大評価されている店が多いと思って訪れたほうがいいでしょう。
札幌市民は優しい人が多くて点数が甘めなのかもしれません。

3、住
家賃の安さはさすがに圧倒的です。
彼女の家は地下鉄から徒歩2分で、スーパーやカフェ、TSUTAYAなどが近くにあり、2人でも余裕で住める広いワンルームで家賃4万です。
このレベルなら私の家の近所では10万以上はするでしょう。
1人暮らしなら3万で十分ではないでしょうか。
札幌は交通網がそれなりに充実していますし、平地なので夏は自転車の移動が便利です。

4、遊
何をしたいかによりますが、温泉、ウィンタースポーツ、トレッキングなどが好きなら札幌近郊にいくらでもスポットがあります。
札幌は商業施設もそれなりに充実しており東京でやるようなイベントがそれなりにあると思います。

5、仕事
札幌の給料は恐ろしく低いと思います。
普通のバイトも東京に比べて2割ほど時給が低いようです。
セミリタイアでバイトをしたい場合はかなり厳しいかなと感じます。
東京であればバイトはいくらでありますし、時給もかなり高いのでこの差は大きいと思います。

6、物価
札幌は物価が低いというイメージがありますが家賃だけが低い印象でした。
まずは光熱費が高いです。
基本的な価格が大都市の東京より高いのに加えて冬の暖房費があります。
夏の冷房費が少ない以上に長い冬の暖房費がもの凄いことになるようです。
東京で住むのに比べて5000円ぐらいは多くかかると考えておいたほうがいいと思います。
また送料は当然高く、通販では北海道は追加料金が必要な時があります。
交通費も東京と比べて大分高いです。
電車をそこそこ使うのであればかなり大きいかもしれません。
スーパーも東京と変わりません。
北海道産の旬のものはさすがに安いのでしょうが、全体としては私の家の近所と変わりませんでした。
外食費も東京とそれほど変わらないです。
近頃は銀座でもランチならたいして高くないです。
また国民健康保険も当然東京より大分高いです。
全体としては普通の生活であれば家賃の安さが他の物価の高さである程度相殺されますが、札幌のほうがやや生活費が低いでしょう。
しかしリタイア組であれば国民健康保険を減免したり、電車をほとんど使わなかったり、通販を使うことも少ないと思うので工夫次第で札幌のほうが東京よりかなり低くなるのではないかと思います。
ただし、仕事やバイトをするなら東京の賃金の高さは札幌の生活費の低さを軽く上回ると思います。

7、全体評価
札幌移住は十分ありかなと思いました。
寒さはそれ程ではないですし、工夫すれば東京より生活費も抑えられます。
ウィンタースポーツやトレッキングにも挑戦しやすいです。
私にとって最重要な問題である食についても東京よりは劣りますが、十分なレベルです。

バイトもあるのでしばらくは東京にいるつもりですが、もし彼女との関係が続けば将来的に札幌移住はありかなと思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/02/24 20:30 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(6)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方