人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

年が明けたことによっておめでたいなんて全く思っていませんが、定型フレーズなので使います。
就職ぐらいまでは年によって入学や卒業などイベントがあったので年単位で考えることには意味がありました。
もちろん今では予定されたイベントなんてないのでお正月や年が明けることに何の意味も興味もありません。
年という単位は時間の長さが感覚として染みついているのでどれぐらい生きられるかや資産のシミュレーションするぐらいに使うぐらいです。

さてお正月はいつもの通り普段の倍ぐらいのカロリーの食事をしてだらだらと寝ているだけでした。
地元の友人と飲んで、いつものお好み焼きを食べて、スイーツを食べて、お節を大晦日から食べて・・・。
それにしても東京にいるとやることはいくらでもあるのに実家に帰るとやることが全くありません。
やっぱり落ち着かないです。
両親がいますし、実家の近所に住む甥っ子と姪っ子たちが遊びに来ますし。
やっぱり1人が一番落ち着きます。

株式市場ですが、年末の掉尾の一振りで少し戻した株式市場は日米ともに悲惨なことになっています。
いつものことながら流動性が高く外国人の売買シェアが大きい日本の株式市場の振れ幅が大きすぎます。
日本の市場なのだから日本人の売買シェアが高まって安定した市場になってほしいものです。
昨日日経ヴェリタスの先週号を読んでいたのですが、エコノミストの2016年予想の安値平均がすでに現在の日経平均になっています。
しかし1月を安値として予想する人が多いのでこのあたりで反転してくれれば大方の予想通りとなってくれます。
金曜日の雇用統計が強い結果が出たにも関わらずダウ、日経先物が下げていますが、今週はプラスで終わるのではないかと期待しています。

私は現在は中国に反応しすぎているだけで、日米ともに経済が堅調である限り年央に向けて22000円あたりを目指していくと思っています。
円高による企業の営業益の増額期待がなくなるのが心配ですが、今年は緩やかなドル高とみておいていいのではないかと思います。
CFTCで久しぶりに円ロングになりましたが円ショートが消えたのでこれからの円高圧力が弱くなるのではないでしょうか。

肝心のリタイアについてですが、去年はリタイア時期を延長して1年働いてきました。
おかげで資産が積み上がりもう逃げ切れる自信がつきました。
マネーの強烈な巻き戻しが起きてバブル崩壊後のようにほとんど戻らないときにはあまり自信がないですが。
もう今年で43歳になります。
100歳まで生きたいと思っていますが、確率的には100歳まで生きる確率より50歳までに死ぬ確率のほうが高いです。
資産からも、残された時間からも、そして私の仕事への意欲からもリタイアの機運はかなり高まってきているとだけ言っておきます。

それでは今年も私にもこの記事を読んでくださった方にもいいことがありますように。
これも単なる定型フレーズとして使っていますが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/01/10 11:16 ] 日記 | TB(-) | CM(4)

今年のお正月

あけましておめでとうございます。

今日大阪から帰ってまいりました。
去年から新幹線で帰省しているのですがあっという間につきます。
とは言え結構しんどいです。
週一で仕事で東京と大阪を往復している友人が結構いますが、そのバイタリティに感心します。

新幹線に乗ると嫌なのはアルコールを飲んで弁当やおつまみを食べる人がいることです。
私は食事を目的としている場所以外での公共の場で飲み食いする人が嫌いです。
新幹線であればその基準が緩くなりますが、せいぜい昼時の弁当、サンドイッチ、おにぎり、飲み物ぐらいまでです。
アルコールやスナック菓子を食べるなんて私にはあり得ません。
たまに駅のホームでアルコールを飲んでいる人がいますが、もう生きててほしくないぐらい不快です。
公共マナーについてはスポーツクラブや両親に厳しく育てらたせいか少し神経過敏なところがあります。
もちろんこれは私独自の基準であって公共マナーを逸脱しているとまではいかないと理解しています。

お正月は毎度のことながら特にすることもなく親としゃべるかボーっとしていました。
あまりにやることがなくて昼寝をしょっちゅうしていました。
環境が変わると本もなかなか読む気分になりません。

我が家では両親も含めてもう正月なんてどうでもいいという感じになっています。
私も両親も年末年始の新聞もテレビもいつも通りにしてほしいと文句を言っています。
紅白や正月番組なんて全く見ないですし、新聞の無意味な特集も止めてほしいです。
昔は大々的にしていた大掃除もしません。

それでも一応形だけはお正月を迎える準備をします。
数年リサイクル中のサトウの鏡餅を出して、近所の和菓子屋に注文しているお雑煮用の餅を取りに行きます。
母親は孫のために栗きんとん、父親のためにごまめを作ります。
年越しそばも1人前を3人で分けて食べます。
家族誰もそばが好きでもないのに形だけということで1人前だけ買ってきて、みんなで分け合うという無意味なことをずっと続けています。

お節を料亭などに注文するのは私の仕事です。
このお節も我が家では届けられる31日に食べ始めます。
冷蔵なので早く食べたほうがいいのではというのと、味が濃いので白いごはんに合うからです。
お正月はお雑煮で餅を食べるので白いごはんまでは食べられません。
それで我が家ではいつからか大晦日からお節を食べるようになりました。

そして大晦日までは静かに暮らしていたのが、年が明けると嵐が到来します。
そう甥っ子と姪っ子たちがやってくるのです。
あちらこちらで走り回ったり泣き出したりともう大変です。
私は圧倒されっぱなしです。
私は子供が嫌いですが、それでも元気に大きくなっている彼らを見るとやはり嬉しいものです。
きちんとお年玉もあげています。
俺は払うばっかりやと文句を言うと、母親があんたも結婚したらもらえるでとお決まりのフレーズをやり取りしてあげています。
この時だけはいつもは彼らが恐れるおじさんも仏さんに見えるのか、満面の笑顔を浮かべて走ってきます。
彼らに渡すお年玉もきちんとリタイア後の予算として計上しています。

実家にはいとこの家族から年賀状が来ているのですが、子供がいると家族の写真を載せています。
これが年々減ってきました。
離婚のためです。
いとこの子供に会うことなんてほとんどないので毎年楽しみなのですが、悲しい結果が最近続いています。
最近は3組に1組は離婚するそうですが、私のいとこも4割は離婚となりました。
全員子供がいます。
2回目の結婚をしたいとこも2人います。

いつもと変わらない正月でしたが、果たして両親がいつまで元気でいられるかは分かりません。
来年も同じように家族が健康でお正月を迎えられたらもうそれだけで十分です。

それでは今年も頑張って仕事するか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/01/04 17:36 ] 日記 | TB(0) | CM(2)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方