人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

我が家の鏡餅

もう今年も残り少ないです。
正月に向けての私の仕事はおせち料理を予約することと鏡餅を作ることです。
おせち料理は毎年11月ごろには予約をしています。
もう10年以上料亭などに注文していますがさすがに飽きてきました。
親にはお雑煮と栗きんとんだけでいいというのですが、それでは正月気分が味わえないということで却下されます。
年々お正月とその他の日との違いがなくなってきていますから、せめておせちぐらいは残すものもよいのでしょう。

鏡餅は毎年サトウの鏡餅を買ってきて私が組み立てます。
子供のころは大晦日に祖父の家に鏡餅を作りに行っていました。
一族が集まり蔵から臼と杵をひっぱり出してきて餅をついていきます。
各家用に鏡餅と丸餅を用意するので2つの臼で大量に餅がつかれました。
つき上がった餅を女性が鏡餅や丸餅、餡餅などにしていくのを餡餅をつまみ食いしながら手伝った思い出があります。
餅をついたり、つきたてを食べたり、子供心に楽しい思い出です。
そしてつきあがった餅と祖父が作っておいてくれた玄関や車用のしめ縄を持って帰って正月の最後の準備をするのです。
そういえば自動車にしめ縄をしているのもめっきり見かけなくなりました。

しかしいつの間にか大晦日に餅をつきに行くことがなくなりました。
私が高校生のころにはいかなくなっていたように思います。
そしていつしか本物の鏡餅の代わりにサトウの鏡餅が飾られるようになりました。
あのどでかくて形もきれいとは言えないけれどご利益がありそうな鏡餅が、土台が紙で橙がおもちゃ、餅の回りがプラスチックにおおわれているあまりにもちゃちい鏡餅にとってかわられたのです。
鏡開きのころには鏡餅にひび割れが入り最後に割って食べるということも無くなってしまいました。

サトウの鏡餅も初期のころからかなり進化したように思えます。
最初は不恰好で作りにくいものでしたが、最近では見た目もよくなり何より作りやすくなりました。
一番衝撃的だったのは、鏡餅のまわりをプラスチックで覆うのではなく、中に丸餅が入っているバージョンが発売されたときです。
もうここまで来たらあまりにも形式的過ぎて鏡餅なんていらないのではないでしょうか。
毎年母親にそういっているのですが、サトウの鏡餅でも飾っておくと気分が良いというのです。
そんなものなのでしょうか。

今年の正月の鏡餅を作ろうと母親に持ってきてもらった時に再び衝撃を受けました。
なんと前年の使いまわしなのです。
確かに丸餅が入っているタイプであれば丸餅だけ買ってくきて中に入れておけば同じです。
とうとうサトウの鏡餅まで使いまわしになってしまいました。
それでもまだまだ我が家では鏡餅が廃れることはなさそうです。

それにしても世の中、形式だけで済ませたり簡便な代用品で済ませたりということが多くなってきました。
費用や手間の問題、行事ごとを大事にする若者の減少などがあるのでしょう。
今年は伯父が亡くなったのですが、15年前に亡くなった祖父の葬儀と比べてかなり簡略化されていました。
祖父が亡くなったときは葬儀を仕切る父親の世代がまだまだ若かったからでしょう。
初七日を葬儀の日に行うなんて昔は有り得ませんでした。
まあそれでも私からするとあまりにも盛大でしたが。
結局盛大にするということはお金がかかるのです。
今回の伯父の葬儀で私の家では100万ぐらい使っています。
弟と妹は香典を10万包んだみたいですが、私はまだ家長ではないということで逃れました。
資産を持っているのはあくまで親の世代で私の世代ではそんなに資産を持っているわけがありません。
ということで現在いとこ同士ではもっと簡略化をはかろうと計画しています。

行事ごとなんてますます形式化していくのだからそんなものは廃止してしまえばいいと私は思っています。
私は妹に直葬してくれと頼んでいるし、おせちも鏡餅もいりません。
そもそもお正月も別に入りません。
しかし形式化するということは費用や手間がかからなくなっということであり、これからも残っていきやすくなるということでもあります。
そしてそういうものでも楽しめるならそれはそれで良いことなのでしょう。
結局こういうものは人の交流のためにあるのですから。
私ももし子供がいたらサトウの鏡餅を子供と一緒に作り楽しい時間を過ごすのでしょう。
そういう意味でサトウの鏡餅は日本の行事ごとを残すということに立派に貢献しているのだと思います。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/12/14 10:46 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方