人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

やっぱり経済は気合か

東京オリンピックの開催が決定しました。
オリンピックがどこで開催されようと何の興味もないですが、経済効果や相場への影響はやはり気になります。

ここのところアベノミクスの効果が疑わしくなってきています。
アメリカ経済が良くなってきたため日本の経済状況も好転してきただけで、民主党政権のままであったとしてもそんなに変わらなかったようにも思えます。
結局は日銀の金融緩和ぐらいしか目立ったことをしていませんから。

2年で2%というインフレ目標も半年ほど経過してエネルギーなどのコスト増加によるわずかなインフレがあっただけです。
電気代やガソリン代が上昇したことでデフレ脱却と言われても国民は困るでしょう。
今のところは円安の効果はコストアップばかりで、企業全体の収益はそれほど上がっているとも思いません。
Jカーブ効果が本当に期待できるのかも疑わしいです。
期待インフレ率も上昇しているのか疑わしいですし、少々期待インフレ率が上がったところで投資や消費が持続的に増えるのかも疑問です。

一方で自民党のバラマキは復活しつつあります。
国土強靱化、高速道路、官民ファンド、投資減税などが再び出てきました。
今まで一体何度作成されたか分からない成長戦略は再び作成するだけで終わりでしょう。
もっともインパクトの大きい社会保障改革はいまだに進む気配がありません。
プライマリーバランスの黒字化も一体いつになるやら分かりません。
そもそもプライマリーバランスの黒字化の目標は2010年ごろだったはずで何回延期するのでしょうか。
もちろん黒字化が達成できたところで莫大な利払い費があるので最終的には破綻以外はないのでしょうが。

安倍政権発足後は世間が明るくなったのも事実です。
特に円安の恩恵を受ける会社は上場企業に多いので株式相場も順調で、資産効果も少しはあったでしょう。
しかしそろそろ息切れになってきました。
原料やエネルギーのコストアップや社会保障や税金の国民負担の増大がでてきたのに、給与は上がらないし、企業収益も期待ほどには上がらないことが分かってきました。
少し気合が足りなくなってきたのです。

そこで東京オリンピックです。
これで再び日本社会の雰囲気が良くなるでしょう。
インフラの構築や観光などの経済効果もそれなりには見込めるのでしょう。

オリンピック開催に落選していたら気合の注入ができないため安倍政権の支持は低下の一途となった可能性があります。
いつもどおり実のある経済改革を出来なくても東京オリンピックがあればそれなりにごまかせます。
だからこそ安倍さんは気合が入っていたのでしょう。

経済に対する気合の効果は馬鹿にできません。
しかし、根本的な構造改革をしていなければ気合はそんなに長続きするのものではありません。
日銀の異次元の金融緩和でユーフォリア状態になっているときに一気に構造改革をして欲しかったのですが、大方の予想通り何もできませんでした。
残ったのは少々の円安と株高、それに異次元過ぎるマネタリベースの積み上げという弩級の爆弾です。

東京オリンピックの効果がなくなってきたら次はどうやって気合を入れるのでしょうか。
人は状況が悪いと魔法や気合を求め始めます。
あるいは外部の悪い奴が原因だと言い始めます。
そろそろ私たちは世界や日本の経済構造に合わせて地道に変化していくことを覚える必要があります。
環境に合わせて生きることができる生物が一番強いのです。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/09/08 13:00 ] 社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方