人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

アーリーリタイアを目指すためには

アーリーリタイアを目指すためには何をすべきでしょうか。

私はアーリーリタイアでも仕事でもスポーツでも、あらゆる目標で必要なことは同じだと思います。
それは目標を達成するためのプロジェクト計画を立てて実行することです。

以下のようなことです。

1、目標の正確な設定
2、現状の把握と将来の想定
3、目標達成するために必要な実行計画
4、実行結果の分析
5、分析結果を次の実行計画に反映

何のことはないアーリーリタイアとはPDCAサイクルを回すだけのことなのです。
ビジネスと全く同じです。

アーリーリタイア計画の場合は以下のようになるでしょう。

1、目標の正確な設定
リタイア後の生活費や運用利回りを想定してリタイア年齢での必要資産を計算する。

2、現状の把握と将来の想定
現在と将来の収入、支出の予定、人生のイベントなどを想定する。

3、目標達成するために必要な実行計画
仕事、支出、運用などの計画を立てる。

4、実行結果の分析
定期的に計画と実行結果の乖離の理由などを分析する。

5、分析結果を次の実行計画に反映
想定利回りの修正をしたり、支出をより抑えたりなどして実行計画を修正する。

結局、アーリーリタイア計画を着実に遂行できる能力はビジネスの能力と同じなのです。
一番大切なことは現状を把握してできることできないことを区別して、費用対効果を検討して物事の優先順位をつけるということだと思います。

日本の経済、福祉政策や今の電力問題などを見ていると上記のような基本能力を備えていない人がいかに多いかを痛感させられます。
理性的な判断能力より情動を優先させてしまうのは人間という動物の限界なのかもしれません。

しかしアーリーリタイアを目指す人は合理的な判断を優先させましょう。
現状の原因を自分の判断以外に求めたり、カタルシスに酔うような人はアーリーリタイアできません。
そのような人は株やFXで一発当てるという方向に行ってしまいかねません。

アーリーリタイア計画を着実に実行している人にはダメ人間を自称している人が多いようですが、ビジネスでも成功する資質を備えているように見受けられます。
ただ、人間関係に耐えられないとかビジネスそのものが大嫌いという致命的な理由により、その資質をビジネスでも生かそうとしていないだけではないでしょうか。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2012/05/19 10:27 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方