人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

リタイア資金と親の遺産

リタイアを目指す人たちの資金計画を色々と見て楽しませていただいています。
一つ不思議なことはリタイア後の収入として親からの遺産相続を組み込んでいるケースを見たことがないことです。

年金はほとんどの人が収入の予定として組み込んでいます。
親の資産の正確な金額や介護や病気などでどれだけ目減りするか分からないという不確実性はありますが、ほとんど破綻しているかもしれない年金も同じ程度に不確実だと思います。
私の場合は年金よりは親の遺産のほうが確実性が相当高いと思っています。

私の親の世代で上場企業や公務員でかつ堅実なタイプの人であれば5千万以上の金融資産を持っているのは全く珍しくないと思います。
夫婦で公務員でしたら退職金だけで5千万円ぐらいあるでしょう。
さらには年金生活中でも毎月10万以上貯金しているケースも珍しくないと思います。
だとすると病気などでの目減りを考えても1千万程度の相続は全く珍しくないのではないでしょうか。

アーリーリタイアする人は5千万円程度をリタイア資金とすると思いますので1千万円は相当大金です。
私の場合は90歳まで生きて5百万円残すとしてシュミレーションしています。
もし私の母親が100歳で亡くなり遺産が1千万円入るとすると74歳で1千万円ぐらいに変更できます。
これは資金計画にかなりのインパクトがあります。
2千万円の相続が見込める人なら金銭的な意味での長生きリスクはほぼ無いと言ってよいでしょう。

このように親の遺産を考えると一気に資金計画が楽になるはずですが、何故か私も遺産を資金計画に入れていません。
アーリーリタイアは想定できるあらゆるケースとその可能性やリスクを考えて計画を立てるにも関わらず、何故親の遺産を計画に入れている人がいないのでしょうか。

親の遺産を考慮に入れない理由として考えられるのは、

1、そもそも親の遺産が期待できない

親が資産をあまり持っていないのなら遺産を計画に入れることはできません。
しかし一般的に言って遺産が期待できる人はそれなりの割合でいるのではないかと思います。

アーリーリタイアする人とその親の裕福度合いには相関関係がある可能性もあります。
裕福でない家庭で育つと我慢することが自然になっているので、リタイアを思い立つと苦もなく節約して資金を貯めることができるのかもしれません。
逆に裕福な家庭に育つとリタイアしたいとは思っても簡単には我慢する生活をできずにずるずると働き続けるのかもしれません。

2、自分の力以外に頼ることを良しとしない

若くしてリタイアを目指し始める人は自分に厳しい人が多いようです。
そうでないと40歳ぐらいでリタイアなんてできません。
そのような人であれば親の遺産という自分で稼いだのではない資産を自分の資金計画に入れることはできないのではないでしょうか。
若い頃からきちんと計画して自分の力でリタイアを目指す人は自分に厳しい分、他人にも厳しく特に生活保護受給者などへの批判も手厳しい人が多いのも分かります。
私も何となく卑しくもリタイアを目指すと言うなら自分の力でなすべきと言う気持ちがどこかにあります。
しかし、リタイアとはプロジェクトであり様々な客観的要素を組み込むべきだとも思います。

3、親の死を利用するという後ろめたさ

人、特に自分の親の死を利用すると公言することには後ろめたさがあります。
特にお金というある意味人間の欲の象徴であればなおさらです。
いつかは必ず親も死ぬことが分かっていても、それを資金計画に組み込むことは後ろめたいし、親の死を期待していると思われるようでできないのかもしれません。
相続のタイミングを考えることは親の死のタイミングを考えることであり、いつまでには死んでくれるという発想にもなります。
親がいきなり散財し始めないように監視するという嫌な考え方にも繋がるかもしれません。


以前、弟と妹が続けて結婚したときにこの機会に援助として子供に1千万円ずつ生前贈与をすることを母親が提案したことがあります。
これなら親が小遣いをくれたようなもので、私は心置きなくもらうことができます。
結局は遺産は基本的に長男が継ぐべきという考え方の父親に反対されこの提案は却下されました。
いわば遺産の大半を長男の私に譲ると言っているわけなのですが、私としては今の1千万円のほうが良かったなあと密かに思っています。
実際に相続するときは禍根を残さないように兄弟で均等に分けるつもりです。
それなりに兄弟仲良くしているので死ぬまで仲良くしていたいですし。

リタイア計画は別に会社の事業でもないので本人が納得できるものを立てるだけのことです。
そこに後ろめたさを感じたくないし、堂々と自分の力でリタイアを成し遂げると言う自己満足も大事です。
私は遺産は資金計画に入れないでおいて、実際に相続してから両親に感謝して自分の資金に組み入れたいと思います。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/08/24 13:02 ] アーリーリタイア | TB(0) | CM(11)
4.書くと叩かれる
大っぴらに遺産がこんなにある!と書くと叩かれそうなので書かないとうのもあるかもしれませんね。

実際は私から仕送りをしている状態なので1.ですね。仕送りをなくす分が遺産のようなものかもしれません。

>裕福でない家庭で育つと我慢することが自然になっているので、リタイアを思い立つと苦もなく節約して資金を貯めることができるのかもしれません。

これに近いと思います。
[ 2013/08/24 16:13 ] [ 編集 ]
楽しく読ませていただいております。

・いつもらえるかわからない(親が死ぬタイミング、どういう順番で死ぬかが不明)

・いくらもらえるかわからない(死ぬ時点での親の正確な資産額が予測困難、資産が住宅などの非流動資産の場合は換金額が不確実)

と言った点で不確実性が高いため、安全側にゼロ評価する人が多いからではないでしょうか。
[ 2013/08/24 18:04 ] [ 編集 ]
>成為さん

確かにいくらぐらいは見込めると書いてしまうと叩かれそうです。
でも遺産について言及すらされないのは不思議でした。
やっぱり自己検閲が入ってしまうのでしょうか。

そうなると遺産が期待できる人の資金シュミレーションはカモフラージュか、あるいは遺産を現在価値に直して資産に組み込んでいる可能性があるかもしれませんね。

>?さん

>楽しく読ませていただいております。
どうもありがとうございます!

遺産の場合は安全側に評価せざるを得ないですね。
ただ安全に評価しても1千万を超える人はそれなりにいると思うんですよね。

ちなみにネットで拾った国税庁のデータだと首都圏や大阪圏の相続額の中央値は1千万を超えており、金融資産での相続も多いようです。
[ 2013/08/25 01:01 ] [ 編集 ]
遺産
私の場合、遺産としてもらえるものが、
今住んでいるアパートだと決まっています。

しかし、木造アパートの築数十年後となると、
はっきり言って無価値です。
それでも土地は残りますが、
現金などと違って、これまた将来価値が計りがたい。

結局、将来売却して、
老人ホームに入る際の頭金になれば良いなあ・・・・・・と思いつつ、
計算には入れられないという状況です。
( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


[ 2013/08/25 07:38 ] [ 編集 ]
>mushoku2006さん

親の所有するアパートに住んでいるのですね。

不動産はどう処分するかも含めて計算が難しいでしょうから、おまけのように考えるしかないですね。

私は実家をもらう予定ですが無駄に広いので処分に困りそうです。
売った場合は税金が高くなりそうですし。
[ 2013/08/25 21:33 ] [ 編集 ]
私の場合、バブル後期、20代で親父をなくし、事業を引き継ぎました。相当の相続税負担がありました。時代の変遷でその事業は継続させる意味を失い廃業、縁あって貿易業を着手、同時に相当額の投資をし、収益不動産を建築しました。その貿易業も時代の流れで止めざるを得なくなり(諸行無常)一旦サラリーマンに戻り、一昨年より現状の生活です。
収益不動産もかつてのような安定性もなく不安定ですが、自分の心が安定していれば問題ありません。

>そこに後ろめたさ
>堂々と自分の力で成し遂げると言う自己満足も大事です。

私としては、利用できるものは何でもうまく利用し、そしてそれを
今度は次の世代に上手に受け渡しできるバトンランナーであればよいと考えています。
親御さんがそれなりのご年齢で資産がおありなら相続対策を心よりお勧めします。
ケチケチ生活していても税金でもっていかれたら何のことか...
[ 2013/08/27 11:04 ] [ 編集 ]
>ymさん

サラリーマンの私からすると波乱万丈のような仕事人生なんですね。
それだけ様々な人間に出会ってきたのでしょうか。

相続対策はちょっと考えなきゃいけないなとは正直思っています。
たぶんこれからも相続税の課税強化は行われるでしょうしね。

直感ですが私の両親は長生きしてくれそうなので、ありがたく遺産をもらったあとは使う時間も体力もないまま甥や姪に譲れたらそれでいいかなと思っています。
自分の介護費用には使わせてもらおうと思っていますが。
[ 2013/08/28 00:43 ] [ 編集 ]
相続に言及しない綺麗事はやめよう
とても大事なご指摘だと思いました。

私の知り合いには自由業(芸術、芸能、研究など)の方がおりますが、実質的にはセミリタイアに近い生活スタイルです。ほとんどの人は、親や配偶者、親戚による経済的サポートがあるか、親の事業などを引き継いで行っているようです。

アーリーリタイアについても、遺産含め親のサポートがどれだけあるか、見込めるかによって実現可能性やリスクはかなり変わると思います(それこそ20歳でサラリーマンの平均生涯賃金相当の相続があれば、理屈上はいつアーリーリタイアをしても構わないかと思います)。

相続は今後アーリーリタイアにおいて特に重要になると思いました。一つは、所得の世代間ギャップが大きいこと。段階の世代を中心とした世代は相対的に所得や年金等が多いと思いますので、その子供世代はアーリーリタイアがしやすいかもしれません。若年世代の安定雇用や社会保障、賃金上昇が望めなくなっていることを合わせて考えると、その親の資産を子供が受け継いでアーリーリタイアするという傾向は高まるかもしれません。

また、少子化で、兄弟数が少なくなっておりますので、一人当たりの相続額も増える可能性もあります。たとえば、一人っ子同士の夫婦の場合、それぞれの親からの相続が将来的に来ることもありえます。その夫婦に子供を必要としない場合、教育費もなくなりますので、その遺産はより一層アーリーリタイアをした人の生活費に回ることになります(若い世代でアーリーリタイアをしたい人はそういう理由があるのかもしれませんし、私はそういう理由でアーリーリタイアをしたいという気持ちを極めて自然なものだと理解してません)。

こんなことを考えますと、今後、アーリーリタイアをする上ではやはり親の資産は決して無視できないキーワードになるのではと思います。むしろアーリーリタイアを目指す人、している人はもっとざっくばらんに親の資産の話をしていただきたいなと感じました(そうしないと情報が不正確になる)。
[ 2016/01/01 00:47 ] [ 編集 ]
>Katoさん

団塊ジュニアあたりの世代は兄弟も多くはなく親の遺産がそれなりになる人が多いので遺産を計算している人は多いでしょうね。
確かにこの世代はアーリーリタイアの実現可能性に親の遺産は大きくかかわると思います。
遺産に関する記述をあまり見かけないのでこの記事を書きました。

でもなかなか親の遺産のことはやっぱり書きにくいのでしょうね。
親の遺産でリタイアしたとなると叩かれるでしょうからね。

団塊ジュニアは遺産という点では恵まれた世代ですね。
団塊世代は逃げ切り世代でそれなりに堅実でもあるので遺産を子供に多く残せると思います。
しかしさらに次の世代となると残せる遺産も減るでしょうから世代間格差が本格的に始まるのは現在の20代ぐらいからかもしれません。

低所得で生活を楽しむ生き方は一般化すると思いますが、次の世代になるとアーリーリタイアは親の遺産や年収の低下によって減るのかもしれません。
[ 2016/01/02 23:18 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。

確かに、ご指摘の通り、団塊ジュニアの下の世代になるとアーリーリタイアの数や方法が少し変わってくるのではと思います。もしかすると団塊ジュニアがアーリーリタイアのピークなのではないかとも思いました。

少々話がずれますが、

>若い頃からきちんと計画して自分の力でリタイアを目指す人は自分に>厳しい分、他人にも厳しく特に生活保護受給者などへの批判も手厳し>い人が多いのも分かります。

このご指摘もとても興味深く思いました。

生活保護受給者へは手厳しい一方、将来見込める老齢年金については大っぴらに述べている方も結構おられる印象です。どちらも社会福祉に基づいた不労所得であるという点であまり差はないと個人的には感じるのですが、少々、不思議です(むしろアーリーリタイア層の方は、何か大きなことがあった場合、生活保護受給者になる可能性は相対的に高いようにも思います)

自分で運用等をしっかり計画してリタイアしたのだから、老齢年金等も自分には一切不要だ、だから国保も厚生も一切払わない、医療費も全学自己負担でOK、という発想やリタイア計画なのであれば、生活保護受給者に対して手厳しくなるのも一貫していてわかりやすいのですが、あまりそういうのは見かけない印象です。

アーリーリタイアのブログ等では「経済的自由」「労働からの解放」「不労所得」といった言葉をしばしば見かけます。

私は、不動産収入・配当所得・相続・贈与・社会福祉、いずれも、経済的自由とはかなり密接に関連していると思うのですが、どこまで自分が認められるか、認められないか、公言できるか、公言できないかというところで、揺らいでいる方もそれなりに多いのかな、ということを感じました。

ご指摘にある相続・遺産に加え、生活保護等の社会福祉をどの程度、リタイアプランに組み込むか、組み込めるかというのもとても大切なポイントに感じました。

長々と申し訳ありません。

とても興味深い記事だったので、ついコメントをさせていただきました。
[ 2016/01/03 13:13 ] [ 編集 ]
>Katoさん

アーリーリタイアする人が生産活動をせずにいわばフリーライダーのようになることをどう考えているかは私も興味深いです。

よほどのアクシデントを除いて社会に対して迷惑をかけることはないという自信家タイプがいると思います。
そういう人は金銭的には恐らく自分が受け取る以上のものを社会に貢献しているでしょう。

一方でとにかく社会システムをうまく使い尽くすという人もいると思います。
私は最低限のルールを守ればそれも良いとは思っています。

これらは考えてみると労働者も同じだと思います。
働いていると言っても特に大企業や公務員に全く貢献していない人は多くいますし。

人それぞれでしょうけど私はあまりそのようなことを考えても意味がないと思っています。
そのようなことを考え出すときりがないですし、人生を損得や共同体に対する貢献で考えてしまうと自由な生き方が損なわれるからです。
また社会への貢献は様々な方法があると思います。
サービスを提供し稼いで税金を払うことだけでなく、暇つぶしにブログなどで面白い情報を発信するのもまた一つの貢献ではないでしょうか。
[ 2016/01/04 23:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方