人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

1日に1つの仕事しかしたくない

バックパッカー界の有名人に蔵前仁一という人がいるのですが、彼の著作「ホテルアジアの眠れない夜」に一日一事というエッセイがあります。

バックパッカーであれば誰もが覚えがあると思うのですが、1日に1つの仕事、例えば洗濯をするとか、手紙を書くとか、遺跡を一つ見に行くとかするとその日の仕事は終了したと思ってしまいます。
よく頑張ったのであとは寝るまでだらだらしようという感覚です。
たった一つの仕事なのに何だかやりきった感があるのです。

このエッセイを読んだときは深く共感するとともに人生の座右の銘にしようと思ったものです。
けれども大学卒業後の人生は忙しいサラリーマンを演じてきました。
夏休みや転職の合間に旅に出ることによってこのだらだらとした感覚を少し味わっては再び仕事へと帰っていました。

しかし今ではリタイアが現実味を帯びてきており、一日一事が座右の銘だといえるようになるのはあと少しです。
リタイア後は掃除、洗濯、買物や病院など1日に1つしか仕事をしないと決めています。
自炊は毎日せざるを得ないのでこれは除いてですが。

最近海外へ行きたい願望が急激に減っているのはこの一日一事が日本で達成できそうになったというのが理由の一つだと思います。
以前は日本から強制的に切り離してやっとそのようなだらだらした気持ちを楽しめていましたが、日本で一日一事そのものの生活ができるのであればわざわざ海外へ行く必要もありません。
日本での社会の目や雰囲気がどうのこうのという人もいるようですが、私は社会の目など気にしたことがないので関係ないです。
今年も中国への返還前に訪れて以来となる香港に数日訪れるぐらいで海外旅行は終了となりそうです。

自分らしく生きるとか、夢を持つとか、社会や家族に責任を持つとか、キャリアを形成していくとか、あるいは充実した趣味を持つとか、めんどくさいことを考えている人が多いです。
それが楽しければ全く問題ないと思いますが、それを楽しめる人が社会の大多数とも思えません。
私は何かを成し遂げるために生まれてきたわけでもないし、子孫を残すという生物的な本能でさえとうの昔に捨て去っています。

私はたまたま生まれてきたのでとりあえず暇つぶしをしながら生きています。
特に何をするわけでもなく、ボーっと生きられればそれで幸せです。
ちからを抜いてゆるく生きられる日本に生まれてきたことはやはり両親に感謝です。

人間関係を捨ててみる、消費生活を捨ててみる、仕事を捨ててみる、プライドを捨ててみる。
必要でないものをきちんと見定めて捨てていけばよいのです。
捨てれば捨てるほど人は自由になれます。

いろんなものを捨てきったときにこの日本でも一日一事で生活できるようになるのだと思います。
もしかすると日本こそ一日一事を実践しやすい国なのかもしれません。
いざとなると仕事がいくらでもあり、低コストでの生活がしやすい国なのですから。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/07/21 11:54 ] 人生 | TB(0) | CM(2)
うまくいけば妬まれ、失敗すれば笑われる。
所詮世間はそんなものだし、自分の中にもそういう部分はある。
仕事でグルグルの時はそれが自分の全てで、絶対のものだと思うけど
そんなものその時だけで終わってしまえばどうってことない。
たとえ利害が一致する人でも全人格的に付き合う必要なんてない。

>たまたま生まれてきたのでとりあえず暇つぶしをしながら生きています。(この感覚いいですね。極めて共感です。)
>やはり両親に感謝です。(こちらはもっといいです。)
[ 2013/07/22 09:40 ] [ 編集 ]
>ymさん

>仕事でグルグルの時はそれが自分の全てで、絶対のものだと思うけど
>そんなものその時だけで終わってしまえばどうってことない。

そうですよね。
何で自分があれほどこだわっていたか、頑張っていたか不思議に思うことって多々あります。

一つの事や世界を全てだと勘違いしてしまう人が多いので、世にはヒステリックな攻撃性を持つ人が多いのだと思います。
[ 2013/07/23 00:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方