人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

リタイア後の生活費

アーリーリタイアに必要な金額を計算するためにはリタイア後の生活費の予算を立てる必要があります。

リタイア後は付き合いやスーツなどの仕事関連の費用がなくなり、自炊も可能になるので生活費がかなり抑えられるようになります。

生活費を計算するときに大切なことは人間らしく生きるのに必要な最低金額で考えることだと思います。
最低金額を把握しておくと資産の状況が悪化した場合でもどの程度まで耐えられるのかを計算できます。
逆に資産に余裕がある場合はその程度に合わせて贅沢費を増やすことが出来ます。

私のリタイア後の生活費の予算は以下の通りです。

住居費:25000円
電気:2500円
ガス:2000円
水道:1400円
固定電話:1700円
ADSL:900円
携帯:1400円
食費:15000円
医療費などその他の雑費:5000円
国保:6000円
住民税:400円
国民年金:免除で0円

合計:61300円

*退職翌年の住民税、保険などは一時金として考慮に入れていません。
国保は減免が認められると2000円ほどになりますが、とりあえず6000円とします。

6万円あれば十分な生活ができるということです。
これでも少し余裕を持たせているぐらいです。
ネット、図書館、テレビがあれば娯楽も十分でしょう。
もちろん年を取れば病気などにもかかるでしょうからその分の余裕資金は確保しておくべきです。

これ以上は贅沢費です。
自分の資産の状況に応じてお小遣いを増やせばいいのです。
世間の一般的なお父さんの小遣いは3万円程度でしょうから、9万円あれば世間並みの暮らしだということです。

以前の記事で生活費を12万として40歳でリタイアするには3750万あれば大丈夫だと書きました。
アーリーリタイアを達成するための目標金額

しかし、12万はかなり贅沢であり8万ぐらいあればそれなりの生活ができます。
そうすると40歳時点のリタイアでは3000万も必要ありません。
心底から働くのが嫌であれば35歳リタイアを目指してみましょう。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2012/05/19 00:25 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(2)
生活費
こんにちは。
一ヶ月の生活費は現在の家計を元にした額でしょうか?
リタイア前に精密な家計簿をつけて
そこから、リタイア後に不要となる金額を引いて
7~9万円程度であれば問題ないですよね(^^)。
あとは、健康保険費がリタイア後の1年は重くのしかかりますから
(わたしの場合一ヶ月32000円ほど)
その分が失業給付金などで賄える金額かも確かめたほうが
いいかもしれません。
[ 2012/05/19 13:16 ] [ 編集 ]
こんにちわ。
コメントありがとうございます!

>そこから、リタイア後に不要となる金額を引いて
>7~9万円程度であれば問題ないですよね(^^)。

計算の意図としては現在の生活から考えるというよりは惨めではない程度で生きていくのに必要な最低限の費用の把握ということです。
想定どおりにいかない場合のバッファ部分を小遣いと考えています。

でも結局は私の現在の生活費からお小遣いを除外して計算しています。

住居費はリタイア後に暮らす予定の地区の相場+5000円です。
食費は現在は夜だけ自炊なのを朝昼も自炊した場合の想定額+2000円で、水道光熱費、通信費は現在の費用とほぼ同じです。
雑費は医療費や日用品、服など1500円ぐらいですが、家電などの買物貯金も兼ねて5000円としています。

お小遣いは贅沢費として別途考えていますが、現在はかなり使っているので、ここの予算をどうするかでリタイア時期に迷っています。

確かに退職後の翌年は保険と住民税が相当きついですよね。
でも翌年だけなので失業手当と合わせて別途予算計上するつもりで考えています。
[ 2012/05/19 17:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方