人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

リタイア可能になったあとの仕事へのモチベーション

最近急激に仕事へのモチベーションが落ちてきています。
朝起きるのもだるいし、たった10分乗るだけの満員電車にもいらいらしています。

理由ははっきりしています。
今までが楽をしすぎたのですが、仕事が忙しくなってきていることです。
そしてこちらのほうが大きな理由なのですが、すでにリタイア可能となっているということです。
今はリタイア後の生活レベルを今のレベルに近づけるべく追加で資金を貯めている段階です。
我ながら贅沢な無駄遣いと思っている費用を賄うための資金であり、我慢しようと思えば我慢できるものです。

いつでも辞められる状態でさらに働くというのは結構しんどいです。
これが今辞めても食べていけないとなると仕事を辞めるという選択肢はありません。
何も考えず働くのみです。
人間やはり選択肢を与えられるとダメなのかもしれません。
そこに迷いが生じると何事も中途半端になってしまいます。

リタイアや定年退職まで1年を切っている人は仕事へのモチベーションを維持できているものなのでしょうか。
不思議です。

そもそも私はこれまでモチベーションを持って仕事をしてきたのかと振り返ってみるとそれなりにモチベーションをもって仕事をしてきたように思います。
特にベンチャー企業と外資系企業に在籍していたときはかなり一生懸命仕事をしていました。
忙しいときには毎日午前3時ぐらいまで仕事をしていたこともありましたが、全く苦になりませんでした。

仕事のやりがいや面白さは人それぞれだと思います。
医療関係者なら患者から感謝されることだと思います。
建築家であれば素晴らしい建物を設計する創造行為だと思います。
ディーラーであればギャンブル的な面白さがあるのかも知れません。
企業家であれば社会の仕組みを変えていく夢にやりがいを持っているのかもしれません。
ですが、大抵のサラリーマンはもっと平凡で、組織の風通しが良かったり、仕事がうまく行ったり、評価されて給料が上がったりという程度のことだと思います。
普通のサラリーマンで自分の仕事に本気で夢や社会的意義を見出すことは難しいでしょう。
プロジェクトXに出てくるような人ぐらいではないでしょうか。

私も平凡なサラリーマンなので、仕事にやりがいや面白さをほとんど感じたことがありません。
それでも仕事がうまく行ったときには評価され、人から頼りにされ、給料も上がるという単純な報酬がそれなりのモチベーションになっていたんだと思います。
また外資系とベンチャーの同僚はレベルの高い人間が多く、最初にいた大企業のように下らないことに気を回す必要もないような風通しのいい会社であったこともモチベーションを維持できていた理由だと思います。
そのかわり完全に実力主義の会社なのでできなければ解雇なんて当たり前でしたが。
40歳以上になっても残っている社員は皆相当レベルが高かったので面倒な上司もほとんどいなかったです。

それにしても今の会社と最初の会社は典型的な大企業で、40歳以上の人間の半分は邪魔でしかありません。
下らない話に付き合わなければならないし、仕事上でフォローすべきことが多すぎます。
30代の優秀な社員が実質的に仕事を回していますが、どうして彼らはモチベーションを維持できるのか不思議です。
公務員はもっと酷いようで公務員の友人たちはとにかく手間がかかるから職場に来ないで欲しいおっさんが多すぎるとよく愚痴ります。

かく言う私もダメなおっさんサラリーマンになりつつあります。
仕事にも飽きてきて、首になることはない、あるいはもうリタイア可能という状態ではなかなかモチベーションを維持できません。
まだ何とか若い者には負けていないと思うのですが、ここ2年ほどの劣化が激しすぎます。

リタイアはあと6年弱までにするというのが当初の予定でした。
しかし現在ではもう6年も働くのは無理だと考えていますので3年程度に前倒しするつもりです。
1ヶ月働くたびに資産が増えていくというモチベーションで何とかもう少しだけ頑張ります。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/07/07 12:25 ] アーリーリタイア | TB(0) | CM(14)
私も、なんとかリタイアできる資産ができたと解ってから急速に働くことへのモチベーションが落ちました。リタイアが近い人は、仕事以外することがない人を除いて、リタイアというゴール目指して何も考えずに手足を動かしてるのではないかと思います。


>30代の優秀な社員が実質的に仕事を回していますが、どうして彼らはモチベーションを維持できるのか不思議です。

真面目に出世を狙っているか、将来楽をしたい(今の40以上の人のような仕事ぶり)というところではないでしょうか。


>かく言う私もダメなおっさんサラリーマンになりつつあります。
>仕事にも飽きてきて、首になることはない、あるいはもうリタイア可能という状態ではなかなかモチベーションを維持できません。

まさに同じです…。生き恥を晒してます。
[ 2013/07/07 21:15 ] [ 編集 ]
>成為さん

成為さんもやはりモチベーションが落ちていますか。
やっぱり生活のためというのが働く第一の目的だとしたら、その目的がほぼ達成されればモチベーションは落ちてしまいますよね。

私の場合は単純に年をとって気力がなくなってきたというのもありそうですが。

>真面目に出世を狙っているか、将来楽をしたい(今の40以上の人のような仕事ぶり)というところではないでしょうか。

私自身はそれだけでなく組織人としての使命感みたいなものもあったような気がするんですよね。
何であんな気持ちで働けたんだろうと今となっては思います。

お互い生き恥を晒す時間を少しでも少なくするためにもう少し何とか頑張りましょう。
[ 2013/07/08 00:32 ] [ 編集 ]
はじめまして
私も昔はどれだけ多忙でも苦にならなかったのですが
最近は結構しんどいと感じることが増えてきました
理由はらいくむさんと同じだと考えています
そして今の心境もモチベーションを維持する思考も
[ 2013/07/08 06:52 ] [ 編集 ]
一旦リタイア可能だと思い始めると
なかなかモチベーションを持ち続けるのは難しいですよ。
(難しかった。私の場合)
最後の仕事は、向こうから引導されたのでなんとか
決断できました。だって全く力が入ってなかったですから。
少し生き恥を晒しましたけど思い切れました。

[ 2013/07/08 10:56 ] [ 編集 ]
極端な話リタイア後の生活がホームレスでもいいと思えばお金いらないですし、どこで腹を決めるかですね。
[ 2013/07/08 21:53 ] [ 編集 ]
>消費しないピノキオさん

はじめまして。

やっぱり同じですか。
同じような人が結構いるみたいで安心しました。

リタイアにほど遠ければ何も考えずに頑張れたと思うのですけどね。
あともう少しと言い聞かしリタイア後の妄想をすることで乗り切るつもりです。
[ 2013/07/09 00:18 ] [ 編集 ]
>ymさん

そうですよね。
モチベーションを持ち続けるのは難しいですよね。
さらにはモチベーションを復活させるのも難しいですよね。

「全く力が入ってなかったです」か。(笑)
身にしみます。
[ 2013/07/09 00:28 ] [ 編集 ]
>yamyasさん

>どこで腹を決めるかですね。

そこが難しいんですよね。
あまりに生活レベルを下げるも辛いのでなんとか追加資金を貯めようとしているのですが、一体いつ決断すればよいのやら。
[ 2013/07/09 00:32 ] [ 編集 ]
同じです
ほぼ同感で、とてもお気持ちは分かります。私はリタイアまで8年弱→数ヶ月(?/客先次第)へと大幅に計画を前倒ししています。

> 1ヶ月働くたびに資産が増えていくというモチベーションで何とかもう少しだけ頑張ります。

そしてやっぱりこれですね。もうこれしかありません。日付が1週間進むだけでも、よくやったおれ、○万ほど資産が増えたぞって自分を誉めて上げていますw
[ 2013/07/09 07:51 ] [ 編集 ]
yamazaki112
引退まであと三年半、出勤日で850日余り、全然モチベーションが上がりません。

周りは、バブル時代のような、イケイケドンドンな感じなので、合わせるのが辛いです。
[ 2013/07/09 12:41 ] [ 編集 ]
らいくむさん

私の時と状況が少し似ています。

私の場合、毎月の貯金が増えることに対して何も感じなくなり、寧ろ時間の浪費をしているのでは?となってきました。

準備ができた証拠ですよ。
[ 2013/07/09 18:04 ] [ 編集 ]
>prireさん

>私はリタイアまで8年弱→数ヶ月(?/客先次第)へと大幅に計画を前倒ししています。

えらく大幅な前倒しですね。
素晴らしいです。

>日付が1週間進むだけでも・・・

最近私は1時間で考えたりします。
時給換算して。

こんなへたれなリーダーを若い子はいったいどのように思っているのか・・・。
[ 2013/07/09 23:58 ] [ 編集 ]
>yamazaki112さん

>引退まであと三年半、出勤日で850日余り、全然モチベーションが上がりません。

私と同じぐらいですね。
ゴールが見えてきてはいますよ。
何とか乗り切りましょう。

>周りは、バブル時代のような、イケイケドンドンな感じなので、合わせるのが辛いです。

これはちょっと辛いですね。
私は朝一から下の子から元気な挨拶をされるだけでもいらっとします。
もちろんにこやかに挨拶を返してはいますが。
[ 2013/07/10 00:03 ] [ 編集 ]
>とまさん

>私の場合、毎月の貯金が増えることに対して何も感じなくなり、寧ろ時間の浪費をしているのでは?となってきました。

そこまで行けば決断するのでしょうね。

私はもう少しだけリタイア後の生活レベルを上げたいと思っており、そのための労働コストに見合った報酬はもらえているので何とか頑張っています。
[ 2013/07/10 00:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方