人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

シリア

シリアの内戦での死者が10万人を超えたそうです。
一体いつ収束するのかも分かりません。
もし政権側が敗北すると人口の1割程度でしかないアラウィー派による支配体制が崩れ、アラウィー派が今度は弱い立場に立たされます。
アサド一族の亡命などで済む問題ではなくアラウィー派全体の問題ともなるため、彼らに敗北はありえないのかもしれません。

現代社会でも戦争が起こるのは悲しい現実です。
戦争は大多数の地道に真面目に生きている人に多大な犠牲を強いることになります。
少しずつ戦争が起こらないような世界になってきてはいますが、戦争のない世界が来るのはまだ先のことなのかもしれません。

日本が先の大戦の敗戦経験から戦争嫌いになったことは素晴らしいことだと思います。
これは負けたからこそです。
勝ったはずのアメリカは簡単に戦争するような国のままで、中国はチベットを侵略してウイグル系の人々にも弾圧を容赦なく加えています。
少なくとも現在の日本はアメリカや中国と違い平和を愛する国だと世界に誇っても良いでしょう。
それにも関わらず相変わらず尖閣だの何だのと煽りたがる人はいます。
隣国との関係が緊張して得をするのは政治家やメディアと右翼、左翼だけであり、大部分の自国と隣国の国民は不利益を受けるだけです。

それにしても70年も前の戦争をネタにするレベルの低さはどうにかならないでしょうか。
日本でも中国でも韓国でも外交というよりは主に国内政治のためにいまだに過去の戦争を利用します。
過去の戦争ネタを自身の利益追求のために持ち出すのは過去の犠牲者への侮辱でしかないように思えるのですが。
日本共産党のように自分たちは先の大戦で唯一戦争に反対した政党だったという意味不明の自慢は笑ってすみますが。

今問題にすべきは現在進行形の悲惨な問題だと思います。
シリアやチベットやアフガニスタンなどいくらでも生活を脅かされている人たちがいるのですから。


学生時代にシリアに興味を持ったことがあって色々と本を読み、実際に1ヶ月かけてシリアを回りました。
当時はエジプトなどと違ってそれほどは観光地化されておらず、みんな親切な人ばかりでした。
もちろんダマスカスやパルミラなどはすれたうっとおしいやつもたくさんいましたが。
田舎で道を聞くと誰かしら目的地まで連れて行ってくれますし、山道をてくてく歩いているとトラクターに乗っけてくれたり、回送中のバスに乗っけてもらったりとなんだかんだと世話を焼いてくれました。
ご馳走になることも度々で、3食全ておごってもらったり家でご馳走になることもよくありました。
大学の寮で学生たちに歓待を受けたことも楽しい思い出です。
あれほど気のいい人たちが今苦労していると思うと何とも言えない気分です。


シリアで見所となるところはそれほど多いわけではありません。
有名なのはダマスカスのスークとウマイヤドモスク、ローマ時代のパルミラ遺跡とボスラのローマ劇場、十字軍時代の城であるクラック・デ・シュバリエとサラディン城、アレッポ城とスーク、ハマの巨大水車などでしょうか。
どれも行く価値はあると思いますが、例えばお隣のヨルダンのペトラなどと比較すると小粒な感じは否めません。
現在の内戦でこれらの遺跡がかなりの被害を受けているそうです。

シリアの食べ物は日本人にとってははずれが多いように思いました。
しかし当たりもそこそこあったので目に付くものを片っ端から食べてみました。
ローストチキンはどの町でも食べられて日本のチキンよりかなりおいしいのでおすすめです。
ケンタッキーのツイスターみたいなシュワルマもおいしいです。
薄いパンで羊の肉、野菜などを挟んで丸めたものです。
ファラフェル(豆のコロッケ)などが入っているものもあります。
ちなみにケンタッキーで初めてツイスターを食べたときにシュワルマの真似なのかとおもったのですが、どうなのでしょうか。
最近では日本でもトルコバージョンで売っているところが増えています。
お菓子類は基本的に激甘でびっくりすると思います。
その中にも甘さ控えめおいしいお菓子もあるのですが、見た目では甘さが分からないので甘くないものを教えてもらう必要があります。
アーモンドなどの豆類もよく売られています。
そういえば当時はマクドナルドなどの外資系のチェーンや外国料理屋をほとんど見かけませんでした。
1ヶ月滞在して外国料理を食べたのはピザだけです。
飲み物類はやはり紅茶でしょう。
中東の紅茶は本当においしいです。
ストレートティーに角砂糖を3個入れて甘ったるくするようになればあなたも中東通です。

シリアの安宿はなかなか面白かったです。
部屋の鍵が壊れていると指摘すると平気で問題ないというし、何だか血が相当付いている掛け布団があるし。
70円の激安宿にも泊まりました。
私がこれまでに泊まった中で二番目に安い宿でした。
モスクの裏手にあり朝5時ごろにはアザーンが大音量で流れるので辛かったです。
ちなみに最安値はモロッコの南部で泊まった安宿が20円でした。
あまりの暑さに2時間おきに部屋に水をまいていたのを思い出します。

日本人にはシリアに対してよくないイメージを抱く人もいるでしょう。。
もちろん内戦が起こってくるぐらいなのですから、今は怖い国だと思います。
でも住んでいる人は本当に良い人ばかりでした。
再びシリアが観光できる国に戻ることを願うばかりです。

・ボスラのローマ劇場
かなり大きな劇場で現役だそうです。
cy10010.jpg

・パルミラ遺跡
虹が出ていたのをパチリ。
かなり広い遺跡
cy10028.jpg

・クラック・デ・シュヴァリエ
十字軍のお城、丘に聳え立つとても美しい城です。
cy10048.jpg

・アレッポ城から撮ったスーク
奥にあるのがグレート・モスクでその手前がスーク、今回の戦闘で大半が焼失してしまったそうです。
cy10068.jpg

・ハマの水車
水車は現在では観光用に維持されているだけですが、紀元前1000年ぐらいからあったそうです。
ハマは今回の内戦でも激しい戦闘が行われていますが、1980年代もスンナ派の抵抗運動で2万人以上が犠牲になっています。
cy10075.jpg

・ダマスカスのウマイヤドモスク
世界最古といわれるモスクですが、今回の内戦でかなり被害を受けているようです。
cy10081.jpg
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/06/30 01:41 ] 海外旅行 | TB(-) | CM(2)
シリアは内戦で10万人が2年半ほどで犠牲になられ、
我が日本は一発の弾丸が飛び交うこともなくとも
自死される方が毎年約3万人。
平和を切に願い、日本は平和であると私は思いますが、
実はそうでなく、はたまた今を生きる日本人のメンタリティが
問題なのか、私にはわからなくなる時があります。
[ 2013/07/03 14:31 ] [ 編集 ]
>ymさん

そうですね。

自殺率は民族の自然、文化、宗教的な要因が大きいのではないでしょうか。
やはり東アジアからロシア、中央アジアあたりの自殺率がずっと高いですよね。
そういうものがベースとなって経済的な安定で上下するのではと思っています。

自殺率の高い日本や韓国は多様性をあまり認めないですが、もっと多様性を認められる社会になれば自殺率も下がるのではないかなと考えています。
ただこういうものはトレードオフの関係で震災などで日本人が発揮する自制心や協力などは少なくなるだろうと思うので難しいところです。
[ 2013/07/03 23:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方