人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

いくら貯まったらリタイアするか

リタイアを目指す人はリタイア後の資産のシミュレーションを行っていることと思います。
私も前提条件を色々と変えてリタイアにはあとどれだけ貯めなければいけないかなどと妄想にふけっています。
リタイア時期を前倒しするためにはリタイア後の生活費の予算をもっと抑えなければいけないとか、ミステリーショッパーのような小遣いサイトでいくらかは稼げないかなどと考える毎日です。

基本的にはリタイア後の収入と支出から考えるわけですが、両方ともに様々なリスクが潜んでいます。
私の場合は持ち株の減配や貸し出すマンションの空室リスク、家賃下落リスク、年金の受取額の減少などが収入のリスクです。
支出であれば消費税増税、インフレ、想定以上の長寿、病気や事故などです。
全て起こる可能性が十分あるため無視できないリスクです。
そのためリスクをパラメータにして条件を変えてエクセルで計算しています。

しかしこれらのリスクパラメータはどのようにでも変更できるので答えは出ません。
リスクを低く見積もるのも不安ですし、慎重に見積もるといつまでたってもリタイアできません。

結局どのような前提条件にすれば良いのかというと私には分かりません。
というよりそもそもシミュレーションをして遊んでいるだけでその結果が私の目標とする試算額に対して全く影響を与えないことに気づきました。
より妥当な条件なんて分からないし、考えたところで答えは出ないし、考えている間にリスクの発生する確率は様々に変化していくようにも思えます。
ただシミュレーションすること自体が楽しいだけです。

では実際には目標資産額をどう考えているかというと始めから答えが出ています。
それは資産による安定収入とリタイア後の支出が一致したときの資産額がリタイアに必要な資産額ということです。
時間的なシミュレーションではなく、現在の状況だけを考えています。
前提条件が全て揃っているために何も考える必要はありません。
資産が減少しないという一点のみが判断基準となります。
このように割り切ってしまうと目標がはっきりします。

もちろんこれは社会経済条件が不変という前提になるのでバッファ部分は必要です。
支出に関してはお小遣い部分をバッファとしています。
私はリタイア後もそれなりにお小遣いを使う予定ですが、その分バッファとなってくれます。
収入に関しては年金がバッファです。
年金は当てにしていないのですが、いくらかはもらえるとは思うのでこれをいざというときの備えと考えています。
そして資産の取り崩しももちろん想定しています。

頭で色々と考えることと実際に何かを踏み出すことには大きな壁があります。
そこを乗り越えるのはきわめて単純な思考のように思えます。
私の場合はリタイア後の収入で資産を維持できる額というのが極めてシンプルで決断しやすいのす。
シミュレーションの場合は迷いの無限ループにはまってしまい決断には至らないようです。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/06/16 00:01 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方