人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

親から小遣いをもらう

社会人になってからでも親から小遣いをもらっている人は結構いるようです。
ある調査では4分の1ぐらいが定期、不定期はあるけれどももらっていると答えています。
毎月もらうというつわものもいるようですが、多いのはやはり帰省のさいにもらうというものです。

親は子供がいくつになっても子供で小遣いを上げたいでしょうし、それでつながりも確認できるのでしょう。
子供も建前で断りはするけれど親が喜ぶのならと思ってもらうのだと思います。

これを恥ずかしいと思うかどうかは人によるでしょう。
私は親に余裕があり子供が自分からせびるのでなければいいのではと思います。

子供の金銭的な独立は文化や経済状況によって当然大きく異なります。
アメリカや昔の日本は子供への援助はしない傾向であり、ヨーロッパや現在の日本は援助する傾向が見られるかと思います。
ヨーロッパや日本では親の世代と子供の世代の経済力に大きく差があるのが一因でしょう。
再分配の仕組みの一つのあり方ではないかと思います。
また小遣いはもらっていなくても結婚式や家の購入、孫の教育資金でまとまった金額を援助してもらう人はかなりいます。

実は私も年2回の帰省の際には交通費と称して5万円をもらっています。
実際の交通費は3万円です。
関東に引っ越してから帰省の度に何となくもらっています。

弟と妹の家族が実家の近くに住んでおり食事や買物で親が出すということが多いため、私にも帰省したときぐらいはと渡してくれているようです。
もっと渡すとは言ってくれますが断っています。
それでもワンルームマンションを買うときには少し援助してもらいましたが・・・。
ちなみに結婚したら新居購入費としてかなりの額を援助すると言われていますが、それぐらいで人生を棒に振ることはできません。

また親が私の収入や貯蓄が少ないと思い込んでいるということもあります。
いつもお金は大丈夫かと心配しています。
最初の会社以外は親が聞いたこともない会社に勤めているので心配なのでしょう。
私も親に異性との付き合いや年収などのプライベートを全く話さないので親は全然知りません。
それにしても帰省のたびに親と弟と妹に年収と貯蓄額を聞かれます。
この辺のストレートさはやっぱり大阪だなあと思います。
かなり低めに匂わせています。

貧乏な振りをしているようで少し申し訳ないなと思いながらも小遣いをもらっています。
やはりもらってしまうのは結婚していないからだと思います。
もし結婚していれば親から独立したという意識が強くなりますし、妻や子供の手前もらえないです。
しかし独身だといつまでたっても子供という立場だけなのでもらうことにそれほど抵抗がないです。
さすがに10万となると少し抵抗があるので5万でいいと言っているのですが。

社会人になっても帰省のたびに小遣いをもらっている人は結構いるんだと知り、仲間が多くて少し安心しました。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/05/06 17:17 ] どうでもいいこと | TB(-) | CM(3)
モラトリアム
言い訳してる=中年のくせに親に小遣いせびって妻子もいない
ケチで人間性がない
何も生み出さない寄生虫ですね

あなたが死んでも誰も悲しまないし
何も残らない

早く死んだら?

ガラーンとしたワンルーム(親に金せびって買った)で
ヨボヨボの無職老人になって
リアルで話す相手もいなくなるの想像できるわ

年を取ると、自分が今まで成し遂げてきたこと=人生になるけど
何もないカラッポ人間はだんだん友人との話も合わなくなりますよ

そして生きた証に慌てて若い子に結婚を迫り断られ
元売春婦の外人女を嫁にして身ぐるみ剥がされ捨てられるパターンですね
[ 2014/06/29 07:45 ] [ 編集 ]
>ななしさん

こういうタイプのコメントは初めてです。
私のようなブログでもこういうのが来るのかなと思っていましたが、ついに来てくれました。
ちょっと嬉しいので頑張ってコメント返します。


>言い訳してる=中年のくせに親に小遣いせびって妻子もいない

妻子がいないということが非難されるべきことということですか。
私はこれは何とも思いません。私の世代ではかなりの割合ですしね。
親にとっても私にとっても5万は少額なのでコミュニケーションぐらいにしか思っていないのですが、断っていない以上はせびっていると取られても仕方がないですね。

>ケチで人間性がない
ケチは私の場合はちょっと微妙です。
私は体育会にいたせいか、使うときは結構使うし、おごってしまうタイプなので。
またケチは人間性がものすごくあるというと思うんですけどね。

>何も生み出さない寄生虫ですね

リタイア後ということですか。
確かに生み出しませんねえ。
でも一応現在は働いており、ずっと人並み以上に稼いで税金などを払ってきたし、お金もだいぶ使ってきたので人生全体ではトントンになりそうなので許してもらえませんかねえ。
私自身は何も生み出さない人を否定する感覚は持ち合わせていません。
自慢できるほどのものを生み出している人なんてごく少数だと思っているので。

>あなたが死んでも誰も悲しまないし
>何も残らない

そうですかとしか言いようはありませんが、名無しさんが死んだとき皆が悲しんでたくさんのものを残すのは素晴らしいことです。

>早く死んだら?

90歳までは生きて世の中がどうなるかを眺めていたいので無理ですねえ。
大丈夫ですか。
自分がみじめになる言葉を吐いてしまうと2ちゃんやヤフコメレベルの人になってしまいますよ。

>ガラーンとしたワンルーム(親に金せびって買った)で
>ヨボヨボの無職老人になって
>リアルで話す相手もいなくなるの想像できるわ

半年働けば貯まる程度の援助なのにまだ返していないので確かにせびったことになりますね。
ワンルームなのでガラーンとするほどの広さが残念ながらないです。
今時話す相手のいない老人なんてあふれているでしょうね。
子供がいる人でもそうなんですから単身者は多いでしょうね。
私は孤独好きで世界中に私一人しかいなくても大丈夫と思っているタイプですが、その時は寂しいと思うのかなあ。


>年を取ると、自分が今まで成し遂げてきたこと=人生になるけど
>何もないカラッポ人間はだんだん友人との話も合わなくなりますよ

たぶん大丈夫なんじゃないでしょうか。
何かを成し遂げたと言えるほどの友人がいないので。
せいぜい自分の仕事や研究を頑張っているだけの友人しかいないので。
20年の仕事人生と40年の仕事人生では成し遂げたものが違うと言えるほどの人はどれぐらいいるのでしょうかねえ。

>そして生きた証に慌てて若い子に結婚を迫り断られ
>元売春婦の外人女を嫁にして身ぐるみ剥がされ捨てられるパターンですね

若い子に結婚を迫られるというシチュエーションの想像ができないです。
40歳をこえてそんなことが起こるのでしょうか。
私は若い嫁に贅沢三昧させられるほどの金持ちではないですし。
元売春婦の外人女というのはどこで知り合うのでしょうか。
バンコクとかですか?
私はゴーゴーバーに行ったことないので、まずは行ってみないといけないですかね。
[ 2014/06/29 11:45 ] [ 編集 ]
>ななしさん

すいません。
読み間違いしていました。

>そして生きた証に慌てて若い子に結婚を迫り断られ
>元売春婦の外人女を嫁にして身ぐるみ剥がされ捨てられるパターンですね

私が生きた証に若い子に結婚を迫るということですね。
生きた証が結婚というのがよく分からないですが、私の場合はないと思います。
結婚したいという感覚がないですし、ましてや年の離れた若い子と夫婦になるのは考えられないです。
結婚したいのならとっくに年の近い人と結婚しています。

で日本の若い子だと無理だから海外の売春婦と結婚するということですね。
日本の若い子とでも結婚したくないのに海外の女性と結婚するのはもっと無理です。
いずれにしてもまずはゴーゴーバーにでも行かないとそういうことはなさそうですね。
残念ながら私はゴーゴーバーにあまり興味ないですが。
もちろん外国の売春婦のかたに偏見などは一切持っていません。
ただ外国でのそういう遊びに興味がないだけです。
[ 2014/06/29 13:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方