人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

リタイア後の資産状況 2022年版

去年から11月は資産とキャッシュフローを書くことにしています。

バイトは相変わらず週3日、1日6時間で基本リモートと月に数回の出社があります。
週3日と言っても長期休みや祝祭日も休むので実質は2.7日ぐらいでしょうか。
このバイトの収入が月に35万ぐらいです。
インカムゲインも変わらず日本株の配当がほとんどで、あとはリート、ETFなどが少しです。
こちらも月に35万ぐらいです。
合計で月に70万ぐらいです。

出費は社会保険なども含めて50万強ぐらいです。
全般的に生活費を意識的に増やしています。
資産を増やし過ぎたので増えるペースを落としたいことと、北海道にお金を落として少しは貢献しようと思っているからです。
増えたのは旅行や外食がメインですが、日常の買い物の内容も少しレベルアップしています。
30代前半の頃ほどではないですが、少々贅沢な生活になってきています。
20万弱ぐらいのキャッシュインですが、これは変わらず先進国中心の外国株インデックスの積み立てと、日本の個別株を買っています。

資産はざっくりTOPIXを上回ることをずっと目標にしています。
外国株などがあるのであんまり意味はないのですが、何となく全財産TOPIXのインデックスに投じたよりは上回りたいと思っています。
去年のTOPIXは1992で終了して、今日は1994なのでほぼ同じです。
配当などを除いて10%強は増えているので今年は満足のいく成績でした。
バフェットの商社株追加投資が話題になっていましたが、私も総合商社、専門商社をかなり持っておりこれらががなり引っ張ってくれました。
他には不動産、レジャーなどが健闘してくれました。
来年は航空株やフィットネスが本格的に戻ってくれれば嬉しいなと思っています。

日本資産と外国資産の割合は今年も6対4ぐらいです。
この比率は最近変わらないです。

日本株は250銘柄を保有しています。
最近はこれ以上は増やさないようにしており、追加投資はできるだけすでに持っている株にしています。
さすがに郵便物が多すぎで、ボックスに入らず郵便屋さんがベルを鳴らして持ってくることもあります。
それだけの理由でピークとなる3月決算以外の株を買う優先度が高くなっています。
意外とそういう理由で選ぶ人もいるのではないでしょうか。
リートも少し持っていますが、総合リートとヘルスケア系を持っています。
インフラ系も持っていたのですがTOBとなりました。
ヘルスケア系は将来のサ高住や老人ホームの利用もあるかなと思い、勉強がてら増やそうかと考えています。
外国株は8割以上が先進国のインデックスで残りは途上国のインデックスです。

今年はロシアの侵攻やインフレなどネガティブなことが多いですが、その割には株の状況はそれほど悪くありませんでした。
けれどもアメリカの金利がどこまで上がり、いつまで続くかは不明ですし、来年のリセッションを予想するエコノミストも多いようです。
日本もいよいよ黒田さんの任期満了が迫っており、日銀の軌道修正もあり得ます。
ウクライナでの戦争もいつ終わるか分からず、中国も失速していることを考えると来年は厳しい年になるのではないかと思っています。

私もそうですが、多くの人はリタイア後の資産はそれほど減っていなかったり、逆に増えている人が多いようです。
本来は減ることを前提に計画していると思うのですが、近年の株の状況はそれだけ強いということです。
恐らくインフレが続いても相対的には株は強いのではないでしょうか。
日本の財政、金融政策にはかなりの不安を感じてはいるのですが、資産運用については意外と楽観的です。
どちらかというと相続をどうするかとか、そもそも認知症になってしまった場合はどうすればいいんだろうということのほうが心配です。
現在の成年後見制度なんて怖くて仕方がないですしね。

では来年も代わり映えしない記事となるでしょうが、11月に資産状況を書きたいと思います。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2022/11/22 17:09 ] 資産運用 | TB(-) | CM(4)
先日の日経新聞で、橘玲氏が「専門性を生かしてできるだけ長く働く」「FIに到達、好きな仕事を通して人間関係を維持」と述べられていました。セミリタ界隈は労働嫌いのブログが多いですが、好きな仕事(ときどき嫌になることもあるけど)なら労働時間を減らして細く続けるのは、承認欲求うも満たされてそれなりに楽しいですね。在宅勤務やワーケーションができるようになったのも大きいです。
それにしても月70万も所得があるのは羨ましい!
[ 2022/11/24 09:07 ] [ 編集 ]
>知足常楽さん

労働や人間が超絶に嫌いでなければ、適度な刺激がある短めの労働はおっしゃるような承認欲求や知的刺激も得られるので資金面だけでなく精神面での安定が得られて良いですね。

私の場合も拘束時間のデメリットが労働による金銭、知的刺激、人間関係などのメリットがやや上回っている状態です。
自分でも意外だったのはITに興味がないと長年言ってきたくせにクラウドのシステムやビジネス動向についていけているのを楽しく感じています。
面倒な作業をするときにはデメリットが上回ることもあるのでその時にはそろそろバイト辞めようかなと思ってしまうのですが。

バイトをいくつか経験してみたいなとは思っていましたが、結局ギャラの良さやスキルの自信からITのバイトだけで終わりそうな気がします。
[ 2022/11/25 00:49 ] [ 編集 ]
専門職バイト+インカムゲインは最強ですね。
もしかしたら、完全リタイアより心身に健全かもしれませんね。

自分も現時点で金融資産+キャッシュで3600万円まで到達しました。らいくむさんが仰ってたリタイア可能なライン近くまできました!
このブログに出会ってから早7.8年?
早いものですね。

結婚願望もないですし、物欲もないのでやろうと思えばできるかも?
とはいえ、ビビりなんでリタイアするのはもう少し増やしてからにします笑 セミではなく完全リタイアを目指してるっていうのもあるので・・・
[ 2022/11/26 13:06 ] [ 編集 ]
>nさん

どのようなリタイア生活を理想とするかは人それぞれですが、バイトは多くの人にとってはプラスなような気がしますね。
専門職以外のバイトでもいい経験になるし何かしらの社会勉強になってその上小遣いまでもらえますし。

独身で物欲もなければリタイアまでもうすぐですね。
バイトが苦にならなければ今すぐでも大丈夫だと思います。
私もそうですが、自分がビビりと思うなら若干のプラスアルファはかなりの精神的な安定になります。
そのおかけでリタイアは遅れてしまったのですが。

いつの間にかブログを始めて10年になっていました。
我ながらよく続いているものです。
[ 2022/11/26 14:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方
月別アーカイブ