人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

日銀の手詰まり感

前回の日銀会合では長期金利の変動幅を広げ、ETF購入にも含みを持たせつつも、来年の消費税増税を見据えて緩和を維持するとなりました。
もう日銀もどうしようもなくなっていると感じているのではないでしょうか。

強烈な量的緩和で2年で2%のインフレを達成するという夢物語が覚めてしまった後は抱えた爆弾を必死に抑え込んでいるように見えます。
うんともすんとも言わない物価に対して途中で量的緩和を金利操作に変更して密かに国債の買い入れ額を減らしてきました。
今回はETFの買い入れ額も減らそうとしているのでしょうか。
最近は日銀のETF購入のステルステーパリングのニュースが多くなってきました。

これらの限界は最初から分かっていたことでだからこそ短期決戦で2%を達成するつもりだったのでしょう。
黒田さん自身がどの程度自信があったのかは分かりませんが、当時のエコノミストは無謀すぎるという意見が大半でした。
最終的に日銀が抱える国債やETFは大きな爆弾となるということも危惧されました。
経済や政策の予測は非常に難しいですし正確に予測することなんてほとんどないことだとは思いますが、リフレ策に関しては大方の推測通りの残念な展開をしてきたのではないでしょうか。

今やいかにして急激な円高や株安を招くことなしにテーパリングできるかが課題となっています。
アメリカの成長や利上げがいつまで続くかもわからない状態ではこれは非常に困難作業です。
実際に国債買い入れ額を縮小させているとはいえ、中止には程遠い状況です。
この危うい現状維持の綱渡りが果たしてどこまで続くのか見ものです

安倍政権があれほど日銀の独立性を犯すことがなければもう少しましな状況だったのではないでしょうか。
黒田さんはまだしも原田さんあたりからもう日銀の理事なんて誰でもいいような感じになっています。
トルコのエルドアンさんはまだしも、アメリカの大統領まで平気で利上げるするなという時代ですからそんなもんかなとも思いますが。
それでもFRBはトランプさんに簡単に屈するようなやわではないでしょう。

物価は鳴かず飛ばずですが、原油価格が戻り、人手不足も続くのでそろそろ上がってくるのではないのだろうかと思っているうちに何だか怪しくなりつつあります。
あと数年もすればAIが本格化してホワイトカラーの賃金抑制に働く可能性がありますし、外国人労働者の促進も人手不足を緩和します。

もう安倍政権では自己否定となる方向転換は不可能でしょう。
しかし次の政権ではかなり危うい状態になってる可能性があるのではないでしょうか。
東京オリンピック後に不況が来る可能性がささやかれていますが、日本だけではなく世界経済がそろそろ不況期に入るかもしれません
もしそうなっていたら日銀は一体どうするのでしょうか。

それにしても経済政策に魔法はないしフリーランチもないということをそろそろ気づいてもいいころではないかと思います。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/08/21 15:40 ] 社会 | TB(-) | CM(6)
大丈夫ですよ
日本が潰れるときには他国は全滅してますから
日本ほど黒字の国ないので
[ 2018/08/21 16:20 ] [ 編集 ]
財政論になると、民間の資産と国の資産を混同する人が多いのが不思議です。財政破綻を回避しても、民間の資産で補填すれば貧しくなりますし、そもそも財産権の侵害です。

国の際限ない増税に付き合うほどの愛国心に溢れているのか、自分の財産が無いが故に、他人の資産がどうなろうと知ったとじゃないというのかわかりませんが。。。

それにしても、国債の発行額が需要を超えて、金利をコントロールできなくなるとどうなるんでしょう。極端なインフレに振れてしまうんですかね?

ただ、いざという時は、パニックになるよりお上に素直に従いそうな国民性なので、現金廃止&マイナス金利深掘りのような大胆な政策も実行できるのではと期待してます。



[ 2018/08/21 23:31 ] [ 編集 ]
>dedsさん

私はそれほど悲観的ではないのですけどね。

>とみーさん

たぶん仕組みがよく分かってないだけじゃないかなと思います。
あと国債を持っているのは富裕層などで自分には関係ないと思っている人も多いですよね。
間接的に国債を持っていることを理解していなかったり、そもそも金融システム不安がどれだけ弱者にダメージがあるかも理解していないのでしょうね。

金利のコントロールが果たして可能なのかは誰にも分からないのでしょうが、おっしゃる通りいざとなったら苦難にも耐えてくれそうな気質の国民が多そうです。
私は強烈な歳出カット、増税、マイルドなインフレで乗り越えるんではないかと希望的観測を持っています。
[ 2018/08/22 01:02 ] [ 編集 ]
国が潰れることを心配するより、必要な投資を削られて大問題が発生する方がより心配である。
[ 2018/08/22 10:00 ] [ 編集 ]
財政赤字については派手な増税はできないしやはりインフレでチャラにするしかないと財務省は思ってそうですけどね。
だから僕は株などのリスク資産をある程度持ってるわけですが。
副作用の強烈な物価上昇が来ても国民は本当に我慢しそう。
[ 2018/08/22 22:33 ] [ 編集 ]
>dedsさん

投資効果が高いようなものはやはり投資すべきですよね。

>招き猫の右手さん

現実的にはインフレでチャラにするしかないと思います。
ただハイパーインフレになると経済システムがコントロール不能になるのでそこまでは行かないように増税と歳出カットを組みあわせて何とかハイパーインフレだけは避けたいということろころではないでしょうか。
私もリスク資産が多いですが、高インフレ国のリスク資産の価格推移が実際にはどうなってるのか気になりますね。
[ 2018/08/23 10:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方