人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2018年5月のお奨め本

2018年5月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・プロテスタンティズム - 宗教改革から現代政治まで (深井 智朗)

ルターから始まるプロテスタンティズムの歴史を現在まで素描しています。

プロテスタンティズムと言えばルターを思い浮かべると思います。
あるいは経済に興味のある人であればウェーバーのプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神を思い浮かべるかもしれません。
しかし、ルターの95か条の提題から500年の時が流れました。
当然のことながら、プロテスタンティズムは様々な歴史をたどってきました。
著者は政治と深く結びついた保守的な古プロテスタンティズムと政治とは切り離された自由を求める革新的な新プロテスタンティズムを区別して論じます。
この二つの大きな流れは現在までどのように歩んできたのか。
ルター以後、ピューリタンのアメリカ移住、ドイツの統一でのプロテスタンティズムの役割、現代のドイツとアメリカでのキリスト教の在り方、近代の自由主義、人権とプロテスタンティズムなどプロテスタンティズムの歴史を大まかに掴むことができる本です。




・ビジュアル 数学全史――人類誕生前から多次元宇宙まで(クリフォード・ピックオーバー )

数学の歴史を250のトピックにして1ページに1つを解説しているというユニークな本です。
完全に独立しているので辞書のようにも読めます。
ギリシアの数学者の定理からニュートンやフェルマーといった天才、そして現代のコンピュータやルービックキューブまで様々な数学上の発見やその社会的な影響を解説しています。

数学的な知識はなくてもある程度は理解できるようになっています。
深く理解するのは当然数学の知識が必要ですが、なんとなくは数学の歴史の流れがつかめると思います。

数学に興味がないと退屈際回りないかもしれませんが、興味があれば楽しく読める本です。



・深い疵 (ネレ・ノイハウス)

92歳のユダヤ人の老人が殺害されます。
そこには「16145」という謎の数字が残されていました。
ユダヤ人の老人が実はナチスの親衛隊員だということが分かり、その後、連続で老人が殺害されていきます。
次々と起こる事件とナチスはどのように関係しているのか。
刑事のオリバーとピア暗い歴史と複雑に絡んだ謎に挑みます。

オリバー&ピアシリーズの最初の邦訳で代表作の一つです。
このシリーズは重厚な刑事ものですが、今回はナチスが絡んでくるせいかより重厚な雰囲気になっています。
前半は次々とエピソードが語られて話が一向に見えてこない感じがしましたが、後半で一気にそれらのエピソードがつなぎ合わせられていきます。
ナチスが出てきますが、それほど小説に影響を与えるとは私は感じませんでした。
ナチス時代の犯罪に端を発したものですが、過去の犯罪がよみがえりそれを終結させるミステリのタイプです。
警察小説が好きな人にはお薦めです。


関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/06/10 12:53 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(2)
こんにちは。

本は購入ですか、それとも図書館でしょうか。私は今度図書館に比較的近い場所に住むので、大いに活用しようと思ってます。貧乏人ですので^^。
[ 2018/06/11 17:00 ] [ 編集 ]
>マークさん

こんにちは。

図書館です。
私の家も図書館から徒歩1分なのでとても便利です。
東京23区のうち4区の図書カードを持っているので本がないことはまずありません。

本を買うと費用が掛かるだけでなく、スペースを取りますからね。
家にあった本もすべて処分済みです。
[ 2018/06/11 20:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方