人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2018年1月のお奨め本

2018年1月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・カント入門講義: 超越論的観念論のロジック (冨田 恭彦)

カントの入門書です。
カントが知性に備わると考える、対象を捉えるアプリオリな枠組みを中心に解説しています。

人は形而上学的な課題に判断を下しますが、一体その判断の方法はどこから出てきているのでしょうか。
カントはアプリオリに与えられたものの見方があると考えます。
それは単一性などの量に関わるものであったり、原因と結果のような関係性、可能性のような様相などです。
このようなメタの部分の議論は面白い一方、果たしてそれがどの程度普遍性を保てるのでしょうか。
カント以後の哲学者たちはこの議論からさらなる思考を進めていくことができたのであり、カントが今でも重要な哲学者であることの理由でしょう。
カントがヒュームやロックの議論をどのように継承したかの解説もとても興味深いものです。

とても分かりやすく面白い解説書です。
カントの入門書では一番お薦めできると思います。



・ユダヤ人の歴史 (ポール ジョンソン)

古代から現代までのユダヤ人の苦難の歴史を描いた大著です。

ユダヤ人は世界史においてとてつもなく困難な道を歩んできたのにその民族性を保ち続けて生き残ってきた稀有な民族だと思います。
そして現代に入って本当にイスラエルの地に帰還し国を作ってしまったのですから。
彼らの迫害の歴史は人類の愚かさの歴史ともいえます。
啓蒙主義と言われるような人たちや知識人たちがアンチセミティズムに積極的に加担したことには愕然とします。
ヘイトスピーチをそのような人たちがしているようなものですから。
ホロコースト後も共産主義の国などでアンチセミティズムが続きましたが、ようやく現代では一部を除けばそのようなことはあまりなくなっています。
少しは人類も進歩しているということでしょう。
パレスチナの問題は当分は解決しそうにないですが。

著名なユダヤ人が多く出てきますが、著者の好き嫌いがはっきり出ていて面白いです。
特にマルクスへの評価は散々です。
アンチセミティズムであり、傲慢な人間であったと言います。
実際にそうなのでしょうが、資本論を自分が真理であると信じることを支持する証拠を本の中から集めただけであり学問でも何でもないと酷評しているのを引用しているのには笑ってしまいました。

ユダヤ民族の全史を書くのは相当困難な作業です。
その人の歴史観、宗教観に左右される部分もありますし、資料が少なかったり研究が十分でない時代や分野がほとんどだと思います。
しかし、一般の人や専門家にとってもこのような作品は必要不可欠なものだと思います。
通史として知りたいという人は多いでしょうし、このような通史から専門家たちの議論が活発になることも多いからです。
読んでいて疑問に思うことも多々ありましたが、著者のこの精力的な仕事はやはり素晴らしいと思います。
ここから新たに一般向けのユダヤ人の通史が出てくればいいなと思います。



・ロマの血脈(ジェームズ・ロリンズ)

科学の訓練を受けた特殊部隊シグマフォース隊長のグレイの目の前で神経科学者が殺害されます。
彼は致死量の放射線を浴びており、デルポイの神殿が描かれた硬貨を持っていました。
やがて不思議な能力を少女がグレイたちの前にあらわれ、グレイはインドへ向かいます。
一方で前の巻で行方不明となったグレイの盟友モンクはチェルノブイリ近くの地下都市で目を覚まし不思議な能力を持つ子供たちと脱走をすることになります。
そしてロシアで人類を危機に陥れる計画が進行していることが明らかになっていきます。

シグマフォースの本部、インド、チェルノブイリと3か所で場面転換してテンポよく進んでいきます。
いつものように驚くべき科学的事実をちりばめながらも一級のエンターテイメントに仕上がっています。
よくこれほど毎回いろんなアイデアを思いつくなと感心させられます。


関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/02/12 21:42 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方