人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2017年11月のお奨め本

2017年11月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・日本経済論・入門 新版 -- 戦後復興からアベノミクスまで(八代 尚宏)

第一部では戦後の日本経済史、第二部では日本経済の構造的な問題について解説しています。

コンパクトながらよくまとまっています。
大学の一般教養(まだあるのでしょうか?)レベルぐらいです。

それほど深く勉強したことはないのですが、日本経済のターニングポイントは田中角栄の頃ではないかと思っていました。
あの頃にそれまでの高成長が永遠に続くことを前提として、地方へのばらまきと高福祉政策が本格化したのではないのでしょうか。
結果として非効率な経済、予算を源泉とした権力とたかりの構造、将来世代にツケを回す赤字で日本の経済は低迷しています。
著者も田中角栄の頃がターニングポイントだったと考えています。
著者は経済成長は生産性の向上であることを強調しており、政府の統制は逆効果であったという考えのようです。

さて、政府は賃金や価格を統制しようとし、様々な方法で国民負担を増やし代わりに政府支出を増やしつつあります。
果たして社会主義経済はうまくいくのでしょうか。




・ローマの歴史 (I. モンタネッリ)

ローマの成立から西ローマ帝国の滅亡までの歴史です。
歴史的事実を網羅するのではなくトピックスを時系列に並べて物語っていくというスタイルです。
主に歴史上の人物に焦点をあてて、時折皮肉を交えながらその人間臭さを語り口には思わずニヤリとしてしまいます。

少々古い本ですし厳密な考証に基づいた本でもないので、誇張があったり現在の研究とは異なるところがあるようですが教養レベルのローマ史を楽しみながら学ぶという意味ではとても良い本だと思います。

塩野七生の「ローマ人の物語」の縮小版といった感じかもしれません。
「ローマ人の物語」が長くて挫折した人もこちらなら大丈夫です。
私も「ローマ人の物語」は半分も読んでいません。
いつか最初から全巻読みたいと思っているのですが。




・ウール( ヒュー・ハウイー )

終末を迎えた世界で人類は地下144階のサイロの中で暮らしています。
カフェテリアのスクリーンから見えるサイロの外は荒涼としており、致死性のガスで人類が生きてはいけない世界でした。
外の世界に憧れてしまった者や厳罰が下ったものはサイロの外へ出てスクリーンに映像を映すレンズを磨く「掃除」をさせられます。
ガスから守る防護服を着て外に出ても必ず死ぬことなるのですが、ついに生き残った者がでます。
サイロの住民の中に隠された真実に気づいたものがあらわれたとき、サイロでついに反乱がおこります。

面白いです。
破局を迎えた後の世界というありがちな設定ですが、サイロに暮らす人々とそこで支配する秩序からなる世界に引き込まれていきます。
テンポよく進んでいくので中だるみもなく一気に読めます。
SFの要素はそれ程ありません。


関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/12/10 17:09 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(4)
ウール、面白そうですねえ、読んでみようかな。

イスラム関連ですけど、内藤正典さんの「となりのイスラム」もまあまあ面白かったです、かなり初歩的な感じがしたので物足りないかもしれませんが。
それにしても正典とは、音読みしたら、せいてん、この分野のために産まれたような名前ですね。

最近ヴィクトル・ユゴーのLes Miserablesを英語で読んでるのですが、子供むけ簡易版はあるものの本来の長編が無くて困ってます。
近所の図書館でまた検索して探してみます。
[ 2017/12/14 23:27 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

正典 せいてん とは考えたこともありませんでした(笑)
サブタイトルの「世界の3人に1人がイスラム教徒になる時代」というのは面白いですね。
イスラム人口の伸びは世界的に高いので世界的な影響力が増す可能性は十分ありますね。

レ・ミゼラブルを英語で読んでるのですか!
最近英語に触れる機会がなかったのに、仕事で英語を読むことあって四苦八苦しています。

ウールは三部作らしいので残りも読んでみようと思います。
[ 2017/12/14 23:47 ] [ 編集 ]
ウールを読みました、面白かったです。

設定はありがちでも、一人一人の登場人物が魅力的で、中盤から終盤にかけてのスピード感がよかったです。
エピローグはあっさりでしたが、最後までテンポよく話を終わらせるならあれくらいがいいのかもしれませんね。

世界の謎というか、核心部分が隠されたままなので、残りの2部も読んでみます。
[ 2018/01/13 18:41 ] [ 編集 ]
>とみーさん

面白いですよね。
こういうエンターテイメント系のSFは大好きです。
SF部分にこだわり過ぎないのも良いのだと思います。

私も残りの2作を読みます。
[ 2018/01/15 23:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方