人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

この20年で日本は豊かになったと思う

現在の景気回復はいざなぎ景気をこえてきているそうです。
確かに緩やかながら景気回復は進み、現在はかなり景気がいい状態だと思います。
とはいえ、国際社会は権威主義的な国が目立ってきていますし、日本の将来に対する不安は増すばかりですが。

バブル崩壊後の失われた20年とか、収入は下がるばかりだとか言いますが、私はこの20年ぐらいで日本は豊かになったと思います。
実質GDPは20年で15%以上上がっています。
経済が成熟しており高齢化も進む先進国にしてはまずまずではないでしょうか。
個人的な実感としても20年前と比較すると生活が豊かになったと思います。

民間の平均給与は1997年で467万、2016年で421万円です。
おれの給料は上がらないとかいう人がいますが、確かに平均では50万弱下がっています。
しかし下がった分の多くは高齢者や女性の非正規社員が増えていることがかなり影響が出ています。
実際に給与所得者数は1割増えているのに労働投入総量は横ばいと言われています。
そうすると実質は横ばい程度と考えてもよいと思います。

給料がほぼ横ばいと仮定すると物価はどうでしょうか。
これはあらゆるものが下がった印象があります。
明らかに下がった印象があるものは、家具、家電、パソコン、通信費、旅行代、衣服と言ったところです。
家具や家電やパソコンは毎年買うものではないですが、かなり値下がりしたのでインパクトは大きいでしょう。
旅行もLCCのおかげでかなり安上がりになりました。
衣服も今ではユニクロ以外にも良質なものを安価で提供する企業が相当増えました。
これらは商品の質も上がっているものも多いで金額換算するとかなりのものになるのではないでしょうか。
これだけ安く買えるようになり給与もそれほど下がっていないのならやはり豊かになったと言えるでしょう。

一方で俺はこの20年間で生活が豊かになったとは実感できないという人も多くいるでしょう。

一つには所得の分布が変わってきているということです。
例えば企業の40代以降の男性サラリーマンは収入が減っており、代わりに高齢者や女性の非正規雇用の収入が増えているでしょう。
そうすると男性サラリーマンは景気が回復していない、給料が上がらないと嘆くことになるでしょう。
しかしこれはそれまでの男性サラリーマンの給料が高すぎただけです。
給料は生産する付加価値で決まるはずなのでより正しい姿になってきてると言えます。
現在のように非正規労働者の給料が上がり、正社員の給料が抑えられること自体は良いのですが、消費にはつながりにくいかもっしれません。
正社員は給料が上がらないので消費を控え、非正規はもともと給料が低いので少々上がったところで消費にはあまり回らないと推測されます。

次に20年間で世帯数が2割以上増加しているということです。
ということは世帯あたりの収入は減っているということです。
高齢者も若者も単身世帯が増えているのでしょうが、複数で生活したほうが生活費は抑えられます。
3世代の同居であれば祖父母は年金、両親は共働きというようなケースも多かったでしょうし、DINKSであれば当然生活は楽です。

子供がいる家庭であれば教育費の増大もあるかもしれません。
本来高等教育はそれに見合う優秀な学生しか行くべきでないし、教育効果もないはずです。
行く意味がない学生が増えたことによって教育費の増大と4年間の機会損失はかなりのものになっているのではないでしょうか。
高等教育の無償化とか奨学金の拡充とかバカみたいなことを言う前に、大学という無駄な消費をなくすことによって家計を支援すべきだと思います。

社会保険料や税金の負担が上がり手取りが減っていることも豊かさを実感できない理由です。
社会保険料の負担はずっと上がってきました、会社負担分も考えると相当上がっています。
2000年からは介護保険も導入されています。
また消費税も97年以前は3%だったので5%の増税となっています。
ただし、20年前は所得税率と住民税率が現在より高かったのでその分は相殺されます。

1人暮らしか、男性か女性か、働いている業界などによって違いはありますが、日本は順調に豊かになってきたと思います。
物質的な豊かさだけでなく働く環境は良くなっていますし、多様な価値観、生き方が認められるようになっています。
願わくば今後も豊かになってほしいものですが、自民党や希望の党のように市場主義や効率的な経済に興味の無い政党ばかりではそろそろやばいんじゃないかと思います。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/10/14 12:31 ] 社会 | TB(-) | CM(7)
維新推しってことですかね?
[ 2017/10/14 16:51 ] [ 編集 ]
同意。
納得の分析です。

私個人としては、
「景気が良くなったという実感がない」という声を聴くたびに、
こんなに便利になっているのにマジですか?
と不思議に思います。

更に言えば、
一体どうしたら実感されるんだろう?
バブルのころのようにならないとアカンのと違うか?
それはさすがにハードルが高すぎて、もう永久に無理だろう?
と思ってしまいますねえ・・・・・・。
[ 2017/10/14 18:58 ] [ 編集 ]
>grreeさん

維新の政策は知らなかったのですが、HPの政策を読んでみると確かに私の考えと近いようです。
本当にこのような政策を目指してくれるのなら維新を支持するかも。

>mushoku2006さん

文句のほうが目立ちますからね。
「景気が良くなっていない!」という意見のほうが記事として読まれやすいというのがあるのではと思います。

実際にはいまだに自分を中流とみなしているとか現状に満足している人が多いという調査も見かけますし。

高度成長期やバブル期の頃でないと好景気と認めない人は多いんでしょうね。
成長率ではこれらのレベルは不可能でも、物的精神的両面での豊かさという意味ではこの時からだいぶ良くなっていると思うんですけどね。
[ 2017/10/14 23:41 ] [ 編集 ]
その通りですね。

大きな幸運や突出した才能がなくても、誰でも計画的にセミリタイアを実行できるようになったのは豊かになった証拠でしょう。

ただ、生活の質を上げることではなく、キャッシュフローを大きくすることを豊かさと考える人には、今の豊かさが理解できないんだと思います。
[ 2017/10/16 07:20 ] [ 編集 ]
>とみーさん

>誰でも計画的にセミリタイアを実行できるようになったのは豊かになった証拠でしょう。

そうですよね。
セミリタイアの広がりは国の豊かさの一つの指標だと思います。

>キャッシュフローを大きくすることを豊かさと考える人
確かに分かりやすい豊かさですからね。
昔の生活を美化してる人も多いのかなと思います。
[ 2017/10/16 23:24 ] [ 編集 ]
自民党、希望の党は、新自由主義だ
改革ばかりやってるぞ自民
金金で、効率ばかりを求めてるし
認識が逆です
[ 2017/10/26 18:26 ] [ 編集 ]
>おかしいだろさん

自民党が改革をやって効率ばかり求めていると認識しているんですか?
私には驚きですが、そう考えるような人もいるんですね。

確かに立憲民主党のような人たちはそう主張しているみたいですね。
私には国民からの富を奪い非効率な社会を目指すという点では両党とも変わらず、奪った富をだれが分け合うかが違うだけのように見えます。
[ 2017/10/26 19:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方