人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

経営者は年金を返上すべきではない

先週は少々ドタバタしていてブログの更新をお休みしました。


小泉進次郎さんがこども保険の財源として経営者などの富裕層に年金の返上を呼び掛けたそうです。
小泉さん、あんたもかという感じです。

こども保険の是非はおいておいて、権力を持つ政治家が強制的に寄付を求めることを小泉さんは何とも思わないのでしょうか。
あまりにも権力を持つものとして意識が低すぎます。
こんなことをされたら経営者は応じるしかないでしょう。
応じなければ政治家やマスコミはあいつは金持ちのくせにケチだとか、あの会社からは商品を買わないだとか攻撃するでしょう。
義務ではないことをお願いという形で強制するのはやくざと変わらないし、現代社会で最も大事な権利である財産権と自由の否定です。

それにしても金持ちなどの他人から盗めばいいという風潮は何なんでしょう。
何もかも国家が保証すべきという国家への依存や自立心の無さは何なんでしょう。
自立した個人が競争することよりいかに他人から金を盗むかに熱心な社会が豊かになれるとも思えませんし、自由な社会になれるとも思えません。
そういう共産党的な発想は最終的には権力を持つものが恣意的に他者を抑圧する社会になります。
自由競争の一番の利点は効率的な社会ではなく、恣意的な権力の行使を権力の分散によって防ぐことではないでしょうか。
国家への依存は国家による抑圧をまねきます。

小泉さんが強制的な寄付にまで言及せざるを得ないのは国民負担を増やすのが難しくなっているからだと思います。
国家が権力の源泉として歳出を増やし続けてきて、国民の側も国家への要求を求め続けてきました。
しかし国家の歳出のためには未来世代への借金か国民負担を上げるしかありません。
これらも国民が不満を言い始めるレベルにまで来てるのでしょう。
消費税を上げることにもこれだけ苦労しているのですから。
1000万程度の収入での負担でさえ結構大きいですし、富裕層への増税も限界があります。
なので次は強制的な寄付のお願いということになるのでしょう。
国家が歳出を増やし続け、規制を守り続けてきて非効率的な社会を生み出してきた結果です。

政治家が経営者に年金の返上を求められれば大半の経営者は応じるでしょう。
応じないことの不利益がはるかに大きいからです。
しかし私は応じるべきではないと思います。
社会的成功者にはそれ相応の責任があると思っています。
この場合は財産権を守ることと、恣意的な権力への抵抗です。
これは個人としての利益ではなく社会的な利益のために年金の返上を拒否すべきだと思います。
こういうところから国民の権利は崩されていくものです。
寄付したいのなら別のところに自主的に寄付すべきです。

NHKの受信料徴収もそうですが、国家がやくざのように力によって不当に財産を奪うときにはできるだけ抵抗すべきではないでしょうか。
そうしないということはやくざが蔓延る社会を認めるということになると思います。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/09/16 11:50 ] 社会 | TB(-) | CM(6)
えー、そうですか?私はもし老人になって年金なしで生活できるメドがついていたら返上しても良いと思ってるんですけど。
[ 2017/09/16 14:44 ] [ 編集 ]
>さいもんさん

自主的な返上ならいいことだと思います!

私もかなり余裕がありそうなので生きている間に寄付をしようかと思っています。
ただ私は国の歳出をこれ以上大きくするのは国家権力を増大させすぎると思うので母校の奨学金に寄付しようと思っています。
[ 2017/09/16 19:39 ] [ 編集 ]
よく分かりませんが公的な返上と私的な寄付だと性格が違ってくると思います。

寄付だと控除があるのでいくらか返ってきますし、寄付先は任意に選べるので間接的な見返りはあるかもしれません。

年金を受け取ってまた寄付していう手続きを踏むと事務手続きも往復でかかります。返上だとリターンはゼロで、見返りは名誉ぐらいでしょうか。

まあいろんな考え方もあると思うので、単に選択肢を増やすだけで強制が無いのなら良いのかなと。別に小泉さん支持でも無いし批判でも無いのですが、とにかく選択肢を増やしてゆるくして可能性をさぐれたらなあと。
[ 2017/09/16 21:21 ] [ 編集 ]
>さいもんさん


少し記事の内容とは違う話になっていますが、私もそう思います。
国の歳出、国が運営する保険に対する寄付であろうと私的な寄付であろうとその人が望む寄付を簡単にできる制度があるのは良いことです。
システムにコストが掛かりすぎては困りますが。
[ 2017/09/17 00:08 ] [ 編集 ]
記事をUPされてから、
かなり時間が経ってしまいましたが、
これまた記事の趣旨に同意です。

どうして頑張った人からむしり取ろうと考えるんですかねえ?
卵を産もうとする鶏からやる気を奪ってもアカンと思うんですけどね。
[ 2017/09/23 17:28 ] [ 編集 ]
>mushoku2006さん

金持ちはずるいことしたから金持ちなのだと思っている人が多いんでしょうか。
いつの時代も金持ち優遇だというフレーズがありますからね。
私からすると最近の金持ちは可哀想だと思ってしまいますが。

頑張る人がいるからこそ新しいサービスが生まれ効率的な社会になって、多くの人に恩恵が生まれると思うんですけどねえ。
やはり人は絶対的な豊かさよりも相対的な貧困のほうが許せないんでしょうか。
[ 2017/09/23 20:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方