人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

自分だけが損してる

実験経済学だったかと思うんですが、プロジェクトに参加してもらって終了後に自分がどれだけ貢献したかと問う実験があります。
すると8割の人が自分は他のメンバーより貢献したと自己評価するそうです。
もしこれが会社だとするとおそらく2割ぐらいのメンバーにしか高評価が与えられないでしょう。
評価基準が年功序列から実力主義になるときに正当に評価されないという不満が出てくるのは当然の事と思います。
このようにほとんどの人は自分ばっかり損していると思っているのではないでしょうか。

自分が損しているという感覚は2種類あると思います。
一つは自分が正当に評価されていない。
もう一つは自分が本来受ける権利を他者に奪われているというものです。

自分が正当に評価されていないというケースの多くは実際評価に値しないということなのでしょう。
もちろん会社であれば社長がワンマンで評価基準が自分のお気に入りかどうかというようなことも多いと思います。
でもその場合は自分が採用する評価基準と実際に適用される評価基準のずれの問題です。
適用される評価基準に自分で合わせるか、自分の評価基準と合う会社に転職すればいいだけです。
自営業であれば評価のずれの問題は起きません。

自分が評価されないと考えるタイプにはその代償を求めて自分が所属するものへ自己を拡大するケースがあります。
一流大学出身だけれど現在の自分が評価されていないことで学歴への評価を求めるようなケースです。
あるいは右翼系のように日本に自己を投影して日本のすごさを主張したり、他国をさげすむケースもあります。
このあたりはルサンチマンが原因となっているのでなかなか解消しがたいものがあります。

もう一つの自分が本来受ける権利を他者に奪われているというものは困難な問題を抱えています。
損している自分と得している他者という分断が起こるからです。

非正規社員が正規社員と同等の責任の仕事をしている場合でも待遇が低いとされてます。
これは雇用制度に守られた身分制度であり他者に権利を奪われていると言ってよいと思います。
労働組合や厚生労働省は断固としてこの身分制度を維持しようとしています。
自分たちが不当に利益を得ているのですから当たり前の話でそう簡単には既得権益を崩すことはできません。
奴隷は奴隷のままでいろと言っているようなものです。

ところで正規社員や公務員への身分的特権に対して頑張って勉強してきたのだから当たり前だという言い方を目にします。
市場主義では直近の仕事の実績から期待される成果に報酬が与えられるのに、1回の入社試験などで特権的身分を得られるという発想が不思議です。
またキャリアを除いて公務員試験のような高校生レベルのしょぼい試験を通ったぐらいで身分保障しなきゃいけないのはおかしなことですし、正規か非正規なんてその時の社会的、個人的環境にも左右されます。

アメリカ大統領選やブレグジットなどで見られたように、自分たちの仕事や富を移民が奪っているというような場合だと社会の分断はより大きくなります。
移民の貢献も大きいはずですし、おそらく社会全体として得られる利益としては移民を受け入れたほうが大きいことが多いでしょう。
しかし社会の変容により不利益を被る階層は必ず出てきますし、肌の色などのような目につく存在は責任転嫁の対象とされやすいものです。

このような問題は独立した個人が参加する市場や国家が成立するまでは解決されないのでしょう。
得られる利益は市場に参加した結果によるものであり、その人の属性ではないことが当たり前となる時代はあとどのぐらいでやってくるのでしょう。
現在は正規雇用という身分保障や国籍、人種による特権的な利益の要求が当然と考える人が多数派のようです。

さて私も自分だけが損していると考えがちです。
しかし当然そんなことはあるはずがなく日本人という特権的な身分を持っていますし、結果的にリタイアできるだけの資産も築けました。
トータルでは自分は得しているはずです。
少なくとも生活に困っているわけではない人にはそのようなルサンチマンを抱える権利なんてないと思っています。
そのようなルサンチマンを抱えた瞬間に現在を変えようとする努力よりは、他者への非難だけで自分で何とかしようとしない停滞があるだけです。
もちろん自分のルサンチマンからではなく、肥大化する政府や反市場主義、反自由主義的な政府への非難などはよいと思いますが。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/08/19 19:01 ] 社会 | TB(-) | CM(10)
こんにちは。いつも楽しく拝読してます。
自分だけが損してる…
ですね。

僕も悲観的思想なので、
そう思ってしまいがちです。
それに、そう思ってしまうのには、
【周りから、そう言われる】というのにも原因があります。

「いい高校出てるのにもったいない」
「車を手放すだなんて気の毒」
「家は自分で買うこともできず、親のを相続」
「まだ40歳なんだから、人生挽回したいと思わなくちゃ」
「まるで定年退職したおじいさんと話してるみたい」

いろいろ言われると、自分って損してるんだ…、って思ってしまうんですよね。
反論できるようになるまで、まだまだ時間がかかりそうです。
[ 2017/08/19 21:00 ] [ 編集 ]
>コンタさん

こんにちは。

>【周りから、そう言われる】というのにも原因があります。

ネガティブなことを言われるとだんだんそれに感染してしまうというのは分かります。

何を言われようと反論する必要もなくスルーしておけばいいのだと思います。
結局人は限られた選択肢の中で生きるしかないので、他人が人の人生を判断することなんて不可能ですから。
せいぜい他人を否定することによって自分の正しさや自分の相対的な優位を確認したいだけのことです。
[ 2017/08/20 00:15 ] [ 編集 ]
執着がなければ損得は全て単なる表裏ですね。
[ 2017/08/20 01:48 ] [ 編集 ]
>yさん

うーん、深いですね。
[ 2017/08/20 23:36 ] [ 編集 ]
こんばんわ

 自分の手の内にあることだけで満足しないと幸せになれないと古の人は言っています。他人が評価するかどうかは自分の手の内ではなく、それをあてにするとたちまち不幸になるとのこと。
[ 2017/08/22 21:05 ] [ 編集 ]
>マークさん

本当にその通りですよね。
真理なんですけどそれを実際に行えるのは難しいんですよね。
私もたまに他人の評価に委ねてしまいます。
[ 2017/08/23 00:11 ] [ 編集 ]
高校生レベルは正確でないです。リンク先を見てください。また身分保障は、自由と機会を奪うことで、自分たちの特殊世界を維持しているのであって、ノンキャリアのためではないです。 http://www.gakuji.keio.ac.jp/life/shinro/3946mc0000003d8t-att/5_saki2016.pdf
外部登用を排除して、自分たちの組織を確保している
[ 2017/08/23 23:09 ] [ 編集 ]
>ななしさん

>高校生レベルは正確でないです。

地方上級や国家二種は大卒程度というのは誰でも知っているという前提で書いてしまいましたが、もちろん正確ではないです。
試験の難易度からすると少し賢いレベルの高校生であればすぐに準備できるという程度の意味です。


>身分保障は、自由と機会を奪うことで、自分たちの特殊世界を維持しているのであって、ノンキャリアのためではないです。

仰ることの意味がちょっと理解できませんでしたが、ノンキャリの公務員が普通の会社員と比べて身分保障が相当強いことは確かでしょう。
[ 2017/08/23 23:42 ] [ 編集 ]
キャリアの特権のためにもノンキャリアは必要な要素なのです。組織ヒエラルキーがなくて特殊世界は維持できません。民間企業のようにフラットな全員競争なら別ですが、絶対にそうはしない。ノンキャリアは身分保障に甘んじていたい訳ではなく、公務員が得られるスキルは特殊技能のため民間企業に転職しようにも出来ないだけです。これを活性化させるには民間企業のように競争させることです。
[ 2017/08/24 00:54 ] [ 編集 ]
>ななしさん

なるほど、制度的なことでのノンキャリについてですね。
私もそう思います。
なぜ最初の試験でキャリアとノンキャリアを分ける必要があるのか私にも理解不能です。
民間のように少しずつ選抜していったり、途中での挽回を認めるような方式を取らないのが不思議ですが、おっしゃる通りそういう制度がキャリアにとっては都合が良いだけの事でしょう。
[ 2017/08/24 01:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方