人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2017年5月のお奨め本

2017年5月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・経済思想入門 (松原 隆一郎)

経済思想の入門書です。
前半は経済学の歴史をヒュームから解説しており、後半は貨幣やグローバリゼーションといったテーマごとの解説をしています。

それほど分量は多くないですが、代表的な経済学者を取り上げ背景となる社会状況からどのような学説が生まれたのを丁寧に解説しています。
経済学は例え理論でも学者の思想や社会背景を強く反映するものであることが分かるでしょう。
基本的な知識は必要ですが、読みやすいので躓くことなく読み進められると思います。
後半の各論は少し物足りなかったですが、各テーマについてどのように考えていけば良いかよくまとまっているので入門としては良いと思います。

内容は非常にオーソドックスですので復習や基本的な経済学の知識を学んでからの次の本としてお薦めです。




・プラグマティズム入門 (伊藤 邦武)

パース、ジェイムズ、デューイといった初期から戦後のクワイン、ローティ、パトナムの戦後の思想、そして現代のプラグマティズムまで射程に入れた入門書です。
入門書のレベルを少し超えているかもしれません。

素晴らしい本だと思います。
プラグマティズムを道具主義という訳語のイメージしか持たない人にはぜひ読んで欲しいです。
それまでの形而上学的な哲学の批判、特に反デカルトとして生まれたプラグマティズムは現代でも多様な展開を見せています。
真理や確実な知識といったものを考え直さなければならないのではないか。
普遍といったものはなく信念の体系でしかいないのか。
しかしそれでは単なる自国中心主義的な発想であり普遍的な信念がないとどのように前に進めるのか。
哲学の格闘はまだまだ終わらないようです。




・極大射程 (スティーヴン・ハンター )

ベトナム戦争で伝説的な実績を残した狙撃手スワガーは負傷して退役後は田舎で静かに過ごしていました。
ある時最新の弾丸の試射を依頼されますが、実際には別の仕事を依頼されることになります。
しかし仕事を引き受けたスワガーは巧妙に仕掛けられた罠にかかり命を落としかけます。
そしてスワガーの復讐が始まります。

いやあ、面白いです。
敵との頭脳戦、狙撃シーンのカッコよさ、スワガーの男っぷりと完全無欠ぐらいの強さ。
他の敵味方の登場人物もしっかりと存在感があります。
結末も爽快でした。
久しぶりにツボをつかれてしまいました。


関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/06/04 13:01 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方