人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

正義が溢れる

先日右翼と左翼の街宣を少し聞いていました。
両方とも従軍慰安婦問題について触れていました。

右翼の街宣はあまりに幼稚な小学生レベルの論理に驚愕しました。
いや小学生でもこいつ馬鹿なんじゃなかろうかと思うレベルです。
あの演説を聞いてまともな知能を備えた大人が共感することがあるのかかなり疑問でした。
右翼の街宣を聞いたことのない人は一度聞いてみるとびっくりすると思います。
もう一つ感じたことは右翼系の人は怒りを原動力にしていることです。
自分たちや自分たちの国、民族が他国に権利を侵害されたり、いわれのない非難を受けていることに対する怒りです。

怒りを原動力にすると不幸なことになります。
解消できることのない怒りが一生続くからです。
さらにはそのような情動で生きている人は周りからも評価されずに余計に鬱屈したものがたまるでしょう。

一方左翼の演説を聞いていると事実関係はともかく一応筋の通った主張をしていました。
どんなことであれ正義は必ず少しは存在しておりそれを全体化する主張をされると原理的には反論できません。
彼らは社会の現実的なあり方には興味ないし世の中はベターな方向を目指すしかないということは理解しようとしません。
安全対策はコストとベネフィットで決められなければいけませんが、正義にも無限のコストを求める人がいます。
落としどころというものを拒否すれば正義を叫び続けることができます。
しかし全体としてより良い世の中を目指すしか方法はなく、すべての正義が果たされる社会など神の国ぐらいです。
ある正義を果たすためにそれ以上の犠牲を世の中に求めることは間違っているでしょう。
ある正義を果たすために正義とは正反対のことを引き起こすことも間違っているでしょう。
労働組合も共産主義国も理念としては正しいことばかりです。
しかしそこから生まれるのは正義とは思えないことばかりです。

左翼は怒りというよりは正義を原動力にします。
正義を求めること自体が生きる目的になると人生は充実します。
現代社会では右翼的、情動による怒りは馬鹿にされるかもしれませんが、論理的には筋の通る正義の論理には反論しにくいのは事実です。
たとえ周りに朝日脳などと馬鹿にされても自分の論理の正しさを信じることができれば問題ありません。
自分が正義の立場に立つことはカタルシスほど気持ちの良いものはないのでしょう。
世の中はうまくいかないことばかりなので正義を叫ぶ機会などいくらでもあります。
震災や格差、過労死、原発、安全安心の問題、果ては政治家の失言や芸能人の不倫問題まで。

そして世の中には正義が溢れます。

もっとのんびりとして緩い感じで少しだけより良い明日を目指してほしいものです。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/04/29 13:47 ] 社会 | TB(-) | CM(2)
招き猫の右手
右翼のスタイルでスキンヘッドに特攻服ってちょっと引きますよね。
主張もがなりたててるだけでただ乱暴なだけ。
ただ一説によるとああいう稚拙な街宣右翼というのは日本人に愛国心を持たせないために反対側の勢力がなりすましてやってるんだとか聞いたことがあります。
本当かどうか知りませんけど。

僕はいずれ国歌という概念が無くなっていくんではないかと思っているので右翼も左翼もどちらもどうでもよく、傍観してますね。
[ 2017/05/02 10:17 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

>日本人に愛国心を持たせないために反対側の勢力がなりすましてやってるんだとか聞いたことがあります

冗談なんでしょうけど、そう信じたいほど幼稚なんですよね。
主義主張はなんでもいいんですけど、あの人たちの子供とか大丈夫かと思ってしまいます。

>いずれ国歌という概念が無くなっていくんではないか

最終的にはそうなるのでしょうが、最近の世界を見ていると国家とその象徴はしぶとく生き残っていくんではないかと思っています。
グローバル社会が進むほどそれに反対する人が強く主張し始めたように。
[ 2017/05/03 00:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方