人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

国歌、校歌、部歌

小学校や中学校の時に校歌をよく歌わされていましたか?
私の学校ではやたらと歌わされました。
さすがに小中学校の校歌の歌詞は全て覚えていたと思います。

讃美歌や軍歌などのように人々を高揚させて一つにまとめるには歌は昔から重要で効果的なツールでした。
現在でも甲子園で勝利チームが校歌を歌う姿やオリンピックで君が代が流れると感動する人が多いようです。
歌が何らかのシンボルとなり歌うことによって身体にそれが流れ込んでくるのでしょう。

私はと言えば中3ぐらいには校歌を歌うことはなくなりました。
馬鹿らしすぎてあほちゃうかと思っていました。
小中学校では君が代斉唱はなかったような気がします。

高校に入るともちろん校歌なんて一切覚える気がなくメロディーも頭に入っていませんでした。
高校では君が代斉唱がありましたが、きみがあよーはまでしか知らないのでそこからはボーっとしていました。
学校で国旗掲揚や国歌斉唱とその拒否の議論がありますが、どっちでも今時の生徒に影響を与えることはないんじゃなかろうかと思います。

大学では体育会に入ったのでこれまた部歌と学歌を歌う機会がしょっちゅうありました。
飲み会のたびに最後に皆で肩を組み部歌と学歌を歌うのです。
歌い終わった後は「フレー、フレー、○○大学」とやります。
まさしくあほです。
私はずーっとこいつらあほちゃうかと思っていました。
何で私は青春をこんなくだらないことに時間をかけたのでしょうか。
試合でも大した成績を残せなかったくせに。
定期戦があると毎回飲み会があるのですが、これも最後に参加大学が順番に部歌を歌い、「フレー、フレー」
とやります。
これが終わるとビールを持ってみんなで叫びます。
興奮状態なんで椅子を投げ合ったりしてしょっちゅう大学生協の人がマジ切れしてました。

そして私は部歌も学歌も最後まで覚えませんでした。
もしかすると部で私だけが最後まで鼻歌で通したのかもしれません。
信念をもって覚えなかったわけではなく、覚えることが面倒だったのと皆が歌うのを聞いても本当に頭の中に全く入ってこなかったのです。

歌によって一体感を醸成することを否定するつもりはないのですが、どうにも私はそのような場に置かれると息苦しくてしょうがないようです。
スポーツのチームメイトならまだしも学校、社会、国家というような抽象的なものとつながることへの拒否感が強いです。
世の中にはつながりたい人とつながりたくない人がいます。
道徳教育で教育勅語がどうのこうのとか震災などを通じて絆とかを見ているとやはりつながりたい人のほうが多数なのでしょう。
大人になればつながることを拒否できますが、子供の頃は学校があるのでつながりたくない人には生きにくい世の中です。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/04/22 11:12 ] 社会 | TB(-) | CM(4)
こんにちは

 所属が一切なく耐えきれるかという問題と関係があると思います。所属はしているが、一体感までは不要という人もいますし、希望の学校に入れて嬉しく皆と何かを共感したいという人もいます。
 程度問題かなと思います。自立(自律)できれば、所属はあまり必要でなくなると思いますが、それでもネットで社会の様子や会話をしたいという欲求はあります。行き過ぎもよくないですね。
[ 2017/04/25 21:48 ] [ 編集 ]
>マークさん

結局何らかの組織に所属するということが自由な選択であれば問題ないのだろうと思います。
そうであるなら極端でも特に問題はないのかなと思います。
私の場合は極端に所属することを嫌いますが、今は晴れて無所属になって精神的にすごく楽で生きやすくなった感ががあります。

就職と一緒で問題になった体育会系の電通のような会社とフリーランスのような一匹狼を選択できるということが大事ではないかと思います。
そして両極端の間に多様な会社があればそれだけ所属の自由が広がります。

国は簡単には選べないですけどね。
[ 2017/04/25 23:49 ] [ 編集 ]
招き猫の右手
教育システムはその後の社会人を育てる一環として存在しているので、
もしかしたら組織に無批判無意識に従う社畜養成のために校歌などをうたわせているのではないか、と思っていました。
全員が統一感をもって一定の方向を向く、というか、やれと言われたらやるという人材育成。
労働集約型の製造業中心の日本では有効な方法だったのかな。
[ 2017/05/02 10:04 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

>労働集約型の製造業中心の日本では有効な方法だったのかな。

製造業が強かったのは学校、企業での教育システムが一因なのでしょうね。
これからは国からの押し付けは有効でなくなるでしょうし、そういうい企業はすでにそっぽを向かれ始めてもいると思います。
それでも政府は意味不明な道徳などにこだわっているようですが。
[ 2017/05/02 23:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方