人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

アーリーリタイアに向けられる否定的な言葉

リタイアしてから色々な人にリタイアしたと言いました。
6割がそれほど興味なし、3割が結構食いつく、残りが否定的な反応という感じです。

常々不思議に思うのですが、他人の生き方に対して支持したり反対したりする人の気持ちがよく分かりません。
自分が望んでいるような生活をしているとか、自分の生き方に似ていると感じるところまでの反応は分かります。
しかし、他人の生き方は他者が支持したり、ましてや否定するような類のものとは思えません。

さてリタイアに対する典型的な否定的な反応は「仕事しないで何をしているの、やることもなしに無為に時間を過ごしてどうするの」というものです。
これこそ人の勝手としか言いようしかないことです。
私はこういわれたときに答えるのは大体こんな感じです。

あなたは限られた人生の残り時間と引き換えにしてもいいほど自分にとって素晴らしい仕事をしているんだと思う。
私は有限な人生と引き換えにしていいほどの仕事に恵まれなかったのであなたが羨ましい。
でも死ぬまでに仕事以外でやりきれないだけのにやりたいことがあるから心配しなくても大丈夫だし、リタイアして明らかに人生の充実度、幸福度が上がっている。

次に言われるのは「日本社会で生活している以上は一定年齢に達するまでは仕事をして社会に貢献するべきだ」というものです。
これはなかなか説得力のある言葉です。
社会の恩恵を受けている以上は貢献もしなければならないのは当たり前かもしれません。
私は次のように答えています。

私は自由主義と市場主義こそが、他人からの抑圧を失くしてきたし、豊かさを達成してきたと考えている。
社会は個人のためにあるのであって、それがうまく機能するためのルールが市場主義だと思う。
無条件で働けというのは自由主義と市場主義に反している発想だし、個人は社会のためにあるとして他人への抑圧につながるのではないか。
自分の好きなタイミングで市場から対価を得て、好きなタイミングで市場を通じて対価を支払うというのがリタイア者の発想であって、それが市場を通じて社会に貢献し、リタイアという恩恵を受けるということではないか。
無条件に社会に貢献しろという発想では現在のような自由で豊かな社会は実現できなかったはずだ。
他人から盗んだり、親からの相続でもなくきちんと働いたり資産運用で稼いだ金でリタイアするのは何の問題もなく、もっと社会に貢献しろという言われる筋合いもない。
それを言い出すと仕事する期間から職種まですべてが問われることになる。
例えば東大を出て芸人を目指すのは社会に貢献していないので官僚になったり大企業で高付加価値な仕事をしなければいけないということになる。


人は自分の生き方や考え方と異なる人を否定しがちです。
そして否定の方法として社会という曖昧なものを持ち出し、自分の正当性を取り繕います。
おそらく個人と社会との線引きができないのでしょう。
自分の存在そのものを社会とを混同してしまっているのではないでしょうか。
しかも自分の考えを投影する形で社会を妄想してしまっています。
右翼的な人が無条件に自分と社会、日本とを同一化できるのと同じです。
しかし現代社会の個人が求められているのはそのような曖昧な存在の社会との安易な同一化ではなく、自由な個人、市場主義と公正なルールといった現代社会を支えるインフラの役目を果たしているものへの理解と支持なのではないかと思います。
そういうことを理解している人は社会的ルールを守っている他人の生き方にとやかく言うことはないでしょう。
そして現在ではそういう考え方の人の割合がかなりを占めてきているのではと思います。
実際に私に否定的なことを言った人はほとんどが古い発想の中年以上が多かったです。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/03/25 12:37 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(12)
人間の価値とは存在そのものであって職業の有無や収入の多寡や財産によるものではないということです
人間の価値をそういう外的要素に依存している人たちは定年後に心の支えがなくなるのでしょう
生きているだけで消費を通じても一定の社会貢献をしているわけです

人の人生否定してもその人は1ミリも変わることはないわけですから
何の目的があるのでしょうか
よくわからない優越感に浸りたいだけなんでしょう
[ 2017/03/25 13:14 ] [ 編集 ]
仕事に恵まれなかった。とのことですが、これだけの能力、歴を持っていたら、満足のいく仕事なんてそう多くはないのかもしれません。

これから先、定年がなくなるともいわれているため、いつ仕事をリタイアするのは自分自身であるという日が来るのではないでしょうか。現在、年齢の高い人は社会から退場していきますし。これから先は普通と思われていた考え方も変わっていくでしょうね。
[ 2017/03/25 21:32 ] [ 編集 ]
こんばんは。
らいくむさんのことを妬んで否定的な言葉を並べる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
人に迷惑をかけなければ、生き方は自由だと思います。
[ 2017/03/25 22:17 ] [ 編集 ]
>とまさん

その通りだと思います。

>人の人生否定してもその人は1ミリも変わることはないわけですから

何でこういう人たちが多いのか不思議ですね。

>人間の価値をそういう外的要素に依存している人たち
>よくわからない優越感に浸りたいだけなんでしょう

やっぱりこういう人たちなんでしょうね。


>きんたろうさん

>仕事に恵まれなかった

ちょっと書き方が悪かったです。
仕事自体は恵まれていたのですが、私自身が仕事というものに向いていないというか、興味がわかないんです。
でも妙に責任感もあるので人並み以上に頑張っては来ました。

>いつ仕事をリタイアするのは自分自身であるという日が来るのではないでしょうか。

そうでしょうね。
それにまた仕事をしたくなったら簡単に復帰できるようにもなってほしいですね。


>ぼぬーるさん

>妬んで否定的な言葉を並べる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自由に生きているように見える人を否定したがるのは自由だと思えない人たちの妬みなんでしょうかね。
1度しかない人生なんだから他人の人生を羨ましがったり、否定したりする暇があるんだったらもっと自分の人生を楽しめばいいのにといつも思います。
[ 2017/03/25 23:46 ] [ 編集 ]
こんにちは

 リタイアしたくても、お金が無くて働かねばならない人がほとんどなので、笑って流すのがいいと思います。
 私はあと1年で退職するつもりですが、人間関係が濃いめの環境のため、さらっと退職できるか心配しています^^。
[ 2017/03/26 06:36 ] [ 編集 ]
日本の場合、一度働くことを辞めたら同条件で戻るというのが難しいです。だから、みな同じ会社を辞められない。まして、病気じゃないのに辞めるなんて聞いたら否定論もでてくるはずです。


働くことに関して、辞めたり戻ったりが簡単にできたら病気になったり、少し疲れた場合に生きやすいのになと感じます。

[ 2017/03/26 14:30 ] [ 編集 ]
僕もリタイアしたことを周囲に言いまくっているのですが、意外なことに否定的な意見は少なかったです、ほんと1割いるかどうか。
それこそ半分くらいは働け働けの同調圧力が来るかなと構えていたんですが、そんなにいなかったわけです。
らいくむさんが本文中で書いてるような事を感覚的には多くの人が理解してるのかもしれません。
やはり老害的な人に否定者が多いですね。
あなたは人生の残りの時間で全ての事を犠牲にしてでも打ち込める仕事があっていいね、はなかなかいい皮肉ですね、僕も使おうかな。
[ 2017/03/26 23:22 ] [ 編集 ]
>マークさん

正直上から目線で受け流してしまっています。
1年で退職予定ですか。
楽しみですねえ。
私も退職時にちょっと揉めたことはありますが、適当にあしらえば大丈夫ですよ。

>ぽんさん

>病気じゃないのに辞めるなんて聞いたら否定論もでてくるはずです。
やっぱり羨ましいだけなんですかね。

自由な働き方が認められるのが一番大事ですよね。
数年間休んだり、時短で働いたりできるような社会になるには労働規制の緩和だと思うのですけどね。

>招き猫の右手さん

確かに否定的なことをいう人が予想より少ないですね。
やはり時代が変わってきたのでしょうね。
うちの親も古いタイプの人間だと思っていたんですけど、それほどは反対しなかったですし。
そういえば高校時代の先生がえらくリタイアを羨ましがっていました。
[ 2017/03/27 00:33 ] [ 編集 ]
人は自分の存在価値を脅かすものに否定的になる気がします。
どのようなことがその人の存在価値にかかわってくるのかは、その人の人生観などによるのでとても複雑です。
自分というものをしっかりと持っている人であるならば、
思いやり(相手を切り捨てずに理解しようと努力する)を持って
接するのが良い気がします。


[ 2017/03/27 01:56 ] [ 編集 ]
>おけらさんさん?

>人は自分の存在価値を脅かすものに否定的になる気がします。

本当はそんなことないのにそう感じる人が多いのは理解できます。
特に自分がマジョリティと思っているタイプの人はそう感じるんでしょうね。
アメリカのような移民社会も同じようなことなのかなあと思います。
[ 2017/03/27 23:41 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。

「あなたは限られた人生の残り時間と引き換えにしてもいいほど自分にとって素晴らしい仕事をしているんだと思う。
私は有限な人生と引き換えにしていいほどの仕事に恵まれなかったのであなたが羨ましい。」
私もこれパクらせてほしいです。

私の場合頭から否定する人は少なかったですが、やはりツッコミをいれられました。「で、何やってんの?」「生活はできるの?」のセットです。
男性は前者後者の順、女性はその逆。やはり女性は現実的だな、と。
[ 2017/03/28 18:06 ] [ 編集 ]
>けんたろうさん

>私もこれパクらせてほしいです。
あれ、意外といい返し方だったみたいですね。

>男性は前者後者の順、女性はその逆。やはり女性は現実的だな、と。
なるほど。面白いですね。
男性のほうが自分のやることに意味を見出したがるんでしょうね。
大抵の場合は女性のほうが考え方に柔軟性があるように感じますね。
[ 2017/03/29 00:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方