人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

様々なアーリーリタイア

アーリーリタイアもだいぶ認知度が上がってきたように思います。
しかし世間的にはまだまだメジャーではないので十把一絡げのような扱いです。
ブログなども見ても一つのカテゴリーでくくれるような同質性はありません。

アーリーリタイアをグループ分けするときにはどのような指標、判断基準があるのでしょうか。

1、40歳リタイアの場合の資産額

・8000万円以上
これだけあれば大分余裕の持ったリタイアではないでしょうか。
月に20万以上の生活ができますし、大抵のことには対応できそうな資産額です。
20年間で平均400万円貯めればいいので総合商社などの給与水準の高い会社であれば十分可能な額です。
資産運用がうまくいけば高所得者でなくても十分可能でしょう。
実際に8000万以上の資産の人はブログなどを見てもそれなりにいるようです。
しかし考えてみるとこれだけの資産を形成しないとリタイアしないということは慎重すぎるか、ある程度の生活を望んでいるかということです。
リタイアの意識がそこまでは強くないから資産を増やし過ぎたと言えるのかもしれません。

・5000万円
これぐらいが若干余裕のあるリタイアという感じで理想ではないでしょうか。
それほど節約に励まなくても逃げ切れるかなと思います。
簡単な額ではないですが、平均的な収入プラス副業か資産運用で何とかなる額だと思います。
実際にリタイアした人たちもこの層が多いのではないでしょうか。

・3000万円以下
以前リタイアに必要な金額を試算した記事を書きましたが、その時の額が3000万円強でした。
私は3000万円でも十分リタイア可能だと思っています。
きちんと節約すれば簡単なバイト程度で十分やっていけますし、大抵の事には対応できると思います。
そもそも世間一般の人でこれほど資産を持っている人は少ないですからね。
3000万であれば20年間、平均150万の貯金でいいので高所得でなくても十分現実的です。

2、資産形成の方法

・給与所得
資産形成の基本ですが、収入によって資産形成に回せる額は当然異なります。
平均150万ぐらい回せればリタイアの達成確率はかなり高まると思います。

・資産運用
実際にリタイアに踏み切るほどの資産形成をした人は資産運用がうまくいった人が多いようです。
アベノミクスに乗れた人は一気に資産を増やしたことでしょう。
リタイアできるかどうかの肝は資産運用であることが事実でしょうが、アベノミクスのような幸運に乗れるかどうかは運しだいです。
リスクもあるしマイナスにはならなくてもほとんど儲からないということもあるでしょう。
もちろん資産運用がうまくてアベノミクスに関係なく稼げる人には問題ないでしょうが。

・副業
仕事を持っていてのバイトは難しいかもしれませんが、アフィリエイト、ミステリーショッパー、ポイントサイトであればしている人が多いでしょう。
これらはリタイア後の収入になるのでリタイア前に収入源として確立してしまうと大きな支えとなってくれると思います。
10万ぐらいの副業収入がある人もいるようです。
私はこの類のことは面倒で仕方ないので結局このサイトにアドセンスをはっただけで終わりました。
年間でも2回の飲み代ぐらいしかアフィリエイト収入がありません。
月に1万以上も稼ぐのはすごいなと感心します。

3、リタイア達成年齢

多くの人がリタイア達成の目標を40歳程度としているようです。
大学卒だと20年弱働くことになりますしキリのいい年齢ではないでしょうか。
大抵の人は40歳頃から好奇心が減り、老化を感じます。
人生の残された時間を意識し始めるころなので45歳ぐらいまでにはリタイアしないと現役でのリタイアという感じがしなくなります。
逆に30歳ぐらいでのアーリーリタイアはそもそも現役で働いていた期間が短すぎてリタイアとは言えないのではないかと思います。
私の理想としては35歳ぐらいです。
35歳ぐらいで社会や組織の仕組み、働くということについてある程度理解できたように思います。

4、所得階層

リタイアといえば昔は高収入か株で一発当てた人がするものというイメージがありました。
しかし今では高所得層だけでなく低所得層もリタイアを目指す人が増えています。
ただ所得階層によってリタイアに対する考え方や思考方法はだいぶ異なると思います。
高所得であれば自分に自信を持っている人がいるかもしれませんし、仕事がきつすぎて疲弊している人もいるでしょう。
低所得であれば自分を負け組と思っている人もいるかもしれませんが、今時の若い人は収入-生活費が大事という考えの人が多いようですし、低所得でも生活の楽しみ方も資産形成の仕方も分かっている人がいるでしょう。

5、リタイア後の収入

リタイア後にもバイトやアフィリエイト収入がある人は多いようです。
資産がぎりぎりでやらざるを得ない人も多いと思います。
リタイアを早めたいならばリタイア後の収入を考える必要があります。
ちょっとした刺激や生活のリズムのためにバイトをする人もいます。
リタイアしたんだからもう仕事に時間を取られたくないという人、世間と交わったり刺激を少し受けたいという人、資金的に収入が必要という人がいるのでしょう。
私は現在1日6時間、週3日のバイトをしていますが、結構楽しくやっています。
ただ週3日がぎりぎりです。それ以上だと時間を取られ過ぎになります。
理想は1日5時間、週2日のバイトですね。

6、生活レベル

当たり前ですが生活レベルを下げれば下げるほどリタイアの達成は近くなります。
アーリーリタイアを目指す人の生活はやはり堅実です。
月の生活費が10万から15万程度が多いようです。
アーリーリタイアの中では特殊な層になるかもしれませんが、小屋暮らしの人たちは月5万程度のようです。
生活レベルに関しては節約層、超節約層があるだけで、それほど多様性はないかもしれません。
私は昔から気分によって生活レベルの上下が激しくリタイア後は生活費はかなり落ちていたのですが、今年から跳ね上がっています。
バイト収入が当初の想定よりかなり多くなったので気分が大きくなっているようです。

7、リタイアの理由

・仕事をするのが嫌だから
ブログを読んでいるとこのタイプが多数派のようです。
さらに分けると仕事がうまくできなかったりコミュ障タイプの人がいます。
働く場所に自分の居場所を作ることができないのは確かに辛いと思います。
また働くことを美徳とする社会や会社の風潮を嫌う人に分かれると思います。
少々意識過剰のような気もしますが自分の感覚と一致しないところにいることのしんどさは分かります。

・自分の時間が欲しいから
それほど仕事が嫌いとか辛いというわけでないけれども有限な人生を考えると仕事に費やす時間は最小限にしたいというタイプです。
私もこのタイプで仕事がそれほど嫌だとは思ったことがないですし、仕事から多くのものを得ました。
特に自分でビジネスを作り上げてそれをうまく軌道に乗せることができたときの喜びは格別だと思います。
それでも私は歴史や哲学、生物学、古生物学、宗教学の知識が深まっていくほうが喜びがありますし、ミステリを読んでいるときの幸福感は何物にも代えがたいです。
バックパッカーで世界を見ることの驚きと喜びは残念ながら無くなってしまいましたが。

・ただ何となく
少数派かもしれませんが、気づけばリタイアできるだけの資産ができたので会社を辞めたという人が意外といるようです。

8、社会との距離感

もしかするとこれが一番特徴的なのかもしれません。
リタイアする理由に重なりますが、社会からの疎外感や違和感を感じる人とそうでない人に分かれるように思います。
リタイアブログにはルサンチマンを抱えていてそれの反動、答えとしてリタイアがあるように思えることが多いです。
私自身は何だかんだ言っても今の日本はかなりうまくいっていると思っていますし、この時代に生まれてラッキーだったと思っています。
社会にはあまり興味を持っていないですが、今の日本社会には感謝したくなります。

9、リタイア後の生活スタイル

これは引きこもり派とアクティブ派に分かれると思います。
旅行、趣味、バイト、友人との飲み会などと外に出るのが楽しいタイプとひたすら引きこもるタイプです。
私はバイトはしていますが、断然引きこもり派です。
引きこもっていてもやることが沢山あるのでいつも時間が足りない感があります。
これについては引きこもり派のほうが多い印象があります。
ただアクティブと言っても仕事をしていないわけですから、定期的に外へ出かけるという程度だと思います。
そうすると世間一般からすると引きこもりの部類になるのかもしれません。

思いつくままに書いてみましたが、これらを調べてリタイア志望者、達成者の分布状況を見ると面白かもしれません。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/02/11 15:40 ] アーリーリタイア | TB(0) | CM(9)
こんにちは

 私からすると40歳リタイアは早いような気がしますね。50歳代だと、「少し早いけど会社やめました」で通じるような気がしますが。風貌も老けてきますし。
 ほんの少しでいいから稼げる手段が欲しいですね。今はその準備をしています。
[ 2017/02/11 18:03 ] [ 編集 ]
>マークさん

私は40歳リタイアでは少し遅かったと若干の後悔があります。
40歳手前で仕事を一通り経験して飽きてしまった感がありました。

少しでも稼げれば精神的にも全然違うでしょうしね。
[ 2017/02/11 23:15 ] [ 編集 ]
こんにちわ

>仕事がうまくできなかったりコミュ障タイプの人がいます。
>働く場所に自分の居場所を作ることができない。

私はコレですねぇ・・・。同僚が楽しそうに話していて急にその話を振られても何が楽しいのかわからない。楽しい振りして会話できるほど器用なら・・

はよ2000万貯めてリタイアしたいですわ。
[ 2017/02/13 14:14 ] [ 編集 ]
>ななしさん

私も馴染めない会社にいたことがあって半年で辞めたことがあります。
関西が合わなくって東京に来てからようやく自分の居場所を見つけることができたように思います。

リタイア目指してください!
[ 2017/02/13 23:08 ] [ 編集 ]
私は子供が小学生から高校生までくらいが自分の人生のゴールデンタイムなのでは?と考えています。自分の体力、気力がまだ何とか残っており、かつ子供のめまぐるしい成長を見守るという意味で。

子供の教育費用を考えるとリタイアを遅らせたくなる、だけど時間が消費されていく。。。この落としどころを見つけたときがリタイアのタイミングかと思っています。

ゴールデンタイムが過ぎた際には仕事に復帰してもいいかと思ってますが10年程職場から離れていたおじさんを雇いたい会社があるのか、その頃にはスキル、アウトプットに対して賃金が払われる世の中になるのか。そうであっても10年でのAIを代表する技術革新で現在の手持ちスキルなんて役に立たなくなるのか?

コントロールできるのは自分の身の回りの事だけなので、あまり杞憂せずにさっさとリタイアしてしまいたいものです。
[ 2017/02/14 01:17 ] [ 編集 ]
>YYYさん

子供がいる場合はそうでしょうね。
周りを見ても目まぐるしい忙しさの中にも幸せを感じている人が多いと思います。

子持ちかどうかでリタイアの実現可能性は全く違うと思いますが、子持ちでリタイアを目指すのはすごいなあと思います。
私の子持ちの友人はすでにリタイアできる資産を持っているのですが、教育上よろしくないので子供が就職するまでは働くと言っています。
[ 2017/02/14 09:07 ] [ 編集 ]
y
この先日本でハイパーインフレが起こる可能性ってあるんでしょうか?
蓄えを切り崩して生活するとなると物価、税金、サービスの価格が今後も一定でないと安心出来ないのでなかなか踏ん切りがつかない所です。
[ 2017/02/15 07:37 ] [ 編集 ]
僕は5千万弱ですが、夫婦二人なので一人当たりだと実質2,500万もないですね、資金的にはかなり思い切ったギリギリのリタイアということになります。
幸い仕事がイヤではないのとヒマつぶしに派遣でバイトするようになったので、生活費は別に困らなさそうです。
奥さんの収入があるのも大きいですね。
[ 2017/02/15 21:22 ] [ 編集 ]
>yさん

テールリスクとしては十分あり得るでしょう。
増税、社会保障費カット、マイルドなインフレの組み合わせが一番可能性が高いのかなとは思っていますが。
インフレに限らず介護や病気などのリスクは受け入れるしかありません。
例え働いていたとしてもリスクはそれ程変わらないと思います。
年をとるとリスクが顕在化する確率よりその前に死ぬ確率が高くなってくることを最近痛感しています。

>招き猫の右手さん

夫婦の場合はいざというときの労働を考えるとリスク分散になりますね。
生活費も独身よりは安上がりでしょうし。
暇つぶしにバイトするなら問題ない資産ですね。
夫婦でもリタイアできる好例だなあと思います。
[ 2017/02/16 00:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方