人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

自由と富が奪われていく

近年、国による国民生活への介入が大きくなってきているように思います。
最近では働き方改革なるものが言われ、残業時間や帰る時間、何歳まで働くかを国が指導しています。
会社に対しても投資や給料、雇用制度を当然のように国は様々な要求をします。
日本国民はいつ、どれだけ、いくらで働くかを決める当事者能力がなく国に決めてもらい、会社側も法律や補助金の支給、あるいは単なるお願いに従う必要があるようです。

ふるさと納税やエコポイント、プレミアム商品券などで国が国民の消費生活を指導してやる必要もあるようです。
のどに詰まらせるような食べ物についてもきちんと国が監視をしなければならないですしね。
もちろんたばこやギャンブルなどの対策も国がきちんとしてあげなければ国民は愚かなのですぐに中毒などになります。

国民の側も災害などの安全にかかわる部分もすべて国が責任を引き受けるべきだと求めています。
食品の安全、子供の安全、放射能、市場の地下水の汚染などあらゆるリスクは絶対的であって相対的であることは許されません。
どれだけ費用が掛かっても安心できるまで対策をする必要があります。
母親と子供が何の心配もなく暮らせる国でないといけません。
もし何らかの被害があれば国があらゆる補償をするよう求めます。
もちろん老後の安心も国に求めます。

私は自分のことはできうる限りは自分で決めたいと思っています。
自分の好きな時間、納得する報酬で働き、買いたいときに自分が欲しいものを買いたいです。
結婚するかどうか、子供を作るかどうか、どこに住むかも自分で決めたいです。
国に指導されなくてもそれぐらいの判断はできると信じています。
しかし国の指導に従った場合に何らかの利益が発生するとしたなら、その利益と考量せざるを得ません。
その利益にかかる費用を実際に負担しているのは自分なのですが、それは強制的にサンクコストになっています。

国に何かを求めるということは自分たちの自由をその分放棄するということです。
国が最低賃金を決めるなら雇用者も被雇用者も経営や労働の選択が狭まります。
国が育児制度を隅々まで決めてしまうのなら育児や育児をしながら働く選択が狭まります。
国が特定の産業に過度に介入したり、補助金を出したらその特定の産業は自由を失い、それを利用する国民や企業の選択は狭まりコストも負担させられます。

けれども少なくない人が自由を求めていません。
自由を与えられた場合はそこに個人の責任と努力がどうしても発生してしまうからでしょう。
あるいはそもそも考えるのが嫌なので全て他人が決めてほしいという人も多いでしょう。
自分の恵まれなさを政府や他人のせいにしたほうが楽ですし、努力するぐらいなら他人に負担を要求するほうが楽だし実際に他人から分捕ることができることもあります。
あるいは公務員や大企業の正社員は圧倒的な既得権益がある場合のように現在の利益を維持するために少々の自由を放棄するということもあるでしょう。

自由を求めず国に決めてもらいたいというのも一つの自由なので否定はしません。
国家が生まれてから死ぬまでの生き方のマニュアルを用意してやればよいのです。
問題は自由を求めない代わりに国が自分たちの安全で豊かな生活に国が責任を持つよう要求する人が多いことです。
自由を返上することと富は現代のような経済システムでは両立しません。
国による事業や国民による際限のない要求は効率的で豊かな社会と両立することは有り得ないからです。

自由を放棄する権利の代わりに受け入れるべきものは国による豊かさの保障ではなく、貧乏な生活です。
自由による自己責任を引き受ける気がないのに豊かな生活を求めるのはおかしなことです。

私は自由とそれを基礎とした豊かな社会で楽しく暮らしたいのですが、そうでない人が多いのは不思議でなりません。
基本的には日本と世界の将来を楽観視していますが、最近の日本やアメリカを見ていると不安にもなります。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/01/28 15:50 ] 人生 | TB(0) | CM(19)
「大きな政府か、小さな政府か」という問題だと思いますが、日本は「そこそこ大きな政府」でしょう。
それを望んでいる国民が多いですから。
私も禁煙がウザいくらいで、その他はそれほど不自由に感じることはありません。
この辺は、個人差ですね。

「富が奪われる」という点で困ったものだと思うのは、外国人への国保・生活保護です。
私の掛け金を同胞ならいざ知らず、外国人に施すのは反対です。
こんな国は他にはないでしょう。
[ 2017/01/29 14:08 ] [ 編集 ]
>なすびさん

>「大きな政府か、小さな政府か」という問題だと思いますが、

大きな政府では自由度が低くなりがちですが、自由とはまた別問題となるかと思います。
大きな政府だからこそ国民の自由度を広げることもあります。
また北欧は一般的に大きな政府ですが必ずしも日本より自由度が低いとは言えません。

日本もすでに大きな政府でないでしょうか。
特別会計を含めるとGDPに占める割合はかなりになると思います。
現在は将来世代へつけを回しているのでまだ国民負担は中負担ぐらいで収まっていますが。

>私の掛け金を同胞ならいざ知らず、外国人に施すのは反対です。

私は同胞でも義務を果たさない人には支給しないでほしいですけどね。
[ 2017/01/29 15:10 ] [ 編集 ]
こんにちは

 私は、他人のせいにしてばかりの人の話を比較的よく聞く環境にいます。自分でしっかり稼いで、自分のことは自分で決められる人の割合は少なくなってきていると感じます。完全な自由を手に入れられる人はほんの一握りです。しかし、そういう人も世の中から利益を得て自由になるのであれば、他人のせいにする人たちと付き合う義務があるように日々感じるのです。歳とったせいもありますが。。
[ 2017/01/31 19:23 ] [ 編集 ]
>マークさん

>自分でしっかり稼いで、自分のことは自分で決められる人の割合は少なくなってきていると感じます。

経済成長により国家に頼れるようになった(ように見える)から自分で解決することを放棄する人が増えているのではないでしょうか。
経済的にも人生の選択肢も自由度は10年前に比べるとはるかに広がっていますから。
低所得でも(セミ)リタイアを達成している人が増えているはそういうことだと思います。

>他人のせいにする人たちと付き合う義務があるように日々感じるのです。

私は他人のせいにする人たちと付き合いたくはないですが、経済が発展すればその恩恵を低所得が恩恵を受けらるようにするのは当然だと思います。
また他人のせいにする人たちは少なくないという現実にはおそらく付き合わざるを得ないのでしょう。
[ 2017/01/31 23:36 ] [ 編集 ]
多くの人にとっては、全体的な多少の自由と富より、

隣のよそ者よりもいい暮らしをするほうが、幸福度や満足度が高いと感じるのは
ごく自然な心理でもあり

保護~自由とゆれながら変化していくのも、歴史的には、ごくありふれた現象なのでしょうね。
[ 2017/02/02 05:14 ] [ 編集 ]
>自然さん

>多くの人にとっては、全体的な多少の自由と富より、
隣のよそ者よりもいい暮らしをするほうが、…ごく自然な心理でもあり

そうですよね。
でもそういう他者依存でない自立した個人というのが近代では期待されていたのが一向にそうならないというのも残念な話です。

>保護~自由とゆれながら変化していくのも、歴史的には、ごくありふれた現象なのでしょうね。

生存という意味ではそうだと思うのですが、現在起こっていることは経済発展で自由や自立が可能になった後にそれを放棄することによって生存以上を求めるようになったというのがこれもまた情けないです。
[ 2017/02/02 18:18 ] [ 編集 ]
世界レベルでは
独裁国の人口と民主国の人口は
大ざっぱに見ると、だいたい半々ぐらいですし、

そもそも民主国の成熟度にしても
本音と建前があったり

トランプ大統領誕生の予測すらできないレベルのメディアだったり

偏見で現実を歪めずに
ありのままを見ていきたいと思っています。
[ 2017/02/02 23:02 ] [ 編集 ]
>自然さん

>独裁国の人口と民主国の人口は
大ざっぱに見ると、だいたい半々ぐらいですし、

私の興味のある中東も民主主義をそれなりに経験しているのはイスラエル、トルコぐらいですね。

>そもそも民主国の成熟度にしても
本音と建前があったり

教育に限界があるのでしょう。

>偏見で現実を歪めずに
ありのままを見ていきたいと思っています。

そういう人が増えるように世の人にはもっと本を読んで視野の広さと深く考えることを学んでほしいのですね。
[ 2017/02/03 19:17 ] [ 編集 ]
自然
AIの進歩で、高学歴人材の必要数は減る傾向にあるでしょうし

今のアメリカのように民主と独裁の利点をあわせ持つようなスタイルが
有利になってくると思います。

世界全体を見渡すと
少なくとも数千年単位かそれ以上で

民主~独裁のあたかも二大政党制のような
状況が続くと 現状からは推測しています。
[ 2017/02/04 09:52 ] [ 編集 ]
>自然さん

AIやIoT、VR、自動運転、ロボット、生命科学などの進展による社会への影響は私の生きているうちにある程度確認できるのでワクワクします。
80歳で死ぬのと100歳で死ぬのではその時の社会はかなり異なると思うので少しでも長生きしたいものです。

100年、1000年単位となると現在の延長ではとらえられないように思いますが、1000年先の未来はどんなだろうといつも妄想してしまいます。
[ 2017/02/05 13:35 ] [ 編集 ]
招き猫の右手
できるだけ自主独立で生きていきたいしそのように人生を作ってきたつもりですが、この国がどんどん大きな政府になり国民もまたそれを望んで依存しているから自分だけ例外というわけにはいかないんですよね。
なので僕は考え方を変え、じゃあ、この国の弱者過保護制度の美味しいところをこちらも利用させてもらうわ、という意識になってます。
リタイアして住民税がゼロになったりさまざまな行政サービスの低所得者メリットがその典型です。
もはや国には何の期待もしてないですが、利用できるものは利用しようと思ってます。
[ 2017/02/05 15:22 ] [ 編集 ]
究極的には
神レベルのデザイナー人間(遺伝子操作)が
神レベルのAIを駆使して
世界を統治しているというのが
いかにもありがちな感じですね。

僕らの時代では、寿命は限られているでしょうから
この世の美味しいとこは、なるべくなら最大限味わって
遅かれ早かれ、消え行くのみですけど。
[ 2017/02/05 20:42 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

>どんどん大きな政府になり国民もまたそれを望んで依存しているから自分だけ例外というわけにはいかないんですよね。

所属する国家を変えるのはまだまだ難しいのでそうなりますよね。
個人としては国の制度を利用しつくすしかないですし、またそれが合成の誤謬を生み出すことになるという悪循環から逃れられなくなっているのが現状の社会なんでしょうね。

>自然さん

その頃にはこれまでの生物学的な進化なんてものはすべてなくなっているのかもしれませんね。
そうなると本当に神様が存在するような世界でしょうけど、それでもいつかは人類も滅びるんでしょうね。
私は人類がどうやって滅びるのかが気になってしょうがありません。
[ 2017/02/05 23:36 ] [ 編集 ]
遺伝子操作やら突然変異的な新人類から見ても

チンパンジーやボノボやネアンデルタール人やホモサピエンスは

どう滅びた?のか気にするかもですね。

[ 2017/02/06 09:48 ] [ 編集 ]
>自然さん

そうですね。
またそのような新しい人類の思考は恐らく全然違うのでしょうね。

私は分子生物学の仕事をしていたのでこれからのAIと遺伝子解析、操作の融合がどうなるのか楽しみです。
私が働き始めた頃と現在の分子生物学関連の技術はITと同じくらいに隔世の感があります。
[ 2017/02/07 09:45 ] [ 編集 ]

新しい人類の思考は恐らく全然違うのでしょうね。


例えば、チンパンジー・ボノボ→ネアンデルタール→ホモサピエンス→

各異差から次を予測し、微妙な変化を検証し、予測を修正・・
実生活でも次の行動に生かす。

といった思考プロセスを恐ろしく高速・高精度で
楽しくこなせるのかもしれないですね。
[ 2017/02/08 11:12 ] [ 編集 ]
>自然さん

そのような未来を実際に見てみたいがためにいつか冷凍保存をしてもらう人が出てくるでしょうし、私もしてみたいなあと思います。
50年に1回、一か月程度だけ見物して再び50年の眠りに入るみたいな感じで。
[ 2017/02/09 15:36 ] [ 編集 ]
未来のテクノロジーは、まるで夢のように進歩していくでしょうから
見てみたいとは思いますが

新人類から見ると・・・
あたかもサルが、我々人間を見るかのように

どんどん純朴さから遠ざかり、自然と上から目線だったり
得たいのしれない(ズル)賢さ・優しさで
いつのまにか絶滅(寸前)の状況にさらされていたり

まあ500年分ぐらい見たところで
うんざりして消滅(絶滅)したくなるかもしれないです。

とりあえずは今の生活でお腹いっぱいになるように
ほぼ先の知れた残りの人生の満足度を高めるよう
現実路線で生きたいと思います。
[ 2017/02/10 20:26 ] [ 編集 ]
>自然さん

>まあ500年分ぐらい見たところで
うんざりして消滅(絶滅)したくなるかもしれないです。

誰か忘れましたが、最初は100年ぐらいごと、次には1000年ごと、最後には1万年ごとぐらいに人類社会を見させてもらったらもう飽きてしまうだろうということを言っていました。
[ 2017/02/11 23:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方