人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2016年10月のお奨め本

2016年10月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・金融論 -- 市場と経済政策の有効性(福田 慎一)

資産の価格と選択、金融市場、インフレとデフレなど金融論の基礎を網羅しています。
マクロ、ミクロの初歩的な知識があったほうがいいと思いますが、なくても理解できるレベルです。
モデルを使った説明もところどころあり数式も出てきますが、それほど難しくないです。
一般常識としての金融論としてはこの本で解説されていることを知っていれば十分ではないでしょうか。
とても良い入門書です。




・中世イタリア商人の世界―ルネサンス前夜の年代記 (清水 広一郎)

14世紀のフィレンツェの社会を商人であり年代記作者でもあったジョヴァンニ・ヴィッラーニの生涯を通して描いています。
14世紀はフィレンツェが都市国家として力をつけてきた時期で、フィレンツェ商人も国際的に活躍していた頃です。
しかしペストを経験したり商社の破産、フィレンツェの都市国家間の競争での危機もあった時代です。
ヴィッラーニの会社も破産しています。
そのような興隆と没落を商人の年代記を通して感じられる生き生きとした世界は現代の私たちでもとても身近に感じられます。
興味深かったのは当時のイタリアの記録に対する考え方です。
商人は細かく記録をする習慣があり、貸借契約、夫婦間の財産契約などは公証人が必ず記録していたそうです。
都市法もドイツなどと比較すると数十倍にもなりルールと証拠を明確化する習慣があったようです。
現在でもイタリアの公証人の地位が高いのは公証人による記録が制度化されたこの頃からの伝統だそうです。

イタリア商人の世界と14世紀のフィレンツェの歴史、ヴィッラーニの生涯とテーマが錯綜しているので一貫性がないかなと思いますが、とても面白い本です。




・天使と悪魔 (ダン・ブラウン)

ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスのCERNの所長から呼び出しを受けます。
CERNで研究者が殺害され胸には秘密結社の焼き印が押されていました。
その研究者は反物質を作り出すことに成功しており、凄まじい爆発を引き起こす反物質のサンプルが盗まれていました。
研究者の娘、ヴィットリアとラングドンは反物質を探しバチカンに飛ぶことになります。
そこでは秘密結社の恐ろしい計画が待ち受けていました。

最先端の科学を悪者に利用しようとし、主人公が芸術作品や古文書に秘められた謎を解いて、危機を乗り越えて、最後に秘密結社の真実が明かされるという典型的なパターンです。
本書もバチカンの図書館の古文書や芸術作品に秘められた謎を図像学者のラングドンが解いて敵に迫っていきます。
大学教授なのでアクション的なところは弱いですが、危機の連続を乗り切るシーンも何度もあります。
エンターテイメントを意識しているせいか科学も芸術から解かれる謎も分かりやすくしてありそこが少し残念です。
しかしバチカンのコンクラーベの仕組みや図書館の描写などが細かくてもとても興味深いものでした。

私はこのタイプの小説が好きなのですが、アメリカでは結構あるのに日本では見かけないように思います。
西欧ではキリスト教やユダヤ教があり、あるいはヒトラーがいたのでテーマにしやすいのでしょうか。

シリーズの次作「ダ・ヴィンチコード」と同様に本書もバチカンにとってはとんでもないストーリーなのですが、バチカンの協力も得ているようです。
意外とバチカンはこういうことに寛容かもしれません。

関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/11/06 12:18 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(2)
こんにちは

 3冊とも読んだことがないのですが、興味があるのは中世イタリア商人の世界でしょうか。簿記の歴史を勉強したことがあるので。
 老後の読書は哲学の古典と決めています。図書館通いしたいです。75歳まで生きれたとしても20年ちょっとなので早く辞めたいです。
[ 2016/11/08 21:58 ] [ 編集 ]
>マークさん

簿記や会計の歴史は面白いですね。
国際的なビジネスが生まれ複雑な商売をしていたイタリアだからこそ簿記の技術が発展したのでしょうね。
イスラム商人も国際的に活躍したので彼らの商売の記録方法にも興味があります。
[ 2016/11/08 23:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方