人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

たばこの税金は下げたらどうか

この20年ぐらいで喫煙者のマナーが劇的に改善したと思います。
今では受動喫煙はほとんどなくなりました。
私は非喫煙者なのでたばこの匂いがかなり気になるほうです。
しかしここまで分煙や喫煙者のマナー向上が徹底されるとこれからは喫煙者の権利を尊重すべきであろうと考えています。

私は自由を尊重するので喫煙者がたばこを吸う自由ももちろん尊重します。
自分がたばこを吸わないからといって喫煙者の権利を侵害しようとは思いません。
自分は非喫煙者だから喫煙者から税金を巻き上げろと言う気持ちは全くありません。
自分の懐が痛まないのなら、国民や金持ちからお金を巻き上げればいいじゃんという発想と同じです。
少しでも攻撃できるところがあれば自由を奪ってしまえという非寛容な雰囲気は私には息苦しい社会です。

たばこによる社会的コストが発生する場合はある程度の費用負担を課すのは当たり前のことです。
しかしことあるごとにたばこ税を上げようとするのは弱い者いじめのようでどうかと思います。

受動喫煙防止のためと言いますが現在受動喫煙なんてほとんどないように思います。
歩きたばこをしている人はだいぶ減ったし、喫煙所の側を通るときぐらいではないでしょうか。
5分以上の受動喫煙はほとんどないのになぜ税金を上げる必要があるのか分かりません。

喫煙者数を減らすためというのもありますが、そんなものは本人の自由だと思います。
たかだか10年の寿命が縮まるぐらいは問題ないという人は少なくないでしょう。
人生の最後の10年なんて大したこともできないでしょうし。
ある程度の知識の普及は必要でもたばこ程度の健康被害であれば個人の自由で喫煙すればよいのです。

喫煙者には医療費がかかるという問題もあります。
しかし社会的費用がかかるかといって非寛容になりすぎるのもどうかと思います。
人が生きる以上は様々なことで費用は掛かります。
ただ本当のところは医療コストはそれほど大きなものなのでしょうか。
私の叔父二人はヘビースモーカーで肺がんで70歳で亡くなりました。
70歳以降の医療費、年金、介護費などのもろもろの高齢者のための負担、相続税、それにたばこ税を合わせると亡くなるまでの医療費をはるかに上回っていたと思います。
また当然スナック菓子、ケーキ類、清涼飲料、ファストフード店、居酒屋などにも税金をかけないと公平性に欠けます。
PCやスマホも長時間の利用は体への負担が大きいので通信税も必要です。

私は喫煙者にイラッとすることはほとんどなくなりました。
酔っ払いや歩きスマホにイラッとすることのほうが多くなっています。
もちろん歩きたばこをしている人にはイラッとします。
しかし一部のマナー違反に目くじらを立てて喫煙者はダメだと言うほど非寛容な人間ではないつもりです。

それにしても人は他人を攻撃するのが好きです。
特に反論がしにくい他人を叩くのは楽しくて仕方がないのでしょう。
沖縄で「土人」発言があったそうですが、反論できない相手に全精力を傾けて攻撃するのは気持ちのいいものです。
しかし人間は完ぺきではないですし、そのために寛容はとても大切です。
正しい俺たちが迷惑をかける奴や悪いやつらを叩き潰すという発想は0か1かを求める窮屈で貧困な発想だと思います。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/10/29 12:01 ] どうでもいいこと | TB(-) | CM(10)
昔と比較すれば、確かに仰る通りだと思います。
マナーを守って喫煙している方にも、高い税率が適用されてしまうのは、フェアでないと思いますが、マナー違反による罰金徴収が難しそうなので、、、高い税率もやむを得ずかなと思います。
個人的には、歩きタバコによる被害は心的ダメージが大きいと感じます。
あとタバコのポイ捨て、、公道をゴミ箱と誤認しているのではないかと疑いたくなります。

タバコによる迷惑は、他の迷惑行為と同列に扱われることがないように、もっと罰金制度などを整えて欲しいです!!
[ 2016/10/29 16:08 ] [ 編集 ]
こんにちは。
やはりタバコによる人的経済的損失は、寝タバコからの火災が大きいと思います。
結局結果は放火と変わらないわけです。タバコを吸う人、本数が減ればその分助かる人が増えると。自動車事故等と比べても、タバコには便益がなく、中毒みたいなもんですから。というのはどうでしょう。
[ 2016/10/29 20:37 ] [ 編集 ]
>dharadaさん

迷惑行為に対する懲罰を行為者以外に対しても予防的な懲罰を行うのはやはり無理がありますし、あまりにも非寛容的かと思います。
その論理で行くと自販機やテイクアウト系の店にも税金が必要です。
自転車は違反駐車の以外にも歩道での運転などの危険行為もありますのでかなり予防的な税金を取る必要があります。
私としては21時以降の飲酒にも税金をかけてほしいですし、新幹線や駅でビールを飲まれると相当なダメージを受けるので新幹線や駅でのアルコール販売は定価の3倍ぐらいにはして欲しいです。
たばこだけが特別とは思えないし、現在は私にとっては歩きスマホや飲酒、イベントでの大人数の集まりのほうが迷惑度が大きいです。
このようなことに予防的な罰則を課すときりがないのではないでしょうか。

>night0878さん

こんにちは。

個人の自由を考えるときは社会的な便益は考える必要がないかと思います。
個人の満足度の問題ですから。
寝たばこの社会的損失が果たしてどの程度なのかは分かりませんが、そこまで追及すると多くの行為が対象となってしまいます。
同じ理屈でストーブにも税金をかける必要がります。
アルコールは健康だけでなく、電車や自動車など様々な事故が起こっていますし、依存症などで家庭を崩壊しているケースもあるでしょう。
スマホゲームも社会的便益なんてないのに、依存症や仕事をさぼるなどろくなことがありません。
山歩きは環境破壊につながるし、整備コストや事故の時の社会的コストが大きいですが社会的便益はありません。
繰り返しになりますが、社会へのマイナス影響部分を考えすぎると過度に自由を侵します。
たばこについてはすでにほかの行為と比較して負担を求めすぎではないかと思います。
しかし自分の興味の無いことや不快に感じることは人は過度に攻撃するものです。
それは寛容性が足りないと思うのです。
私の場合だとリタイアしているので社会的にはマイナスの存在だということになり罰金を取れということになりかねません。

要は他人からうだうだ言われたくないから私もできるだけ他人を尊重するということですかね。
その時の許容範囲はできるだけ大きくする努力をしたいということです。
[ 2016/10/29 22:43 ] [ 編集 ]
本気で酒やタバコの害を心配して税金をかけてる訳じゃありませんよ。大義名分があって取りやすい所から取ってるだけです。

だから税金を下げるというのはピントがズレてると思いますよ。

喫煙者の権利を尊重しろというのはまた別の話ですね。喫煙権と嫌煙権のバランスを取れというのはその通りだと思います。
[ 2016/10/30 19:36 ] [ 編集 ]
>さいもんさん

>本気で酒やタバコの害を心配して税金をかけてる訳じゃありませんよ。大義名分があって取りやすい所から取ってるだけです。

もちろんそういう面も大きいですが、そう考えてしまうと単純化しすぎです。
ナチスあたり以降からの国家は生権力の方向に向かっており、現代国家では健康な国民という考えがかなり重要視されています。


>だから税金を下げるというのはピントがズレてると思いますよ。

大義名分であろうと国家の健康への介入であろうとある行為に対して合理的なレベルを超えて税金を取るのは喫煙者の権利の侵害かと思います。
ゴルフ場税なども同様に下げるか廃止すべきだと思っています。
[ 2016/10/30 20:06 ] [ 編集 ]
税金を上げすぎると増税による増収分より売上減による減収分の方が多くなり、増税の意味が無くなります。だから無限に増税できる訳ではありません。タバコ農家やJTを潰すつもりなら別ですけど、国家がそんな事はしないでしょう。

国家の税収を最大限上げる為にやってるので国家の本能みたいなものですね。国が健康重視ならタバコは禁止するでしょう。費用対効果で割りに合わないのでしないだけです。
[ 2016/10/30 20:14 ] [ 編集 ]
たばこ税はこれ以上上げると結局闇流通が増えてしまって税収はそれほど増えないと聞いたこともあります。
欧州なんて1箱1千円くらいだそうですが、実際闇で流通するんですかね。
今の嫌煙ブームの中では批判はされないので取りやすいところから取るんでしょうね。
社会への害という意味ではたしかに酒がひどいはずです、酒を原因とした殺人や傷害(飲酒運転含む)、トラブルの数字はすごく高いはずです。米国ではたしかマリファナなんかの軽いドラッグよりも酒のほうがよっぽど事件を起こしているんですよね。
かといって酒に高率の税をかけろとは思いませんが。。。
[ 2016/10/30 20:23 ] [ 編集 ]
>さいもんさん

価格弾力性や税収弾性値のような入門ミクロ経済学の定番の話を実際の政策で実験しているようなものですね。
税収を最大にするための価格がいくらになるか興味深いです。

禁止となると政治的な問題や歴史的な問題が絡みますからね。
もちろん個人の自由をどこまで認めるかの線引きや飲酒などとの比較もありますし。
世界中で古くからたばこの習慣がありましたが、もし大麻のほうが世界的に使われていたならたばこが禁止だったのだろうかなんてことを想像してしまいます。

>招き猫の右手さん

闇たばこは出てくるかもしれませんね。
でも闇で同レベルの味のものを作るのは難しそうな気もします。
ヨーロッパって意外と日本より喫煙率が高いし、歩きたばこが多くマナーが良くないと聞きますよね。
今検索してみたらイギリス、ドイツ、フランスは日本より男性喫煙率が高いみたいです。
ヨーロッパの喫煙者は相当お金がかかってそうです。
あと最近アイコスやプルームテックなんかの若干健康系で受動喫煙が少ないようなものが流行っていますが、これがどうなっていくか興味深いです。

酒が原因の暴力沙汰や家庭崩壊などを考えると私もたばこより悪影響があるように思います。
ただ難しいところでこういうものは経済には貢献しているんですよね。
それを言い出すとスマホゲームやギャンブル、消費者金融など悪影響のあるものだらけですけど。
[ 2016/10/31 00:42 ] [ 編集 ]
なるほど。今の国の規制は個人の自由を制限しすぎているからより緩和したほうがよい、そうでないと、リタイアの自由にも制限がかかる。自分も自由でいたいから他人にもタバコをはじめとした自由をもっとあたえるべきだろということですね。
私が言いたかったのは、社会的な便益というのは他の人の個人的な満足の合計というか公共の福祉というか、まあ人の迷惑にならん限りはやって良いという意味でそれを比較考量してきめてよいと。寝タバコは火災の死亡原因の放火を除く第一位でなくてもよいもの。死なない。ストーブや車はないと今の生活を社会で維持できない。スマホとか登山とかはその特性に応じて税金をかけるべきだと思いますよ。
だから言ってることは同じようなことで、その線引きをより自由主義的にするか、現状の社会主義的にするかのところが違うだけと、自分では思ってます。
[ 2016/10/31 06:27 ] [ 編集 ]
>night0878さん

そうですね。
私としては覚せい剤のような明らかに本人にとっても社会にとっても害が大きすぎるもの以外は社会の介入は少なくすべきとという立場ですね。
たばこも酒程度の税金にとどめるべきだし、登山などの危険スポーツは少々社会的な負担があっても許容するべきというところです。
あとは自由主義的な立場だけでなく、個々のケースに税金をかけていくと結局は恣意的なものになり、非効率なシステムと特定権益の拡大に繋がるとういうのもあります。
[ 2016/10/31 18:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方