人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

私たち以外の人類

私が興味のある分野の一つに古人類学があります。
私たちホモサピエンス以外にもヒト族に属する人類が多く生きて、そして滅んでいきました。
そしてたまたま私たちは生き残って現在地球を支配しています。

類人猿からホモサピエンスに至るまで直線的に進化してきたのではなく、途中でいくつかの系統に分かれていくつかの人類が生まれています。
ホモサピエンスと同時期に生きていた人類もいます。
有名なところではネアンデルタール人やデニソワ人でしょう。
ホモエレクトスも同時期に生きていたと言われます。

別の種の人類が大昔に生きていて、しかもホモサピエンスと同時期に生きていたなんて考えるとワクワクします。
一体どの程度交流があったのか。
お互いに同じ種と認識していたのか、あるいはそれ以上に異なる存在だと考えていたのか。
とにかく証拠が少ない分野なのではっきりしたことが言えないことが多いですが、技術の発展で色々なことが分かってきている分野でもあるので今後が非常に楽しみです。

私たちホモサピエンスが現在の唯一の生き残りなので私たちが優れていたと考えてしまうかもしれません。
私たちは選ばれた存在だと。
しかし実際にはネアンデルタール人などと比較して特別優れた存在であったというわけではなく運の要素が強かったようです。

地球が現在のようにヒトにとって安定した気候になったのはつい最近のことです。
それまでは氷期と間氷期の繰り返しで大規模な気候の変化を繰り返してきました。
短期間に気温や水位が変化して、その都度人類は絶滅したり人口を縮小させてきました。
10万年ほど前で起きたインドネシアでの噴火では火山灰はヨーロッパにまで届き地球を寒冷化させたと言われています。
これらの地球規模の気候変動の中で偶然に生存を促す環境に私たちがいたということです。
それに私たちが生きている期間はまだネアンデルタール人よりもずっと短いのです。
まだまだたいして生きていないのです。
偶然が重なってヒトの歴史から見ると僥倖な一瞬で文明を発展させてきただけのことです。
ただここまで人口と増やし科学技術を発展させた私たちは間氷期が終わろうと火山が大爆発しようと人口を減らしながらも後数百万年ぐらいは生き残るのかもしれません。

近年のDNAの研究では私たちホモサピエンスとネアンデルタール人、デニソワ人は交配があったとされています。
これはものすごいことだと思います。
ネアンデルタール人とホモサピエンスは別種と言えるほどDNAが異なっていますが、別種の人類と交流し交配してきたのです。

さて古人類学の発展によってキリスト教やイスラムはどのように考えるのでしょうか。
私はここが非常に興味深いです。
アメリカでは進化論を知らない人がいまだに4割ぐらいいます。
宗教的なものがありますが、キリスト教では進化論は認めており、ヨーロッパ諸国は進化論が常識です。
アメリカの保守的な宗教層とその社会的影響力が他のキリスト教圏とは異なるのでしょう。
イスラムはポケモン禁止で話題になりましたが、進化論をまだ認めていないと思います。

キリスト教自体は進化論を容認していても、多くの人類が存在していた事実とホモサピエンスと交配もあったということをどのようにキリスト教は解釈するのでしょうか。
滅び去った人類は私たちと同じ人間だと考えるのでしょうか。
しかしDNAや見た目も異なります。
そうすると神様は私たちホモサピエンスを特別としたわけではなく、多くの人類を創造したのでしょうか。
滅んでいった人類も神の意志だったのでしょうか。

もし数万年前のようにホモサピエンスだけでなくネアンデルタール人も生き残っていればどうなったのでしょうか。
体格や脳の大きさはネアンデルタール人のほうが大きかったのでもしかするとネアンデルタール人がホモサピエンスを奴隷として扱っていたのかもしれません。
そして現代のように人権概念が発展すると私たちホモサピエンスも人権を認められネアンデルタール人と共存していたのかもしれません。
交配が可能なのでもしかするとホモサピエンスは人口を減らしていったのかもしれません。
こんな想像を掻き立てられてしまいます。

古人類学では以下がバランスよくまとまっていて読みやすいです。

・そして最後にヒトが残った―ネアンデルタール人と私たちの50万年史(クライブ・フィンレイソン)



関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/10/22 12:42 ] 雑感 | TB(-) | CM(7)
こんにちは

 生命っていったい何なんでしょうかね。生きることに精一杯のときは現実生活のことしか考えませんが、私もリタイアに向け時間があるため結論がでないことをいろいろ考えます。ネアンデルタール人が頑張ってくれれば自分は存在しなかったので良かったのですが。
[ 2016/10/23 05:31 ] [ 編集 ]
そういえばバチカンがガリレオガリレイに謝ったのもたしか最近のことでしたから、やっぱそのあたりも数百年経ってからしぶしぶ認めるんじゃないですかw、理由はいろいろ作るとして。

ミッシングリンクとか、猿人から人類の発展にはいろいろ謎があるようですね。
[ 2016/10/23 21:50 ] [ 編集 ]
>マークさん

私の場合はどちらかというと空想癖ですが、遠い過去や遠い未来を考えてしまいます。
私達もほんの一瞬で無機物へとかえっていき、いつかその一部が他の生命体として復活するのだと思うと生命って不思議ですし面白いです。

>招き猫の右手さん

聖書の存在は信仰を広める武器であると同時に、時代が変わると矛盾が続出する弱みでもあるんですよね。
キリスト教のような大宗教は恐らく科学的な説明を認めていくことになるのでしょう。
ただ信仰は論理的な説明をあまり必要としないので、信者にはそのようなことはあまり影響を与えないのかもしれません。


>ミッシングリンクとか、猿人から人類の発展にはいろいろ謎があるようですね。

このあたりのことは大分解決してきています。
今後もこの分野の解明は続いてくと思うので楽しみです。
[ 2016/10/24 00:07 ] [ 編集 ]
楽しそうな話題だったので、ついコメントしてしまいました。

ホモサピエンス、生き残ったのはホント、たまたまですよね^^
地球上に生命誕生してから今まで、どこで滅んでも不思議じゃなかった。生命発生から多細胞化、これだけで数十億年かかっている。よくぞ地球が保たれたものです(生命発生から多細胞化までの時間より、多細胞化から現代までの方が短いらしいから)。

グレートジャーニーの中では、たぶんホモサピエンスはいつくかの人類と交配していると思うんですよね。あるいは、グレートジャーニー自体が何度もあったんだろうと(チンパンジーやオランウータン見るとそう思います)。私たちの中に、もしかいたら彼らはDNAの一部として生きているかもしれないと^^

宗教に関しては、ホモサピエンスいないと存在しないものですから^^(他の人類も、宗教持っていたとは思いますけど)
ホモサピエンスが滅ぶのが先か、宗教が消失するのが先か、そのあたりも面白いと思っています(AIに宗教教え込むとか、遺伝子操作で知的生命体作って信者にするとかw)。それも、太陽が赤色矮星になる前に終わるけど。もちろん、太陽系脱出もあるかもだけどwwそれはホモサピエンスなのだろうか?


ごめんなさい。
あまり愉快な話題で、長く書いてしまいました。
[ 2016/11/06 05:15 ] [ 編集 ]
>いろいろでセカンドライフさん

この面白さを理解してくれる人がいて嬉しいです。

地球が生まれたこともそこで生命が進化できる環境が維持できているのも本当にものすごいことだと思います。
あらゆる現象が絶妙なタイミングとバランスで起こらないと人類がこのような文明を生み出すまで進化できたわけがありません。
宇宙論や古生物学の面白さはこのものすごいことが起きた仕組みを解き明かそうとしているところにあると思います。

仰るように人類の行く末も本当に興味があります。
科学技術の進化の面からも地球環境の変化の面からもどのような未来が待っているのか想像がつきないですね。
太陽系を脱出できるようになったときにはおそらくホモサピエンスではないでしょうね。
さすがに今の種からは大分進化してDNAが変わっていると思います。
氷河期も来るでしょうし、大陸も再び一つになるでしょうし、月も遠ざかっていきますし、それらの困難に人類がどう立ち向かうのかできればあの世から見物していたいです。
[ 2016/11/06 22:31 ] [ 編集 ]
この本、図書館で借りられたので読んでみました。
長かった。。。
ようは周縁部で暮らすイノベーターと呼ぶべき集団が環境に適応し、各地に広がる中で、たまたま気候変動などで生活エリアを制限されることなく拡大していったのがホモ・サピエンスの子孫なのですね。
ネアンデルタール人はたまたま居たエリアから狭まっていって最終的にイベリア半島に閉じ込められ、ちょっと運が悪かったと。
シラコバトの拡散方式も面白かったです。
[ 2016/11/14 21:32 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

当時は人類たちは自然に対抗する術なんてほとんどなかったですからほとんど運だったんでしょうね。
現在よりも過酷な気候だったですし。

つくづくホモサピエンスは運が良かっただけだし、そもそもまだそんなに存続してはいないんだなと思わされます。

私はホモサピエンスの出アフリカ以外にも他の人類や類人猿も世界を移動してきたという当たり前のことが興味深かったです。
[ 2016/11/15 00:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方