人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

過労死

私は馬車馬のように働いていたときが2回あります。
20代の時に残業時間と休日出勤で平均で200時間ぐらい、最高で300時間の残業をした時期があります。
しかも残業代を付けていいのは35時間までで、300時間の残業のうち265時間を休憩で勤務報告書を出していました。
会社で265時間も休憩って何してんねんと同僚と笑っていました。
今だったら完全にブラックだろうし労基署の調査を受けますね。

2回目は30代半ばごろで休日出勤はしませんでしたが、残業時間は180時間ぐらいでした。
電車で帰れる時間に帰った記憶がほとんどありません。
働き過ぎでハイテンションになり午前2時ごろに終わった日は早く帰れたということで居酒屋や焼肉屋へ行っていました。
この頃の仕事が一番楽しかったです。

過労死が認定される残業時間は80時間以上などと言いますので軽く超えています。
当時は働き過ぎだとは思っていましたが、別に会社が悪いとは思ったことがありません。
もちろん会社が社員の健康を考えるべきと思ったこともありません。
売り上げはそれだけ上げていたので生産性が低いとも思ったこともありません。
馬車馬のように働きたくなければ会社を辞めればいいだけの話だと思っていましたし、実際に自分の時間が欲しくて2つとも辞めています。
また収入も仕事のやりがいも他の会社より満足度はかなり高かったです。

働く時間なんて自分で決めればいいことです。
働き過ぎで過労死してもそんなのは個人の自由です。
タバコで人生を縮めることと変わりません。
「残業100時間で過労死は情けない」と大学教授が言っていたらしいですが、限界の残業時間は人それぞれです。
1日に8時間働けば死んじゃう人もいるかもしれません。
自分の体力や精神力に応じた適正な時間を働けばいいだけのことです。

しかしこのように言えるのは自由に仕事を変えることができる人だけでしょう。
私自身は仕事なんて嫌ならやめればいいと思っていましたし、実際に旅に出たくて仕事をあっさり辞めてきました。
電通やワタミの新入社員が自殺を選択したのはすぐ辞めて転職することの不安や精神的に弱くなって何も考えられなかったということがあるのでしょう。
それなら一部の自由な人だけでなく、平均的な価値観を持つ人、家族を持つ人が自由に転職をしやすい社会にすればいいだけの話だと思います。

ワタミや電通のような会社で自殺が出ても喜ぶのはマスコミや厚生労働省、労働組合だけです。
特に厚労省は国民の生活や会社に介入することで予算を分捕ってくるところです。
働き方改革とか下らない事でも確実に仕事は増えていきます。
労基署の人員だけでもそれなりの人がいるのではないでしょうか。

私は解雇の自由化などで労働の流動性を高めていけば良いだけのことだと思っています。
同じ会社で一生働き続けるのが当たり前だとか、転職が困難だと(思い込んでいる)いう状況では過労死するまで働き続けてしまうのも仕方がありません。
厚生労働省に上から労働の在り方を決めていただくのではなく、労働者が自分の状況に応じて働き方を決めればよいのです。
労働環境が良いかどうかを決めるのは他人ではなく労働者自身のはずです。
そして労働者の働き方に応じられない会社は生き残れないでしょう。

そうなったとしても電通のような会社は残ると思いますし、それであれば問題はないです。
私が会ったことのある電通マンは体育会系でかつ変人が多く、数々の都市伝説を残しているイメージがあります。
そしてそういう世界で働くことを楽しむ人はいます。
同級生で電通に入社した友人に聞いた新人歓迎会はここでは書けないようなすごい世界でした。
その話を聞いただけでも私には絶対無理な世界だと思いました。
今は大分おとなしくなったのでしょうが。

結局労働などの個人の生き方を他人やお上に決めてもらっている状態が問題なのだと思います。
そのためそれぞれの個性を無視した画一的な規制や価値でコントロールしようとして破綻するのです。
問題はこの状態から利益を得ている人たちがいることです。
バターや介護、保育などの他の政策と同様に自分たちで問題を作り出して、それをさらに自分たちが解決してやるというパターンです。

そろそろ自分のことは自分で決める社会になってほしいものです。
いい大人が自分で決められず、うまく行かなければ社会が悪いと言ったところで国やメディアや共産党にいいようにもてあそばれるだけです。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/10/15 12:01 ] 社会 | TB(-) | CM(8)
こんにちは

従属労働であっても、個人の自由度が高い企画的業務であれば長時間労働であっても精神的な負担は少ないと思います。やらされ感が強い、軍曹のような上司の完全な指揮下にある状態なら苦痛このうえないでしょう。労働法は従属労働を基礎にしていますから、個人事業主がいくら長時間で働いて病気になっても助けてくれません。
 世の中いろんな職場があると思います。どうなってもいいように若い頃から計画的に貯蓄すべきと思います。
[ 2016/10/15 14:16 ] [ 編集 ]
>マークさん

仰る通りやらされ感があるかどうかでしょうね。
難しいところでブラックと言われる会社で働いている人でも充実している人はかなりいるんですよね。

どのような仕事でも自分で選択したという意識を持つことができればいいのだと思います。
そのためにはやはりチャンスを何度でも与えてくれる社会のほうがいいと思います。
今の社会ではしがみつき従属してしまって立場が弱くなってしまう人が多くなってしまいます。
[ 2016/10/15 22:50 ] [ 編集 ]
えー、300時間ってどういうことw
すごいですね。

僕もそのように思います、電通のような過剰労働の会社があってもいいし、ユルユルの会社があってもいい。転職さえ容易で労働者に選択の自由があればいいわけで、あとは労働者が選ぶだけのことです。
すぐに規制規制という意見は疑問に思いますし、そういう風潮が規制だらかで公的部門の肥大化を招いているんだと思います。
[ 2016/10/15 23:18 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

300時間を超えたのは2度あります。
土日全て出勤して何度か泊まりこみもしました。
夕食に外出したり限界がきて仮眠をしたりした時間も含めてですが。
働き過ぎで大病を患わないと1人前とは言えないと冗談交じりでも信じられないことを上司から言われてましたからね。
その会社で友人が部長をしているのですが、今では部下が早く帰られるように率先して残業しないようにしているそうです。

規制をかけることが官僚などの利益を産むのは分かりますが、国民にとっては行政の肥大化や自分たちの働き方を制限されるだけなのに。
国民自身が規制を求めるのは不思議ですよね。
[ 2016/10/16 00:00 ] [ 編集 ]
仕事ができて、かつ、経験があればいつでも辞めたり、転職できます。一方、仕事ができない場合や経験がない場合は辞めるわけにもいきませんし、クビもあります。


仕事にもよりますが、あたまの回転が優れた人はやはり出来ます。らいくむさんのような方がうらやましい限りです。仕事のできない人が生き抜いていくためのアドバイスや考えをお聞かせください。また、雇用流動化が進めば、出来ない人は自己責任という考えについてはいかがでしょうか。

[ 2016/10/16 10:23 ] [ 編集 ]
>ピさん

>仕事ができて、かつ、経験があればいつでも辞めたり、転職できます。

これを一部の人だけでなく誰もが可能になるようにするために雇用の流動化が必要だと思っています。

>雇用流動化が進めば、出来ない人は自己責任という考えについてはいかがでしょうか。

自己責任という言葉は私は意味がないものと考えています。
救うべき状態の人がいる場合は自己責任であろうとなかろうと救うべきです。
問題はその人を救うべきかどうかという基準です。
私がプロ野球選手になれなかったことに対して社会が救うべきかと言えばそうではないはずです。
単に低所得ということであれば現在の再分配制度程度の援助で十分だと思います。

>仕事のできない人が生き抜いていくためのアドバイスや考えをお聞かせください。

仕事のできない人はその仕事が向いていないか、やる気がないだけだと思います。
相対的に仕事のできない人でも給料をもらえる程度にはできるものだし、前向きで真面目であれば相対的なできなさは十分カバーできるものだと思います。
一番の問題は仕事の内容や環境が合わないことだと思うので、記事に書いたように雇用の流動が必要だと思っています。
[ 2016/10/16 14:07 ] [ 編集 ]
ちょうどYahooニュースに関連あるような記事がありました。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161017-00140240-toyo-soci&p=2

記事の論調は仕事探しに苦労している若者を怠け者のと責めてやるな、一昔前のように仕事さえしていたらなんとか生活できた時代ではなくなって来ているというものでした。その中で


劣悪な労働環境でも人が集まってくることがわかれば、その労働者の処遇はいつまでも良くならない。安心して失業し続けられる社会には、劣悪な労働環境がここまで拡散することはない。そもそも社会保障が充実している他の先進国では、賃金に依存しなくても、ある程度暮らしていけるため、過酷な労働にはそれなりの対価が支払われるし、ひどい企業も淘汰されていく。社会保障や社会福祉が遅れているからこそ、失業したときに困るし、早急に労働や労働市場へ駆り立てられることになる。
 たとえば、ブラック企業を辞めたが、すぐに仕事をしないと生活に困ってしまうので、急いで再就職をした別の企業も、またブラック企業であったという話はいくらでもある。じっくりと仕事を選び、準備をして余裕を持って就職をしてほしいし、その環境こそ整備していきたいものである。


社会保障の充実とブラック企業の存在の関係の確かさを調べる手立ては私にはありませんが、これを信じると雇用、解雇の流動性と共に劣悪な労働環境が淘汰される仕組みが必要かもしれませんね。

弱者の観点から見ると社会のせいにしたくなる気持ちも理解できます。一方でやはり自分がコントロールできない仕組みを待つよりは、完全にコントロールできる個人の選択を制限無く実行できる人が強いですね。そのような人間はあえて社会を変えようとする必要がないので弱者の立場にいる人はお上に頼りたくなる気持ちはわからないでもありません。

大手で長年会社の中でしか通用しない仕事しかしてこられなかった中高年はなんとか逃げ切り、これからの若者はこれまでのおじさんのように会社で内向きの仕事だけでは会社が最早存続しないでしょうから、スキルの標準化が起こって雇用の流動性につながらないかなーと思っています。


[ 2016/10/18 03:50 ] [ 編集 ]
>YYYさん


>弱者の観点から見ると社会のせいにしたくなる気持ちも理解できます。
現在の日本社会というのが既得権益者を守る構造なのでその気持ちは分かります。
またすぐにでも援助が必要な人には援助する仕組みが必要だと思います。
けれどもこれは対症療法でしかないと思います。

ヤフーの記事を書いたような人たちは競争社会によって自分たちに適正な対価を要求するのではなく、単に支援しろという話にしてしまう人がほとんどです。
結局彼らが望んでいるのは高度成長期のように既得権益社会と高成長によって実現できた家族や社会からの福祉の奇跡的な両立のように思えます。
記事に書いたような人こそ大企業の正社員や公務員、労働組合を攻撃して競争社会の実現を目指してほしいですが、そういう人はなかなかいないようです。


>スキルの標準化が起こって雇用の流動性につながらないかなーと思っています。
そう思います。
現在転職が容易な業界のように雇用の流動化が起こると自然とスキルの標準化が起こるのではないでしょうか。
[ 2016/10/18 11:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方