人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

それでも日本の未来は明るい

現在の日本を見ると暗い見通しばかりです。
人口は減少しておりオーナスから脱却する見通しはありません。
ですが政府は債務を膨らませて次世代への負担を増やすばかりです。
成長によって借金を返すという夢物語はいまだに実現しそうにありません。
日銀は異次元緩和によって爆弾を抱え込んでいますが、撤退戦は難しくなるばかりです。
政治では自民党から共産党までいかにして他人から富を奪うかしか考えていません。
富を作り出すのではなく、富を権力やそれにつながるコネで奪いあう社会が豊かになるわけがありません。
そして貧困問題などに象徴されるように思考停止に陥った絶対正義を振りかざす痛い人たちがそれなりの影響力を持っています。
通常の教育システムではもうこれ以上は国民の知的水準を向上させるのは不可能にもなっています。

しかしそれでも日本社会は確実に進歩してきたし将来の見通しも明るいなあと思っています。
学生時代には進歩という言葉は無内容で軽薄な言葉と思っていましたが。
私が望む社会は治安が良くて貧乏人でも豊かで選択肢のある社会です。
普通の人のアーリーリタイアを可能にしてくれるのはそのような社会でしょう。
そしてそういう意味では確実に日本社会は進歩してきました。

私が子供の頃と現在を比較して良くなったことを思いつくまま書いてみると

LCCの出現で海外も国内も格段に安く旅行できるようになった
昔の高性能なコンピュータがスマホとなり格安で使えるようになった
チャットやメール、IP電話のおかげで連絡がどこからでも無料になった
ネット上で知識の共有が進みグーグルやWikiなどで誰でもアクセスできるようになった
コンビニATMの普及でどこでもATMを利用できるようになり手数料も安くなった
投資環境が手数料、サービスともに良くなり誰でも低コストで投資できるようになった
東京、大阪ともにラッシュが緩和されたり新幹線が早くなったりと交通が進化した
改札が自動改札となりさらにはsuicaのような電子マネーが普及して便利になった
コンビニの品ぞろえがかなり進化を遂げ価格も安くなった
殺人事件の減少、自殺者の減少、交通事故による死亡者数の減少など社会の危険度が減った
楽天やアマゾンの出現で買い物の選択肢が増えて価格も安くなった
転職が一般的になり職業の選択の自由度が上がった
ゲームや映画、ドラマ、漫画などのエンターテイメントが進化した
外食産業が多様化してレベルアップした
家電全般が恐ろしく安くなった
JRや高速公団など民営化によりサービスが格段に良くなった
結婚や出産、仕事などもろもろのことが押し付けられるのではなく自ら選択できるようになってきた

いくらでも思いつきそうです。
そして重要なことはこれらはすべて貧乏人でも利用可能なことです。
私のスマホは1万円で通信費は月500円(2年間は200円)です。
ネットのコンテンツはほとんど無料です。
アジアであれば航空チケットは数万です。
月に10万あれば大抵のことができる時代になりました。

一方で月に10万稼ぐことが昔より容易になっているように思います。
そこそこ都会であれば時給の良いバイトがいくらでもあります。
確かに年収は1998年ごろをピークに落ちてきています。
しかしそれをはるかに上回るモノとサービスの向上と価格の低下が起きているのではないでしょうか。
人口オーナス期であり社会主義的なシステムなのにこれだけのことを達成しているのですから驚異的だと思います。

結局これらの恩恵は競争による技術の革新や効率化、サービスの向上、自由貿易のおかげです。
そしてこれからもこれらの恩恵を受けられると思うからこそ日本の将来は明るいと言えます。
価値の多様化はますます進み個人の選択肢は増えるでしょう。
中国や北朝鮮などの強権国家が心配ですが国内の治安は問題なさそうです。
自動運転や様々な分野でのロボットの活用やIOT、AIといった技術の恩恵を社会が享受できるのはこれからです。
長距離トラックの自動運転だけでも人手不足の解消、渋滞の緩和、事故の減少などその効果は劇的だと思います。
高速道路での自動運転の実用化はかなり迫ってきているのではないでしょうか。

やはり貧乏人にとって日本の未来は明るいと思います。
ですのでアーリーリタイアして貧乏生活になっても充実した人生を送ることができるでしょう。
必要なのは生きていくうえでの賢さと自立した精神だけです。
これらがない人はどんな社会でも楽しく生きることなんてできません。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/09/25 11:18 ] 社会 | TB(0) | CM(12)
その貧乏人の生活を支える自動化を維持、管理する人間はどんどんいなくなるので、いずれは破綻するのではないでしょうか。
[ 2016/09/25 19:31 ] [ 編集 ]
>見知らぬ男さん

ちょっと意味が取れていないのですが、

ベーシックインカムのようなことを想定しているのでしょうか。
それでしたら記事では否定しているつもりですし、私はゴリゴリの市場主義者です。

あるいは自動化の維持、管理の仕事だけになった世界を想定しているのでしょうか。
その場合でもその仕事に就く人たちがより豊かであったり、仕事のやりがいというものがあるでしょうから破綻しないように思います。
皆がそのような仕事を拒否したら当然働く人と働かない人の格差が拡大していくという市場の調整があるでしょう。

市場主義である以上は貧乏人でも金持ちでも働いた分しか消費しかできないので破綻はしないです。
1時間働くことによって得られるサービスはこれからも増えるだろうと言うだけのことです。
[ 2016/09/25 20:41 ] [ 編集 ]
少子高齢化で、自動化を維持、管理する人間がどんどんいなくなるので、いずれは破綻するのでは?
という意味で書きました。
言葉が足りず、誤解を招く表現になりました。
すみません。
[ 2016/09/26 20:57 ] [ 編集 ]
>見知らぬ男さん

答えになっているかどうかわからなかっただけなので謝るまでしなくても大丈夫ですよ。

少子高齢化による生産人口が減るのを考慮しても何とかなるんではないかと思い、将来は明るいと書きました。
もちろん効率的なシステムにどれだけ移行できるかにかかりますが。
社会主義に突き進むとやばいと思います。

生産人口が減ることによる供給の減少より高齢化による需要の減少、生産性成長、高齢者の労働参加が上回るのではないかと思っています。
あとは世界最大の債権国ですから債権を減らして海外から供給を受けることもできます。
需要が福祉分野に偏る可能性が高いのでここで以下に効率化できるかが肝でしょうね。
30年もたてば介護もそれなりにロボットが担っているのではないでしょうか。

供給が難しくなり高価なサービスとなるのはやはり人手がかかる産業だと思います。
現在はあらゆる分野でサービスが過剰ですが、このようなサービスの利用者は金持ちに限られてくるでしょうが、貧乏人はそもそもそのようなサービスなどいらないので関係がないと思います。
役所から銀行、新聞の宅配所、スーパー、家電量販店、冠婚葬祭まで無駄なサービスが多すぎると思いますが、これらはセルフサービス以外は高価なものになるかもしれません。

私の最後の会社は大会社ですが、その前の会社と比較するとおそらく半分以下でも回る仕事ぶりでした。
役所と同じで労働力が余っており、しかも意味のない仕事をせっせと作り出している状態でした。
結局、労働力と需要は最終的にはバランスされます。
高齢化ピークの2060年ごろでも4000万人ぐらいの生産人口なので何とかなるレベルだと思います。

私が所属する第二次ベビーブーム世代が死んでからようやく高齢化が終わるでしょうから、私も運悪く直撃という感じです。
[ 2016/09/26 22:28 ] [ 編集 ]
私も記事の内容のような感じで日本社会は確実に良くなってきて、これからも良くなっていきそうだと思って期待しています。

高度計座成長期は生き方を強制されましたが、今は自由です。
ただ、逆に言えば生き方を指示してもらわないと自分の生き様が決定できない人には辛い時代だとも言えますね。昔は何も考えずに社会の指示通りにサラリーマンをやって定年前でいれば誰でもそこそこの満足感や生活を送れたのですから。
人生の選択を自分で行うことに喜びを感じられる人ならいい時代になってきたと言えるでしょうね。
[ 2016/09/28 19:20 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

人生の指針を他社や社会に求める人にとっては確かに生きにくいでしょうね。
これからどうやって暇をつぶすかが重要な問題になってくるというのがよく分かります。
暇を満喫できる人には良い方向に社会が進んでいますね。

それにしてもたった10歳上の世代が若いうちにネット社会の恩恵を受けられなかったことを考えるだけでも進歩は脅威的です。
[ 2016/09/28 23:23 ] [ 編集 ]
概ね賛成なのですが、政権与党の方針が高インフレ政策と移民受け入れで医療費も年金も削る気が無いので国民生活の破綻の可能性も半分くらいはあると思います。

社会の安定があっての生活なので、いざと言う時はサバイバル出来る攻撃能力も必要ではないでしょうか。デフレ下の貧乏リタイア生活というのは言わば専守防衛ですからね。
[ 2016/09/29 23:48 ] [ 編集 ]
>さいもんさん

私も今より国民生活のレベルが落ちる可能性は十分あると思います。
早く持続可能な政策に変更してくれればよいのですが、もっと追いつめられてからでしょうね。

終戦直後の日本のようにまではならないと思いますが、閾値を超えると治安など悪化しそうですね。
その頃には私も老人でしょうからサバイバル力もなさそうですし、諦めて全てを受け入れることになりそうです。
[ 2016/09/30 00:11 ] [ 編集 ]
こんにちは

 便利になったと思います。昔コンビニがなかった頃は、家庭の事情で弁当を作ってもらえないことがあった私は学校で恥ずかしい思いをしたことが何度かありましたが、今ではお金さえあれば何でも対応できますしね。核家族化や単身化など弊害もいろいろあると思いますが、生きることだけ考えると生きやすいと思います。
 あと、選択肢はあったほうがいいですが、ありすぎるのもどうかと思うのが自分です。
[ 2016/09/30 14:03 ] [ 編集 ]
>マークさん

こんにちは。

選択肢が多くなってもその人の個性でほとんどは排除されるんじゃないかなと思います。
自分で決めた選択の正しさを社会や他人に保証してもらえなくなるということが自由を与えられたときの怖さかなと思います。
[ 2016/10/01 00:15 ] [ 編集 ]
AIにより労働から解放される
こんばんは
AIやロボットにより仕事がなくなるといったネガティブな意見が多いですが、それだけ労働時間が短くて生産性が上がり週休3日や長期休暇が当たり前の世界になるのではないでしょうか?
まさに早期リタイア組は先をいっているということでは?
[ 2016/10/19 23:58 ] [ 編集 ]
>甘栗さん

その通りだと思います。
AIやロボットは人を労働から解放してくれるのでこれほど素晴らしいことはありませんね。
労働者が減っていく日本にとってはこれがどの程度進むかが重要だと思います。
私が死ぬ頃までにはどのぐらいロボットたちが労働をするようになっているのかと思うとワクワクします。
[ 2016/10/20 10:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方