人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

千年続いた村が消えようとしている

10年ぶりぐらいに祖父母の村へお墓参りに行ってきました。
私の一族はずっとその村に住み続けています。
村は1000年以上続いており、私の家も少なくとも江戸初期から続いています。
私の親の世代もほとんどが村に住み続けておりいとこたちも村で育っています。
私は親が結婚と同時に村を出たので新興住宅地で育ちました。

大阪なのですが陸の孤島といった感じでコンビニがありませんし、飲食店もありません。
車で20分ぐらいのとなりの町には大きなスーパーや病院などがあります。
村内は昔からの家が多いせいか大きな家が多いです。
私の祖父の家も立派な門があり敷地内に3つの家と1つの蔵が建っています。
今は叔母が一人で住んでいます。

産業は特になく親世代は建築業などの自治体がらみの仕事と公務員が多いです。
昔から続く村なので政治家との付き合いがありうまく自治体から予算を取ってこれたり、コネで公務員になるのが容易だったようです。
府や市の議員も一族から出しており今は一人だけいます。
私の世代ともなると政治力もあまりなく、サラリーマンや通常ルートで公務員になった人が多いです。

そんな昔から続く村ですが、明らかに衰退しておりあと20年もすれば滅ぶのではないかというところまで来ています。
村を歩いてもほとんど人を見かけることはありません。
住民のほとんどが70代以上です。

親の世代まではほとんどが村に残っていたのですが、私の世代はほとんど村を出ています。
田舎ですが車で駅に出てしまえば大阪や難波まで30分かからないので通勤は不便ではありません。
けれども皆村に住むのを嫌がるのです。
とても閉鎖的で人間関係の濃密さが嫌なのだと思います。
青年団や消防団は参加必須ですし、村中が知り合いです。
冠婚葬祭なども毎回大行事で疲れます。
今となってはそもそも若い世代がいなくなって住みにくいというのもあるでしょう。
また閉鎖的なためか差別意識も強く、私のいとこが結婚しようとしたときに一族から家柄が合わないと言って騒動が起きたこともあります。
村外から嫁に来た女性もやっぱり馴染めないようで離婚率がかなり高いです。
そのためか私の親世代はほとんどが村内や隣接する村の人と結婚しています。

墓参りに行ったときにいとこが遺産相続で土地をどう分けるかでもめていると話していました。
誰が土地をもらうかではなく、誰に土地を押し付けるかです。
使いようのない売れない土地だし、固定資産税も少しはかかりますし、管理のことも考える必要があります。
昔から続く家で金持ちが多く遺産放棄もできないし、もちろん物納も難しいです。

私が小さいときは子供も多くお祭りなどは賑やかでした。
車さえあれば通勤にも生活にも困らなところなのでここまで寂れるとは思いませんでした。
結局は人が住むところとして必要とされなくなったのでしょう。
人口が減るということは人が住む地域も減っていきます。
都会でも田舎でも人を惹きつける魅力がないと生き残れないということです。
地方創生などといって都会からお金を取ってくるのではなく自ら付加価値を創出した地域だけが生き残れるのでしょう。

私が死ぬまでに1000年以上続く村の終焉を見ることになりそうです。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/08/27 14:53 ] 雑感 | TB(-) | CM(6)
生まれ育った町や村が廃れてしまうのは悲しいですね。

境遇は全く違いますが埼玉の私が住んでいる市も年々人が少なくなっています。
少子化の影響もあり小学校のクラスも半分になり数年前に久しぶりに地元の祭りを見てみたのですが、規模は半分になっていました。

少年野球の練習に使われていた大きな公園も老人のためにゲートボールのスペースができ公園の外周にはウォーキングコースとして整備されました。
子供のための公園は老人のためのものとなりボールなどが老人に当たったら危険だということでボール遊びは全面禁止に。

遊具も危険視され半分近くが撤去。

一方東京に近い市はショッピングモールだけではなく子育て支援などどんどん住みよい環境ができました。

相変わらずの私の住む市はせっかく映画館の入った駅ビルを立てたのにもかかわらず近年はおばさん向けのブティックを増やし魅力をなくしていきます。

2.3年前に駅前にマンションも増えたのですがこの有り様で寂しいです。

もう少しバランスが良くなればと思っています。
[ 2016/08/27 19:36 ] [ 編集 ]
>あきさん

実家へ帰ると子供が少なくなっているのは本当に感じますね。
私が子供の頃は野球やサッカーチームが10以上あったのに今では1チームずつしかないそうです。
練習試合に困るそうです。

人口が減る以上は悪あがきを止めてそれに対応したシステムにするしかないのでしょう。
切り捨てざるを得なくなることが多々あると思います。
ただ子供にはお金をかけてほしいなと思っています。
結局国の豊かさとは平均的な人の教育水準に依存するところが大きいと思いますし、機会均等は最も大事な権利ですから。
[ 2016/08/27 23:57 ] [ 編集 ]
こんにちは

 私は今は離れていますが、結構近そうな場所の出身です。大阪近郊は宅地化が進んだところは人口も増加しています。ムラは出身者にとってはいい場所ですが、よそ者にとっては辛い場所でもあります。土地を手放し利用が進まないと廃れてきますが、宅地が進むと懐かしい故郷も変化していきます。両立は難しいですね。
[ 2016/08/31 21:38 ] [ 編集 ]
>マークさん

私の祖父の村は山間部にあって孤立しすぎていて新興住宅地を開発する余地がないんですよね。
通勤にはとても便利なんですが。
いとこたちが村を嫌がってことごとく出て行ったのでもう滅ぶことは確実だと思います。

私が生まれ育った町は新興住宅地なのでそれなりに私の世代も残っているし若い人も流入しています。
それでも親世代がメインなので高齢化は進んでいるようです。
[ 2016/09/01 10:47 ] [ 編集 ]
限界集落のような感じなんでしょうか。
なんか横溝正史の小説に出てきそうな感じですね。

ウチの実家近辺は新興住宅地でそのような風情はないのですが、一気に高齢化していて、いずれ無くなるんじゃないかな。
ただ、それに感慨は全くなく、やはり新興住宅地というインスタントに作ったものなので愛着とか郷土愛みたいなものは誰にも無さそうです。
[ 2016/09/28 19:28 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

本当に山の中に入っていく孤島なので横溝小説の舞台になりそうです。
本家と分家の関係なども複雑で興味深いところです。
寺も神社も1000年前から歴史が残っていますし、小学校は江戸時代の寺子屋から続いています。

私も育ったのは新興住宅地なので愛着は全くないですね。
親世代で村を出たのは私の父親ぐらいだと思いますが、父親も村を離れたかったみたいです。
祖父の家からは近いので子供の頃はよく遊びに行っていたのですが、子供ながらに不思議な風習などがあるところだとは感じていました。
[ 2016/09/28 23:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方