人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

日銀会合の結果と明日の都知事選

日銀会合の結果はETFの買い入れ額の倍増となりました。
微妙な追加緩和で市場の期待の大きさから日銀としてもゼロ回答は避けられなかったということでしょう。
実質ゼロ回答だという人もいますが、ETFの買い入れ額を倍増するのは株式市場へのインパクトは大きいと思います。
これがデフレ脱却と結びつくかと言えば疑問ですが。

市場の反応は迷っていた感じで乱高下しましたが、予想していたよりはかなり落ち着いていた印象です。
前日までの下げが落ち着かせたのでしょうか。
緩和内容による失望での円高とETFの買い入れ額の倍増の市場の支えに揺れている感じでした。
しかし失望感が上回っているのか夜間取引ではアメリカのGDPが悪かったこともあり円高が進みました。

今回の国債の買い入れ額の増額やマイナス金利の拡大は避けておりうまく日銀は逃げることができたと思います。
しかしETFの買い入れ額の増額のカードは切ってしまいました。
市場は再び追加緩和を意識することでしょう。
日銀はますます追いつめられている感じで復活しつつあるアメリカの利上げ期待に頼る状況に変わりありません。
何とか年内に利上げをして欲しいものです。
国債の買い入れ額の増額はあと1回、10兆円の増額ぐらいでしょう。
ETFの増額もできないことはないですが、さすがに6兆円を超えてくるとまずいでしょう。
健全な市場とはとても言えなくなります。

黒田さんの発言がどんどん苦しくなってきています。
大量のマネーを供給してもインフレ率2%には程遠い状況です。
国債がまだ3分の2残っているといったり、マイナス金利は深堀できるとなどと苦し紛れの発言をせざるを得ないところまで追いつめられています。
ただこのような状況になる可能性のほうが圧倒的に高かったのは黒田さん自身も分かっていたと思います。
それでもすべての要素がかみ合うと2%を達成できる可能性に賭けたかったのだと思います。
実際に円高にオーバーシュートして世界経済が持ち直すタイミングでの大量のマネー供給は海外からの円売り日本株買いを呼び込みました。
しかしこのような方法は短期決戦でかたをつけるしかなく、そして短期決戦では2%にもっていくことができませんでした。
たとえ短期決戦で2%に達することがあってももとに戻っていったでしょうが。

さてさて今後はどうなっていくのでしょうか。
経済対策と言っても失業率の低さを考えるとどの程度効果的なことができるか、将来につながる投資にならなければ次世代へのつけがさらに増えるだけのことです。
市場は期待しますが追加緩和も難しくなるばかりです。
そもそもアベノミクスが始まってからの一時期を除いた低成長は現在の日本の実力と言えます。
経済成長をしたいのなら低空飛行の潜在成長率を上げるような構造改革をするしかありません。

それにしても高校で基本的なマクロ、ミクロ経済学と金融論ぐらい教えたほうが良いと思います。
戦前にアメリカに勝てると信じてしまった国民はアメリカのことをよく知らなかっただろうし、国際政治も知らなかったでしょう。
教育水準が低くこれらの知識を手に入れることができなかったのだから仕方がない面があると思います。
しかし今では大学で経済学の講義が受けられますし、マンキューのような易しい経済学の教科書も容易に手に入ります。
すでにアベノミクスは支持をかなり失っているようですが、アベノミクスが始まった当時はアメリカとの戦争に意気盛んに挑んでしまった日本人のようにあまりにも問題に対する知識が欠けていました。

さて明日は都知事選です。
どの候補者も税金を使うことしか言いません。
私は行政でも経済でもシステムが大事だと思っています。
共産主義という理想が高くても悲惨な結果に終わるシステムではなく自由な市場というシステムを選択したからこそ今の豊かさや自由があるのだと思います。
問題を解決するにはシステムをより良くする努力をするしかありません。
そしてそれは税金を消費に使ってしまうような一過性のものではなく、持続的なシステムである必要があります。
政治の場でも市場の場でも何故付加価値を創造することやそれを可能にするシステムを作ることを目指さないのでしょうか。
ベースマネーを恐ろしほどに積み上げてみたり、中央銀行が株を大量に買ったり・・・。
政治ではツケは次世代に回してとにかく税金を使おうという話ばかりです。

私は子供が嫌いですし子供もいませんが、次世代に対してはまともな社会を残さないといけないと思っています。
私ももう40歳を超えたので現在の膨れ上がった日本の借金や出口戦略をもう語れそうにない日銀のバランスシートの責任の一端があると言えるでしょう。
何だか次世代に対して申し訳ない気持ちです。
でももう働く気はないので少しは残る予定の遺産で許してもらうことにします。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/07/30 16:28 ] 雑感 | TB(0) | CM(2)
こんにちは

 出口は必要ですかね。昨年くらいまでは本屋でも不安を煽るような本が並べられていましたが、今は低調になっています。民間会社とは違うので、BSの見方はどうなんでしょうか。買い入れて終わりとか。そこらへんがわからないところです。
[ 2016/07/31 07:07 ] [ 編集 ]
>マークさん

こんにちは。

必要というか一番のソフトランディングは出口戦略かと思います。
また今は現実問題として出口戦略の前に国債が枯渇したときの買い入れの停止を考えることになります。

現在のように当座預金が積み上がるだけなら実質は何も変わらず物価も変わらないままと思います。
しかしこのまま緩和を続けるといつかは閾値をこえてインフレが始まるはずです。
(あるいは始まらずに国債の枯渇による緩和の停止もありますしこっちの可能性が高いようにも思えます)
その時は金利も上がるはずで1%上がれば今でも日銀は20兆円以上の損をだすことになります。
日銀が引当金を増やし始めているのはこれに備えてだと思いますが、全く足りないでしょう。
その場合はインフレ税と増税による民間から国への移転となります。

日銀も国債の価格低下などでは損失が出るので税金による穴埋めが必要になります。
買い入れて終わりというのは永久債に切り替えるなどを考えているのだと思いますが、結局ヘリマネとなります。
通貨の信認を毀損した時に制御可能かどうかは誰にもわかりませんが、金融システムが落ちつくまでにはかなりの混乱は起きるでしょう。
[ 2016/07/31 10:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方