人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

いよいよ日銀会合

今週末の日銀会合は個人的に久しぶりに注目しています。
私自身はまたもや追加緩和は見送りではないかと思っています。
しかし物価の見通しはますますデフレ方向へと傾いています。
緩和をしなければ黒田さんのこれまでの発言とのずれがますます大きくなり政策への信頼性が無くなってきます。
デフレに戻りつつあるこの時に緩和をしなければいつ緩和するんだろうとも思います。
市場も追加緩和を織り込んできています。
バーナンキさんが日本に来たことでヘリコプターマネーだの永久債だのという話題も上がり円安に大きく振れています。

それでも私が見送りではないかと思っているのはもう手段がなくなっているのではないか、今回無理やり緩和すれば本当に最後の緩和となってしまうのではないかと思っているからです。
緩和期待やイギリスの問題の沈静化で円安株高になっています。
ここで最後の緩和はしたくないのではないでしょうか。

もし緩和がなければ円高株安に振れるでしょうが、たとえ緩和してもそれほど円安株高に振れることはないかもしれません。
すでに緩和がある程度織り込まれているでしょうし、緩和手段が尽きたとみなされるかもしれません。
期待としては決算のあく抜けとFOMCの声明の利上げ見通しでしょう。

それにしてもアベノミクスが始まるころに大半の経済学者が危惧した状態になってきました。
ベースマネーを増やしてもマネーサプライは簡単に伸びず、一時的に行き過ぎた円安も戻りつつあります。
緩和は麻薬のようになり打ち続けても一瞬の高揚感は得られても持続性はありません。
するともっと強い緩和を求めます。
そして異次元緩和では効果がそれほどないと分かってきた今は再び財政支出に舵を切ろうとしています。
緩和で経済が良くなると言っていたはずなのに。
しかしバブル崩壊後にあれだけの財政支出をしたところで経済がたいして良くならなかったのを忘れたのでしょうか。
国の借金拡大は国民負担を着実に増大させてきただけです。

私たちの世代は国の莫大な借金と日銀の膨れ上がったバランスシートをどのように破裂させないか格闘することになることでしょう。
そろそろ2%のインフレ目標の取り下げや国債の買い入れを抑制することを考えるころです。
もちろんこんなことをすると短期的には経済や株価に大きなマイナスでしょう。
しかしそれ程無茶苦茶なことをしてきたのだからツケは払うしかありません。

それにしても政治家の基本知識の足りなさはひどいものがあります。
もし安倍さんたちが経済学の基本知識を備えていればリフレ派のような胡散臭い連中の話を真に受けることはなかったでしょう。
またクルグマンやバーナンキのような世界トップクラスの知性であっても経済を思うようにコントロールできるほどの知性を備えているわけではないということも理解できたでしょう。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/07/24 15:08 ] 雑感 | TB(-) | CM(7)
こんにちは

 米国経済のほうがよっぽど力強いと思うのですが、どうして円が買われるのかよくわかりません。
 近い将来の日本が世界でたたかえる新分野に大胆な政策を打ち出して欲しいですね。日本人が得意な分野に。
[ 2016/07/25 02:39 ] [ 編集 ]
日本に必要なのは金融や財政の緩和ではなく、規制緩和でしょうね。
これがないと新規事業が立ち上がったりしない、ようは緩和したマネーの行き先がないので日銀、銀行間でぐるぐる回るだけ。
[ 2016/07/25 21:11 ] [ 編集 ]
>マークさん

為替はその時の相対的なものですからね。
現在は日本の政治の安定度やインフレ率の低さが円高に影響しているのでしょうね。

どうしてこんなに保守的な国になってしまったのでしょうね。

>招き猫の右手さん

仰る通りですね。
そろそろ学習してもいいころだとは思うのですけど。
いつまで現実を直視しないでいるのでしょうね。
[ 2016/07/26 00:16 ] [ 編集 ]
残念ですが信用取引で負けてる人の感情的な物言いは説得力がありません。
[ 2016/07/28 01:12 ] [ 編集 ]
>ななしさん

信用取引で負ける人間の考えは説得力がないということでしょうか。
そうではなくて記事の考えがおかしいということでしょうか。

前者ならショールズなんかの意見も説得力を持たないということですね。
ノーベル賞は取り上げないといけないですね。
後者であれば常識的なことしか言っていないつもりなので、常識を超える見識をお持ちということですね。
それは素晴らしいです。

[ 2016/07/28 03:50 ] [ 編集 ]
金融緩和はいつ限界がくるのか?
既に日銀は800兆円の発行済国債のうち320兆円を保有しています。それでもデフレになりそうな気配です。日銀が国債買い入れを止めると株安、円高、デフレが進むのは状況から見て確実です。
国債を発行しすぎるとインフレになり金利上昇(国債の市場価格の下落)が起こることが問題だとされてきましたが、いまだにそれは起こっていません。バーナンキはインフレや金利上昇が起きない限りどこまでも国債買い入れはできると言っていました。
日銀が国債買い入れを継続できるのは日本の民間の需要が増えないため公的需要である国債を増やしても、日本の国の供給(生産)能力の天井に突き当たらずインフレが起こらないからです。ならば民間需要を増やすため構造改革と規制緩和をという意見が2000年以来ありますが上手くいった印象がほとんどありません(格差だけは確実に広がった)。インフレが起こるまで国債買い入れを続けるというのはこれまでの経緯を見ると理にかなっていると思います。800兆円の国債を全て日銀が買い入れれば、日本の財政赤字は事実上0になります。
[ 2016/07/29 11:30 ] [ 編集 ]
>ケンペスさん

さすがに無理筋な見方かと思います。
このような見方をしているのは経済の知識がないような人だけです。
一部の経済学者にもいることはいますが、ニュアンスが違って経済をコントロールする力を過大評価する人たちです。
彼らも危険性や過去の結果は十分に理解しています。
ほとんどの経済学者が主張する内容に反論するためにはそれなりの理論や根拠を提示する必要があります。

クルグマンが期待インフレに関して論文に書いたことがありますがほぼ否定されましたし、実際の結果もやはりクルグマンが間違っていました。
もちろんそんなことはクルグマン自身が分かっていたことでしょうが。
クルグマンは状況に応じて発言をころころ変えており、最近は財政政策に傾いてきているようです。
バーナンキにしても過去の発言と行動からすると机上の議論として話しているだけのように思います。
本気でヘリマネなんて考えていないでしょう。

需要不足の問題や未だに国債の暴落が起きていないのは経済構造上の問題があるからで特に不思議なことではありません。

マクロ経済学と通貨経済、金融史について勉強してみるとリフレ派やヘリマネはどうして支持されないし、失敗の歴史であったかが分かると思います。
そうすると今度はリフレやヘリマネを支持するにはどのような理論展開をすればよいかもわかるかと思います。
実際に神様並みに経済を絶妙にコントロールすればリフレで経済がよくなる論理も主張は可能だと私は思っています。
[ 2016/07/29 19:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方