人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

人は恐ろしいほど本を読まない

社会人になってから月100冊本を読むという人に3人出会いました。
2人はかなりの企業の経営者で1人は100人程度の会社の若手経営者です。
どんな本を読んでいるのか聞いてみると斎藤一人や勝間和代などのビジネス本や小説で、そんな本など1万冊読んでも意味がないだろうと心の中で思っていましたが。

よく読書量と年収は比例していると言いますがその通りだと思います。
私はいくつか会社を経験しましたが、会社のレベルと社員の読書量は確かに比例していたと思います。
本を読まないと考えないし、考えるための基礎知識も身につきませんし、ビジネスでの会話も貧弱になります。
当たり前の話だと思います。

日本人の4割は全く本を読まず、月に10冊以上を読むのは1割に満たないそうです。
大学生でさえ年に平均10冊だそうです。
ということは大半の日本人は社会の様々な知識は自分自身の経験と新聞やネットの記事程度から知識を経て判断しているということでしょうか。
自分自身の経験なんてよほどの人でない限り知れています。
新聞やネットの記事ではきちんとした知識は身につきません。
本屋で並んでいる本を見るとまともなレベルに達していない本が溢れているのも問題ですが。

普段から本を読んでおかないと問題を正しくとらえられません。
自分の知らなかった知識を突然知ったり、何か突発的なことが起きたときに感情で判断してしまいます。
隠された真実を知ってしまった人、日本人は騙されていると知ってしまった人、震災で目覚めてしまった人、経済学者のような専門家は信用できないと知ってしまった人などが多くあらわれるのは経験とそれを補う読書量が足りない人が多いためです。

一番問題なのは自分がどれだけの知識量か判断できないことです。
新聞で何かの記事を読んだ時にそこからどこまで読み取るか、判断できるかは基本的な知識体系がないと不可能です。
しかし知識がない人は想像力で色々なことを判断してしまいます。
15年ほど前に2チャンネルの存在を知って、ためしにパレスチナ問題についての掲示板を読んだことあります。
当時シオニズムなどの本を読みまくっていた頃なので日本人でもこれほどパレスチナに興味を持っているのかと嬉しくなるほど投稿がありました。
しかし読んでみるとほとんどが新聞記事から勝手に想像を膨らませて書いているだけで、全く頓珍漢な言説が大量に投稿されていただけでした。
中には新書ぐらいは読んでいるレベルのものもありましたが。
何かを言いたいならそれについて少しは勉強してみればいいのにと不思議に思った覚えがあります。

本を読まないといけないかと問われると答えに屈します。
本を読んでいるやつは偉いのかと問われても答えに屈します。
ただ社会や自然のことをより深く知ることは面白く、人生がより充実すると思います。
そしてブログやヤフーニュースの掲示板を見ていると社会や人間に多くの人が興味を持っているように思えます。
それなら想像の世界に浸るよりはしっかりした知識を身につけて考えたほうが面白いと思います。

けれど本を読むと自分の頭の悪さに気づいて嫌になることもあります。
また知りたいことが多くなりすぎて人生が足りないと感じることもあります。
これは年を取ると自然に諦めて受け入れることができると思います。
私の場合は自分の頭の悪さに悩んでいたのは20代後半までです。

幸い日本ではしっかりした基本書を日本語で読むことができます。
大学の教科書に使われる本や新書でも十分で、それでも物足りなければ学術雑誌や日本語以外の本を読めばよいだけです。
また洋書でも評価の高い本であればいつかは翻訳される可能性が高いでしょう。
私の好きな中東に関しては日本語の本は充実していないので本当に興味があるなら洋書を読む必要がありますが。

と言いつつ私は今はあまり本を読めていません。
リタイアしたというのに月に15冊ほどです。
ストックボイスを見たり、huluを見たり、漫画を読んだり、今の季節であれば株主通信や決算短信を読んでいたり…。
それに老眼の進行と集中力の低下を感じています。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/07/03 11:42 ] 雑感 | TB(0) | CM(4)
こんにちは

 40代の頃、読書すると目が疲れやすく、痛みも伴うこともあり心配しましたが、老眼の進行でメガネの度が強くなっていたのまです。五感の中では視力は大切です。リタイアした後、人間ドックなど定期検査は金がかかりますが重要です。
[ 2016/07/08 20:59 ] [ 編集 ]
>マークさん

やっぱり目の検査を定期的に受けたほうがよさそうですよね。
失明が一番恐怖心が強いです。
目を疲れさせるようなことを避けるなど気を付けないといけないですね。

[ 2016/07/09 01:15 ] [ 編集 ]
今は洋書を原本のまま英語で読んでいます。
これが楽しいです、同時に英語の勉強になりますしね。
といっても子供向けの簡単な本が多いんですけど。
今の愛読書はthe wonderful wizard of Ozです、オズの魔法使いですw
洋書でも同じ本を繰り返し読むとまた英語が身に入ってきますね、ネットの英語の記事も割りと読みやすくなってきます。
[ 2016/07/25 21:15 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

いいですね。
私は全く洋書を読まなくなりました。
でもやっぱり洋書を読まないと日本特有の見方に流されやすくなるんですよね。

実家に置きっぱなしで読んでない洋書が大量にあるのでこれを機会に洋書を読むようにしようかな。
[ 2016/07/26 00:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方