人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2016年5月のお奨め本

2016年5月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・昭和陸軍全史 2 日中戦争 (川田 稔)

満州事変後から日中戦争に至るまでの日本陸軍の歴史を扱っています。
統制派と皇道派の主導権争い、盧溝橋事件後の戦争の拡大不拡大を巡る武藤章と石原莞爾の対立が中心テーマです。
永田鉄山や武藤、石原といった主要人物の動きと中国の情勢を丁寧に描写しておりとても面白いです。
あくまで陸軍の歴史なので当時の国内の情勢や海軍については記述は少ないです。

それにしても当時の陸軍の戦争ありきの志向は恐ろしいものがあります。
永田が生きていても、石原の戦争不拡大方針が勝っていても結局は戦争ありきの国家観は日本を全面戦争に巻き込んだように思います。
現在からみると彼らの戦略は甘すぎると思うし、うまくいかないときの後戻りや戦略転換はなかったのでしょうか。
日中戦争ですでに国力のほとんどをつぎ込んでいる時点でもうどうしようもなかったのではないかと思います。
それでも後退することなくアメリカとの戦争まで突き進んでいきます。



・科学哲学への招待 (野家 啓一)

科学史、科学哲学、科学社会学の3部構成からなる科学哲学の入門書。
非常にバランスが取れていてポイントを抑えた良書です。
科学誌ではアリストテレスからガリレオ、ニュートンに至るまでに科学はどのような意味を持っていたのか、近代の科学が形成されるまでの過程は特にうまくまとめられています。
既存の方法では説明できないことが増えてきて弥縫策では説明不可能になった時に新たな理論、方法が発展する瞬間ほど興味深いものはありません。
科学哲学では論理実証主義やポパーやクーンなどによるパラダイム論争などを簡潔でありながらきっちりと説明しています。
社会の中の科学の歴史やあり方を考える上での土台ともなる科学哲学を理解することで科学史もより深く理解できます。
科学社会学では環境問題や戦争などと科学、科学者との関係を扱っています。
科学哲学に興味があれば本書から入るのが最良だと思います。




・アイス・ハント (ジェームズ・ロリンズ)

米海軍の調査用潜水艦が北極海の氷島の内部に廃棄された研究所を発見します。
そこには多くの死体と謎の生物、そして極秘の研究成果が残されていました。
アラスカで野生動物監視員をするマットは墜落したセスナから助けた新聞記者クレイグと研究所に行くことになります。
過去に秘密裏に研究さた成果を確保するために米ソが動きだし、マットは極寒の地で争いに巻き込まれています。

ロリンズの本はサイエンスとスパイものアクションの融合ですが、今作ではサイエンス部分は弱くアクションがメインです。
次々と襲い掛かる危険を乗り切るテンポの良さはいつもながら切れ切れです。
まさに王道的なエンターテイメントです。

関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/06/11 12:12 ] 今月のお奨め本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方