人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

Facebook

SNSには全く興味がなかった私ですがFacebookに登録してみました。

しばらく会っていない友人の写真を見たり、近況を読むのは楽しいものです。
お互いに東京在住であることを知って10年ぶりに飲みにいった友人もいます。

しかしすでに飽きてしまい、たまにしかログインしなくなってしまっています。
私には特に投稿したいことがないのでプロフィールを書くだけで終わってしまいました。
友人の日々の出来事に興味もなく一度近況を知ればもう十分です。
世の人は何故そんなにも他人の細かな日常を知りたいのでしょうか。

やはり私のようにつながりたくない人にはSNSは使いこなせそうにないです。

ところで友人の投稿を見ていて怖いと思ったのは自分の人間性が出てくることです。
いちいち出来事の感想や行動を投稿すると自然にその人の人間性が浮彫りになってきます。

昨今のいじめや原発の問題などで興奮状態に陥っている友人が何人かいて、この人ってこんな痛い人だったんだと少しびっくりすることも何度かありました。

友人ならまだいいんですが、仕事関係の人に頭の悪いヒステリックな人と評価されてしまったらどうするんでしょうか。
実際に仕事関係の知り合いが訳の分からん反原発をとなえる投稿を読んでしまいました。
仕事という戦略と戦術が必要な作業をするときに痛い人と関わるのは避けたいというのが正直なところです。

周りから頭のおかしい人と思われても良いのはアーティストや評論家、あるいは大学教授のような何の差しさわりもない人や一定程度の支持者を掴めばよい人だけです。
一般人は普通の仕事をしているのですから、自分の仕事や人間関係に差しさわりがありそうなことは実名で投稿しないほうが良いのではないでしょうか。
馬鹿なことを言い立てたいという気分は誰にでもありますし、怒りや悲しみで人間誰しも壊れることもあります。
そういうときに投稿をしたいのならヤフーや2ちゃんの掲示板、匿名のブログにしておくべきです。

1億5千万の登録者がいるアメリカではFacebookの投稿がきっかけで様々な悲喜劇が起こっているようです。
パブリックな空間では理性的な判断が働きますが、常時パブリックな空間にいるとプライベートな空間と融合していくので気をつけましょう。

それにしても私は知的な興味を刺激しない原発についてはあまり興味がないのですが、原発について何か意見を言いたいのならきちんとした展望や現状分析とそれを支える論理的な思考を備えてほしいものです。
脱原発の人はあまりにも頭の悪い人が多すぎですが、真面目に展望を持って脱原発を考えている人がかわいそうです。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2012/07/21 00:16 ] 雑感 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方