人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

文系学部はもう廃止でよいのでは

私は文系学部卒です。
今のことは分かりませんが、私の時代の文系学部は大抵は勉強しなくても卒業できました。
私は高校より大学でのほうが勉強しましたが、大学入学時より卒業時のほうが学力が落ちている学生が多かったように思います。

当時の大学の役割は社会に出る前のモラトリアムでしかなく教育機関ではなかったと思います。
サークル活動に打ち込んだり、長期間の旅行に行ったり、留学することができる唯一の機会でした。
社会人になってからこれらをするためにはある程度のリスクを覚悟しなければいけません。
とはいっても多くの学生は4年間をただだらだら過ごしていたように思います。

考えてみると18歳というほぼ大人になってからのこの4年間はとても贅沢なものでした。
経済的にも文化的にも社会に貢献しないのに4年間も若者を遊ばせてくれるのが大学の文系学部でした。
社会に余裕があるからこそ提供できる時間なのだと思います。
しかもただ遊んでいるだけにも関わらず学歴シグナルで結局は高卒より生涯年収が高くなるのです。

今では希望すれば誰でも大学に行ける時代となりました。
しかしそのことで親の教育費の負担は増しています。
上位の大学なら教育効果がなくても投資効果はあるでしょうが、それ以外の大学では投資効果があるとも思えません。
奨学金の返済に困る人も増えているようです。
そもそも奨学金はそれ以上に収入が得られることを期待しているはずなので上位大学に絞って支給するほうが本人のためだと思います。

そろそろ大学の文系学部は廃止してもいいのではないでしょうか。
親の教育費負担、労働力の損失、補助金の損失と文系学部は社会的な損失だと思います。
研究者の育成は必要ですが研究希望向けに旧帝大レベルだけは残せば十分でしょう。
そうすると先生は研究に重点を置けますし、本気で勉強する学生だけに教えることができます。
研究希望者以外は受け入れない代わりに生涯学習などを通じて知識を社会に還元する役割は強化すれば社会全体の文化レベルは維持できると思います。
現在の大学が担っている学力のシグナルとしての役割はセンター試験と2次試験のようなものを残しておけばよいのではないでしょうか。

実際にそのようになったら私は大学に行くかどうか悩むと思います。
働きたくないけど大学が遊ぶところでなくなるのだったら18歳から働いて給料をもらうほうを選択するかもしれません。
でもある程度真剣に勉強をしてみたい気もしますが、今の文系学部の大学院のようになると思うので就職に不利になるならやめておいたほうように思いますし。
リタイアについていえば資産形成の速さが同じだとすると大学に行くよりは4年早くリタイアできることになります。
若いうちのほうがまだ仕事もやる気があるのでこれはいいかもしれません。

でもやっぱり大学というモラトリアムは私にとっては楽しく有意義なものでしたけどね。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/05/22 11:15 ] 社会 | TB(0) | CM(4)
こんにちは

 私は卒業がバブルより前でしたが、就職には困らない時代でした。バイトばかりで勉強はしていませんでしたね^^。社会に出てから10年くらいして社会人を受け入れる大学院に通いましたが、そのとき一般学生がよく勉強をしていたのに感心しました。文系学部が軽んじられるのは、勉強していないからだと私は思っています。
 4年間は自由で楽しかったですけど。
[ 2016/05/23 20:47 ] [ 編集 ]
>マークさん

私は就職氷河期でしたが、みんな遊んでばかりで悲壮感はなかったです。
テストで秘伝のカレーのレシピを書いて優をもらったり、死亡している学生に優を出して教授が怒られたりという伝説がよく語られていました。
今の学生は勉強していそうですね。
現実をきちんと見据えている若い人も多そうです。
8回生なんて人はもう絶滅危惧種なのかも。
[ 2016/05/23 23:52 ] [ 編集 ]
ケンぺス
今の会社の同僚を見てると、大卒と高卒の人では思考の幅が違うとよく思います。高卒の人というのは会社の価値観を通じて社会を見ようとする傾向が強いです。高校からすぐに会社に入って異なる価値観に触れる機会が少ないからでしょう。こういう人は仕事ができたとしても教養という点で面白味がないです。たとえ遊んでばかりだとしても青年時代の多感な時期に様々な異なる価値観に触れて考えるということは結構その後の人生に大いに役立つと思います。
[ 2016/05/29 10:45 ] [ 編集 ]
>ケンぺスさん

そうですね。
それは私も強く感じます。
大学だけではなく社会人になってずっと同じ企業で働いている人はつまらない人が多いですね。
多様な価値観に触れる機会が社会としてあるのが良いのだと思います。
社会人になってから転職したり、バックパッカーをしたり、留学したり、起業したり、NGOで活動したり、引きこもったり、大学に戻ったりということを簡単にできるともっと世の中楽しくなるのにと思います。
私の世代は大卒でも思考の幅が狭い人が多いと感じます。
結局は20年もたてば所属会社の同僚の価値観に染まったり、他の社会を見る機会がなかったからでしょう。
[ 2016/05/29 12:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方