人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

リタイアについての周りの反応

リタイアを決めたときの周りの反応ですが、あまり反応がありませんでした。
もともと社内でも友人にもリタイアすることは隠していなかったので驚く人もいませんでした。
定年退職のようにおめでとうという感じでした。
両親でさえ、「とうとうかあ。しゃあないなあ。」というぐらいでした。

あるいはそもそも誰も私のリタイアなんかに興味がないということでしょうか。
私も他人の人生なんかに興味はありませんから。

アーリーリタイアについて世間一般がどのように評価しているかはよく分かりません。
ただこれは世間や他人が評価するようなものではなく、個人の趣味嗜好の問題だと思っています。

しかし世の中にはアーリーリタイアに否定的な人もいることでしょう。
一億総活躍社会の時代ですからね。
もし身近にそのような人がいて否定的な言葉を投げつけられることがあるのだとしたら、それは人との付き合い方が間違っているのだと思います。
現代社会の前提である個人に与えられた様々な自由も理解できていないレベルの人との付き合いは時間の無駄でしかありません。
社内にそういう人がいる場合は必要最小限のドライな関係を保てばいいだけのことだと思います。

でも実家近辺では私がリタイアしたことについて周りから何かを言われるかもしれません。
実家は昔の新興住宅地で70歳になろうとする親世代なのにいまだに子供の学歴、職業などがステータスになる地域ですから。
大学の頃は東大、京大グループが勝ち組、その次の阪大、神大文系グループがそこそこ勝ち組とされていました。
しかし社会人になると当然大学のときから逆転があります。
私が転職で小さな会社に勤めていたときなどはかなり評価を落としたそうです。
母親が近所から色々と私の状況を尋ねられて同情されると笑いながらよく話していました。
大学のときはそこそこ勝ち組にいたのに凋落したことによって私の母親の近所での地位まで下がってしまいました。
今回はリタイアなので微妙なところですがおそらく成功者ではなくドロップアウトとみなされることでしょう。
しかも結婚もできませんでしたしね。
結婚しているかどうかも重要なファクターのようです。
まあ、このような面倒な付き合いをするのは年に数度しか帰らない私ではなく母親なのですが。

そういえば会社からの引き止めは特にありませんでした。
もしかして私はすでに戦力としてみなされていなかったのか・・・。
仕事の区切りなどには気を使いましたし、これまでリタイアを言い続けてきたからだとポジティブにとらえましょう。

リタイアに限らず世間や他人の目を気にする人がいます。
世間や他人が価値観を押し付けてくるというような言い方をする人は恐らくネットの見すぎか、自意識過剰です。
大抵の人は他人の人生に対して興味がなく、社会的なルールさえ守っていれば自由にすればいいと思っていると思います。
他人の価値観や生き方を否定することによって自分の存在を確認するタイプの人はいるこでしょうが、大抵はネット上のような局所的なところに集まっていて現実にはそれほど出会わないのではないでしょうか。
様々な痛いデモがされていますが、実際の知り合いには参加している人はいないのと同じで目立つだけで少数派ではないかと思います。

世間や他人を気にすることがあるとしたらそれはまだ自分の評価で生きることができていないということです。
つまり自分の人生を生きていないということです。
同様に他人のリタイアを否定したり、他人が働き続けることを否定したりすることも自分の生き方に自信がないので、他人が同じ生き方をすることを望んでいるということです。
個々人が自由に好きなように生きればいいのです。
他人の価値観に踏み込むと社会でも個人でもろくなことが起きません。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/03/12 16:03 ] アーリーリタイア | TB(0) | CM(2)
そうそう、他人の生活なんて誰も興味が無いんですよね。
僕も友人にリタイアの話をしてもリアクションは小さかったです。

昔働いていた会社に典型的な老害がいて、お前も早く結婚しろとかうるさく言ってきましたがあれを相手するのに疲れましたね。
僕もさんざん言い返しましたが最後は逆ギレですよ、そもそもあちらのほうがからからんできているのにバカバカしい時間でした。
相手しないのが一番なんでしょうね。
[ 2016/03/21 00:16 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

いますね。
根掘り葉掘り聞いてきてそれについて意見したがる人が。
若いころはお客さんでも上司でも馬鹿にした目でスルーしていました。
最近はさすがに言われることもなくなりましたが。

しかし今考えてみると、若い人としゃべりたいだけでうまく話題を作れなかっただけなのではないかとも思います。
そういうタイプにはコミュニケーション下手な人が多かったですし。
[ 2016/03/22 00:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方