人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

会議の目的はアリバイ作りでしかない

今の会社に移って一番面倒で辟易しているのは会議の多さです。
多い時には1日に4つぐらいの会議をこなしています。

いちいち呼ぶなと毎回文句を言うのですが、出てくださいよーと頭を下げられ渋々出ています。
まあ、私もたいがい暇だし出席すればそれなりに言いたいこともあるのですが。
会議は議題に関係のなさそうな人も多く出席しています。
全く発言しない人も多いわけでノートパソコンで内職する人も多いです。

会議が多いのは二つの理由があると思います。
1つは単純に暇な人が多いことです。
大きな会社は無駄な人員であふれています。
そういう人たちは会議でのおしゃべりが大好きです。

2つ目はアリバイ作りです。
大抵の会社はこれが大きいのではないでしょうか。
この案件についてはちゃんと会議したよねとか、あなたもそこにいたよねという目的の為だけに開く会議です。

上司を呼んできて言質を取るための会議も多いでしょう。
しかし大抵の場合は上司もよく分からないため何とも判断できず、何となくそのまま進むという感じに終わることが多いと思います。
上司によくわからないことを判断させては必ず後で痛い目に合います。
自分で判断すべきことまでアリバイ作りのために上司を読んだ会議を行うのは時間の無駄です。
しかし困ったことに大企業によくいるような管理職は俺はそのことを聞いていないとか言い出すのも事実です。
いやあんたそんな細かいこと分からんだろうし、もっと上の仕事をしてくれよといつも思います。

会議室には会議の費用が1時間いくらというポスターがよく貼ってあります。
会社も無駄な会議の多さを認識してはいますが中々減らないようです。
会議を経費化して予算を超えるとペナルティーを課したり、会議室の予約を制限するなどしてほしいです。

ノー残業デーよりノー会議デーのほうがよっぽど必要なのではないでしょうか。
無駄な会議が無くなると残業もなくなると思います。

行政はわけのわからない審議会などを多く作ります。
これは国民に向けて何かをしていますよというアリバイ作りや税金を使うためのものでしょう。
国民には意味がなくても政治家や公務員には意味があります。
しかし民間会社の無駄な会議は生産性を下げるだけです。
社員の給料も上がらないでしょう。

大したことでもないことに議論を費やしてその場にいる全員を共犯者にすることに何の意味があるかわかりません。
ベンチャー企業で働いていたときには少なくとも仕事のスピードははやかったように思います。
走りながら常に判断して方向修正しているような感じでした。
もちろん根回しや社長などの言質を取ることなど考える必要もありませんでした。
もう仕事を頑張る気なんて全くないですが、ベンチャー企業にいた頃の仕事のスピード感が時々懐かしくなります。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/11/14 16:28 ] 雑感 | TB(0) | CM(2)
CIAの前身が組織を硬直化させる為の指南書を作ったらしいですが、その内容を見てみると日本の会社の多くにスパイが潜んでいると考えざるを得ません。日本の国力を落とす為に過去になされたかも知れない非効率化行為を現在の日本人たちが継承しているのでしょうか。

http://chikawatanabe.com/2015/11/04/cia_sabotage_manual/#more-2660
[ 2015/11/19 07:40 ] [ 編集 ]
>YYYさん

実際に実践で使われることはなかったのでしょうが、社会心理学的な研究は情報組織には必須の項目ですね。

大きな組織で起こる硬直化はどこでもいつの時代でも同じでしょうね。
ただ大きな組織には優秀な人がそれなりに揃っているんですよね。
問題ばかり指摘されている大企業が利益を上げているのもまた事実で中々自浄作用が働かないのだと思います。
[ 2015/11/21 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方