人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

アーリーリタイアを目指す人

最近はブログなどでアーリーリタイアを目指していると公言する人が増えてきました。
リタイアを目指して資産形成に励む人たちはかなり多いと思います。

このような人たちは仕事以外に人生の意義を見出すというポジティブなタイプと、仕事をすることが苦痛で仕方がなくて一刻も早く仕事から逃れたいというネガティブなタイプがいるようです。
いずれにしても現状の労働生活を否定するけれども、そこから逃れるための努力も惜しまない人たちだと思います。

ある程度資産が出来たので早期退職するといったような人は昔からいたのでしょうが、20代や30代の若者が明確にアーリーリタイアを目指し始めたのはここ最近のことではないでしょうか。

日本の社会がアーリーリタイアを目指すことができる社会になってきたということだと思います。
ここ20年ぐらいでアーリーリタイアがしやすくなった環境の変化には以下のようなものがあるのではないでしょうか。

1、ニート、フリーターという言葉が完全に定着して、このような人たちに対する社会の許容度が高まった
2、安定した仕事について家族を持つというシステムと価値観が崩れてきた
3、ネットの発達により、仕事の引退後でも人とつながることが容易になってきた
4、デフレとネットの発達により生活コストが格段に低下して、普通の人でもアーリーリタイアを目指しやすくなった
5、正社員になるのは難しくなったが、バイト、ネットなどでちょっとした収入が得やすくなった
6、個人でも低コストで資産運用が可能になった

20代から早くもリタイアを目指すなんて、何と言う甘えたネガティブな生き方なんだと考える人は多いことでしょう。
私も親からいつも60歳まではちゃんと働けと怒られます。

しかし一方で、アーリーリタイアを目指す人には社会や人生といったものに対する意識が相当高い人が多いように思えます。
そもそもアーリーリタイアは自分を律して計画的に資産形成をしないと不可能です。
そのためには仕事で稼ぎ、社会の現状をきちんと把握し、自分の将来のビジョンを持たなければなりません。
他人と比較するのではなく自分の生き方を自分で決める強さや信念も必要です。

単に社会がどうのとか仕事が嫌だと文句を言うばかりではなく、ではどうしたら仕事から逃れられるのだろうかと考えて実行に移すことができる人が、特に若い人に増えてきたのは心強いことだと思います。

そして何より多様な生き方が可能になってきたことは喜ばしいことだと思っています。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2012/05/03 16:26 ] アーリーリタイア | TB(0) | CM(8)
アーリーリタイア
初めまして。

元バックパッカーの44才会社員です。

3年半後のアーリーリタイアを目指して頑張っています。

資金は、7年前に兄弟ではじめた不動産です。

予定通りではあと3年半でローンの支払いが終わるので、そこで引退を考えています。

僕は仕事が辛くて逃げたいほうのタイプで、毎日出勤前に「あと何日」と数えながら、苦しい日々を過ごしています。

実際、リタイア後にどんな生活が待っているかについて、書いてあるブログが少ないので、日々探しています。

[ 2013/06/17 07:10 ] [ 編集 ]
>yamazaki112さん

はじめまして。

兄弟で不動産投資とは珍しいですね。

あと3年半です。
頑張ってください。
私も後3年ぐらいでリタイアしていると思います。

それにしても元バックパッカーでリタイアを目指す人は多いですね。
やっぱり似たような人がバックパッカーになるのでしょうか。
[ 2013/06/17 23:25 ] [ 編集 ]
私も元バックパッカーです。
やはり一度外の世界を知ってしまうと、日本で定年まで勤め上げようという気にはなかなかならないのではないでしょうか。
一方で、リタイア後をいかに過ごすかというのも大きな課題ですね。
[ 2013/06/17 23:56 ] [ 編集 ]
>高山さん

こんにちわ。

インドなどに行ってしまうと日本の時間の流れについていけなくなるんですよね。
先のことも考えなくなってしまいますし。
計画を立てて着実にアーリーリタイアへと近づいている人には元バックパッカーは少ないような・・・。

リタイア後に再び何かをしたくなるのか、あるいは本当にただだらだら過ごすのか、どっちになるのかを私は楽しみにしています。
[ 2013/06/18 23:50 ] [ 編集 ]
アーリーリタイアの先輩
自分で事業を起こすなど、ハードルが高い引退でなく、一般人がさほど我慢せず、実行できるリタイアの例はほとんど見ないです。

特に妻子ありの例はほぼ0です。

そんなに難しいのかな
[ 2013/06/19 20:21 ] [ 編集 ]
海外、特に物価の安い東南アジアでの長期滞在を前提にすれば、ハードルは一気に下がるような気がします。
それでも、妻子ありの場合はなかなか難しいかもしれませんが。。。

[ 2013/06/19 23:52 ] [ 編集 ]
>yamazaki112さん

私の周りでは2人います。
1人はタイで暮らしています。

でもそれ以上に多いのは資金が貯まる前に数ヶ月旅に出るタイプですね。
我慢できないみたいです。

一人暮らしならそんなに難しくはないとおもいますが、普通の人はそもそもリタイアしたいとはあまり思わないのではないでしょうか。
[ 2013/06/20 00:30 ] [ 編集 ]
>高山さん

そうですね。
物価の低い地域への移住を前提に節約生活で資産を増やせるタイプならハードルは高くないように思います。

ただ計画的に資金を貯めるというのはなかなか普通の人には難しいんでしょうね。
私もリタイアを意識するまではほとんど貯金をしていませんでしたから。
[ 2013/06/20 00:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方