人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

リタイアしても行きたいところがない

リタイア後の旅行費の予算を40万としています。
しかしもう旅行に行きたいという気持ちがほとんどなくなってしまいました。
特に見てみたいものはありません。
人との触れ合いなども求めていません。
ゲストハウスで話をするのはそれなりに楽しいのですが、わざわざ時間と費用をかけてまでは求めていません。

大学生の時に何度かバックパッカーをして、社会人になっても転職の合間に2回バックパッカーと短期の旅行を何度かしています。
果たしてそもそも私は旅が好きだったのだろうかという疑問まで湧いてきています。
エベレストやサハラ砂漠、ワディラム、べトラ、ガウディ、アンコールワットなどがそれなりに感動したところです。
これらの感動したと思っているところさえ、時間をかけてわざわざ訪れたことで感動しなければそれまでの行動が無駄になる、感動しておかないと人に自慢できないという意識が働いていたのではないかとさえ思っています。

若者は旅に出て自分の目で色々なものを見て体験しなければならないと思い込んでいたのだと思います。
せめて10か国ぐらいは訪れていないと恥ずかしいとか、世界を色々旅をしていることがかっこいいとも思っていたのでしょう。
海外に行ったからといって何が変わるわけでもなく、自慢できるようなことでもないのですが。
いや、たとえそうであってもその瞬間に満足できたのだからやはり旅に出ることはよかったのでしょう。

でも今では家でごろごろしたり、美味しいものを食べに行ったり、散歩したり、図書館に行ったりするほうが楽しい自分がいます。
東京にいるとやることは沢山ありますが、旅行に行くと暇を持て余しそうです。
そういえば最後の長期旅行であるカンボジアでも遺跡を一通り見た後はやることがなくて暇を持て余していました。
ゆっくり本を読むことができないし、日本に帰って図書館に行きたいなあと思っていました。

年を取って好奇心がなくなってきたのかなとも思います。
しかし、それだけでなくもともとそれ程興味の無かったものに無理やり取り組んでいただけのようにも思えます。
旅だけでなく仕事もそうです。
色々な見栄やしがらみの中で何となくやっていたのが、そういうものに影響をうけなくなってきます。
他人に自慢するために何かをしているという人は多いと思いますが、他人が存在しなくなるとそれをする意味がなくなります。
そして年を取るにつれて本当に自分の好きなことだけをするようになってきています。

とりあえず旅行はするつもりですが、回数は減っていくと思います。
あとは軽いトレッキングぐらいはしようかなと思っています。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/11/01 19:05 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(8)
同感です。
他人の目がなくなったとき、本当に心地よいと感じることは「ごく平凡」なことです。
「家でごろごろしたり、美味しいものを食べに行ったり、散歩したり」が私にも本当に楽しいことです。
私は数ヵ月後にはリタイアしますが、たぶん海外は行かない気がしています。
国内の温泉やB級グルメの旅が一番楽しめそうな気がします。
[ 2015/11/01 20:15 ] [ 編集 ]
>なすびさん

>他人の目がなくなったとき、本当に心地よいと感じることは「ごく平凡」なことです。

私もようやくそのようなことが分かる年になりました。
シンプルな生活を好む人が増えてきているのは他人の目を気にしなくなった人が増えてきたのかもしれませんね。

>国内の温泉やB級グルメの旅が一番楽しめそうな気がします。

私もそのようになりそうです。
思いたったらすぐ行って3日で帰ってくるような旅になりそうです。
[ 2015/11/02 00:00 ] [ 編集 ]
とても共感しました。
旅行はそれはそれで楽しいし行くことはいいことだと思います。
それと同じかそれ以上に自宅でごろごろでもいいし好きなように過ごす時間はとても心地よいものですよね。
[ 2015/11/02 14:14 ] [ 編集 ]
>エゾリスさん

自宅でごろごろするほど楽しいことはありませんね。
外に出かけるのは自宅でごろごろをより楽しくするためのスパイスのようなものです。
[ 2015/11/03 00:04 ] [ 編集 ]
私も若い頃にバックパッカーで色々回りましたが今行くなら気の知れた友達とバンコクあたりで朝はランニング、うまいもの食ってビールのんで昼寝して。。。と移動の少ない旅になるなぁと思ってます。

当時は行かなければならないと思ってましたが、今になると正直あまり覚えていない事もあるし、当時出会った人たちとは付き合いありません。確かに色んな経験でしたが今に役立っているか?と問われると只の暇つぶし程度だったと言わざるをえません。

働くようになってバックパッカーがキツイ移動をするよりもサラリーマンが出張に行くほうが馬力がいる事がわかりました。
 
[ 2015/11/04 05:05 ] [ 編集 ]
>YYYさん

私も旅先で出会った人とのつながりはもうないですね。
今はSNSの時代なので繋がりが途切れにくい時代なのでしょうけど、当時はメールを使っている人も少なかったですからね。

もう旅にあまり興味がなくなったと言えるのも昔に旅をしたからでしょうからやっぱり行って良かったとは思います。
[ 2015/11/04 23:56 ] [ 編集 ]
丁度僕も旅の記事を書いたところでした。
僕はまだまだ行きたいんですよね。
でもやはりかつてのように何が何でも行きたい気は薄いですね、
リタイアして資金を節約しなくてはならないのと、1週間とかの短期で行っても、もう何をして帰ってくるかが想像できてしまうからです。
なのでまた違った旅ならしたいですけどね。
こんな風に思えるのもやはり若いときにあれこれ行ったからなのかもしれません。
[ 2015/11/08 01:37 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

まだまだ行きたいと思えるのは羨ましいです。

私はなんだか旅の目的を見失ったように思います。
遺跡や自然と出会う感動を求めていたような気がしますが、それに飽きた感があるのだと思います。
[ 2015/11/08 14:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方