人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

さらなる日銀の追加緩和

今週はFOMCと日銀の金融政策決定会合と大きなイベントが続きます。
先週のドラギさんの緩和への前のめりに続いて、FOMCの利上げ見送り、日銀の追加緩和となるのでしょうか。
世界の株価も底を売った感がでてきており再び日経平均も2万円を目指す雰囲気が出てきています。
市場の期待通りだと株価の大きな支えとなります。

FOMCの見送りはコンセンサスとなっているようですが、日銀の追加緩和は五分五分といった見方のようです。
私は追加緩和なしの可能性のほうが高いように思っています。
もうそれほど手段が残されていないような状況でここで緩和してしまうのは危ういように思います。
ETFの買い入れ額の増額ぐらいならまだしも、付利の引き下げやこれ以上の長期国債の買い入れなどは最後の手段になってくるのではないでしょうか。
株高、円安の雰囲気になってきたところでこれ幸いと現状維持となるかと思います。

それにしても中央銀行の最近の金融政策は市場ばかりを見ているのではないでしょうか。
株価が下がると市場が緩和策を要求し中央銀行がそれに答えるという構図になることが多いです。
アメリカもEUも経済状況は良くなっています。
中国の問題の影響があると言ってもそんなことばっかり気にしていたら永久に緩和をし続ける必要があります。

金融緩和がどれほど実体経済に影響を与えることができたのかもはなはだ疑問です。
日本の場合も多くのエコノミストの予想通りに円安誘導の効果ぐらいしかありませんでした。
円安の効果があったと言ってもマイナス面である程度相殺されますから、実質成長率は結局大したことはありませんでした。
元高や中間層の成長による中国人の爆買や原油安という神風が吹いているのにも関わらず経済指標もさえません。
もちろん物価上昇率2%にもまだまだ届いていません。

金融政策は経済成長そのものではなく経済を安定させるためのものという基本にそろそろ戻るべきではないでしょうか。
結局は地道に潜在成長率を上げていくしかありません。
三本の矢に成長戦略があったように記憶しているのですが、こちらはどうなったのでしょうか。
成長を目指すには民間が自由に競争する仕組みを整えることしかありません。
ウルグアイラウンドに続いて農林族の予算分捕りが始まりそうですが、政治家は補助金で民間の手足を縛ったり、軽減税率とかいう馬鹿な制度を考えたり、プレミアム商品券をばらまくことなど成長力を削ぐことには熱心に取り組むようです。
予算を分捕り仲間に分け与えるという姿勢は自民党から共産党まで一貫した姿勢ですね。
社会生活を支える富を生み出すことには興味がないようです。

まあ、それでも資産が増えるのは嬉しいと思ってしまうのが人の感情というものです。
最近の株安で買い増ししたこともあって急速に資産が回復してきたのでほっとしています。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/10/25 12:22 ] 資産運用 | TB(-) | CM(9)
結局、日本の経済は規制やら既得権益だらけでどうにも手がつけられないみたいですね、
自由な市場じゃないので出てくるものも成長性もたかがしれています。
やはり米国が強い理由でもあると思います。
マンキュー経済学読んでますが、なかなか中身が濃いですね。
[ 2015/10/26 22:58 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

おそらく終戦直後あたりは既得権益のシステムがいったん壊れたんだと思うんですよね。
同じようなことが起こらないかなと思います。
財政破たんで起こるのはちょっと勘弁してほしいですが。

マンキューは良い本ですね。
[ 2015/10/26 23:52 ] [ 編集 ]
どの国も割合の差こそあれ
地方的既得権的繋がり系と
都会的競争的個人主義系で構成されています。この割合などから醸し出される全体的な雰囲気こそが、その国の個性なんでしょうね。
[ 2015/10/27 06:27 ] [ 編集 ]
例えばアメリカなら医薬品業界という既得系が「新薬開発時のデータ保護期間」延ばそうと必死ですし・・・
各国が、自国の権益・国益をかけて
保護~自由貿易のハザマで揺れ動いているという点では・・・
こだわってる分野が違うだけで、どっちもどっちでしょうね。
[ 2015/10/27 17:52 ] [ 編集 ]
>ssさん

確かに既得権のあり方はその国の制度や歴史的背景を表すので面白いですね。

日本では汚職は少ないですが、途上国では汚職が既得権みたいになっていますし、あるいは日本では業界全体の既得権が多いですが、途上国では部族や地域単位の権益が多いなど。。
EUであればエリートと大企業の労働者ががっちり握っていて、アメリカではやはり金融関係と伝統的な大企業の株主でしょうか。

そう考えると日本はどちらかというと弱者の既得権が結構強いので珍しいケースかもしれません。
[ 2015/10/28 00:09 ] [ 編集 ]

弱者の既得権


例えば、社会保障政策にその国の弱者に対する姿勢が表れたりしますね。

アメリカ政府は原則として「個人の生活に干渉しない」という自己責任の精神が基盤となって、本人の自立と企業主導による福祉に軸を置いていますし

北欧では、国民の総意として「高い税金を払っても、手厚い福祉」という選択がされています。

日本は、その中間型という感じです。

物質的精神的豊かさ・幸福を追求する上で
公的助け合い~自助努力・強者主導
の最良のバランス(より暮らしやすい国)というものがあるのかもしれません。
[ 2015/10/28 05:49 ] [ 編集 ]
>ssさん

立場や思想によってということになりますが、私は低福祉、低負担派で自助努力と自由競争を原則の社会を求めますね。
ただし自助努力を問うことができない子供については逆にもっと社会で負担してもいいという考えです。
[ 2015/10/28 23:57 ] [ 編集 ]
確かに高福祉過ぎると自助努力を怠る傾向が出るかもしれません。
自助努力といっても障害者も含め、相当の能力差がありますし
時代によって問われる能力も変化します。
また自助努力の見極め・基準は難しいとも思います。

多様性の少ない思想・遺伝子群というのは
社会環境の変化に弱い傾向があり
世界全体としては、様々な個性のある国で溢れているほうが
人類全体としての存続率が高まるのでしょう。

歴史・世界レベルでもよく働くヒトとそうでないヒトの割合は
ほぼ2割・8割で安定しているような気がします。

個人的には、アメリカも北欧もそれぞれに利点・欠点もあって
いい味を出していると思います。
[ 2015/10/29 06:23 ] [ 編集 ]
>ssさん

共産主義国家の弱さはやはり多様性がなかったからでしょうね。
私は多様性というよりは個人の自由をできるだけ確保するためには社会に依存させる仕組みはできるだけ少ないほうがいいと思っています。
子供や社会的ハンデを持つ人を支えるのはほっておくと彼らの自由が制限されてしまうから支えることには賛成という感じです。
[ 2015/11/01 23:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方