人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

資金シミュレーションの想定年齢

私は100歳までは生きるつもりでした。
もちろん自立した状態で。

なので資金シミュレーションでは100歳まで持てば良いと考えて計算してきました。
株安が始まる前までは110歳ぐらいまで資金が持つ計算でしたが、最近の株安で100歳に近づいています。
もし100歳まで資金が持たない計算になってしまうとお小遣いを減らして調整するつもりです。

100歳まで生きるというのは実際にそのくらいまでは生きたいというのがあります。
自分自身にそれ程やりたいことはないですけど、世の中がどのように変わるかを眺めていたい願望があります。
万一長生きした場合のお金が心配なので100歳まで生きる計画にしているというのももちろんあります。
やはり兄弟や国に金銭的な面まで迷惑をかけるということだけはしたくないです。
そもそも兄弟は生きていないでしょうけれど。

また自分だけは100歳まで生きられるのじゃないかという妙な自信もありました。
40歳男性が100歳まで生きる確率は1%強、独身者は寿命が短いと言いますから私の場合は1%を切っているのかもしれません。
それでもそこそこは健康的な生活をしているし、医療技術も進歩するでしょうからあとは気合で30%ぐらいの確率で生きられるんじゃないかと思ってきました。

そういうわけで資金シミュレーションでは100歳まで生きても大丈夫なように計算をしてきました。
しかし現実的には85歳まで生きられれば十分長生きで70歳までに死ぬ確率も2割ぐらいあります。
心配性なので資金シミュレーション自体も少し厳しめにしています。

けれど体力や精神力の低下を実感するようになりだんだんと自信が無くなってきました。
根拠なく100歳まで生きるという自信が無くなってきています。
それに90歳以降の資金を気にしすぎてけちけちとした生活をしても仕方がありません。

そこで資金シミュレーションを90歳まで生きることを前提にしました。
10年分の資金が浮いたのでその分でお小遣いをアップすることにしました。

私が90歳まで生きた場合は両親が生きていることは有り得ないので遺産も入っているはずです。
それなりにはもらえる予定なので90歳を超えた分の資金は遺産を使わせてもらうことにします。
親の遺産は絶対に手を付けないつもりでしたが、そんなに頑なに考えず保険として利用させてもらおうと頭を切り替えました。
もともとは甥っ子、姪っ子には親から継いだ遺産全額と自分自身の遺産の半分を渡そうかなと考えていましたが、私が90歳以上生きた場合は諦めてもらいます。
自分自身の遺産の半分というのは奨学金か何かに寄付するつもりだからです。
実際には80歳ぐらいで死ぬ確率が高いので甥っ子、姪っ子たちには結構な額が残ると思いますが。

それにしても私は不確実性にあふれた未来のシミュレーションなんてものを何度も繰り返しています。
30年以上も未来なんてあらゆる可能性があります。
決して現在の延長ではないです。
それでも月末の資産残高を計算した時にシミュレーション用のエクセルのシートを眺めながら色々と想像を巡らせています。
もしかすると生きている今より、今の中にある未来のほうが楽しいのかと思うぐらいです。

とりあえず寿命想定を100歳から90歳に変えたことによってリタイア後の生活が少し豊かになります。
心置きなくリタイアを迎えられそうです。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/09/26 17:31 ] アーリーリタイア | TB(0) | CM(2)
お久しぶりです。
100歳は確かに堅く考えすぎでしょうね。
僕は最近老眼ぎみなんですが、やはりこういうことから衰えを感じますね、白髪も増えたし。
なので90まで生きられたらかなりラッキーと思っています。
資金に余裕はありませんが、奥さんも働いているし、節約しながら適当にやっていけそうです。
[ 2015/10/01 14:58 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

リタイア達成おめでとうございます。

>僕は最近老眼ぎみなんですが

私も老眼に悩まされつつありますが、老眼というのは年をとったことをつくづく思い知らされるし、本当に不便ですよね。

>節約しながら適当にやっていけそうです。

結局のところは資金計画なんてその都度調整すればいいだけですし、適当にやればいんですよね。
[ 2015/10/02 00:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方