人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

仕事が忙しいほど充実していた

私は仕事が面白いとは思いません。
しかしそれでも今まで経験した仕事が同じように面白くなかったわけでも当然ありません。

それなりに充実していたときもありますし、とにかくつまらないと思うときもありました。
仕事が充実していると感じることができたときでも、それを人生の生きがいにできるとか、時間を売り渡しても良いと思っていたわけではありません。
やはり旅行や読書に時間をあてるほうがよっぽど人生が充実すると感じていました。

私のこれまでの仕事について数値化するとこんな感じになります。
25歳を基準としています。

-25歳30歳35歳40歳
収入11.62.41.8
大変さ11.42.50.6
費用対効果11.140.963
充実度1230.7


大変さは労働時間やプレッシャーです。
35歳の頃は月300時間ぐらいの労働は普通でしたが、それがきついとはあまり思っていませんでした。
ハイになっていたからかもしれません。
25歳の頃の2.5倍ぐらいは働いた感覚があります。
それに比べて今現在は25歳の頃の半分ぐらいです。
かなり適当人間になってしまいました。

収入を大変さで割ったのを費用対効果としてみました。
35歳まではそれほど変わりません。
現在のコストパフォーマンスは素晴らしいです。
正直こんなに適当にしていてお金を頂いていいのかと思うこともあります。
これでもうちょっと仕事が面白く感じられたたら良いのですが。

充実度ですが、30代前半はかなり高かったと思います。
忙しかったり、収入が高い仕事はそれだけ面白い仕事であることも多いと思います。
私の場合もそうでした。
理由を考えてみると
1、達成感があった
2、自分で仕事をコントロールさえてもらえた
3、人間関係が良かった

ルーティンワークだと達成感が少ないし、自分で判断する要素も減ります。
当然ルーティンワークが生み出す価値は少ないので報酬も少なくなります。
当たり前と言えば当たり前です。
現在の仕事は面白くないですが、ルーティンワークに近くなっているからだと思います。

また人間関係も非常に良いものでした。
周りの人は皆優秀で優しい人が多かったです。
優秀な人が周りに多いと大変と感じることもありますが、仕事がよりスムーズに進むので優秀な人が多いほうがいいです。
また若手を使うときのストレスがほとんどなかったと思います。
私の超適当な指示でもきちんと意図をくみ取って仕事をしてくれるので助かりました。

アーリーリタイアを目指す人は労働に否定的な人が多いと思います。
私は労働には肯定的で善であると思っています。
世の中は労働する人で回っているというのもあります。
しかし、それ以上に価値を産み出そうという行為は人間を成長させてくれると思います。
様々な知識を身に着けることができます。
国会前でデモをしている学生たちもいつか仕事をするようになって社会の仕組みを維持する大変さを学ぶことになるでしょう。

ただ私の場合は仕事をしている時間がもったいないし、毎日朝起きて会社へ行くというルーチンがしんどいです。
社会自体にもあまり興味を持っていません。
35歳のころぐらいに充実していて、週に15時間労働ぐらいなら問題ないのですが。

今の退屈な仕事をしているときに昔はそこそこ仕事が充実していたなと思うことがよくあります。
それでも自分の時間が持てる今の生活のほうが充実しています。
リタイアした後にもっと自由に時間を使えることになるとさらに充実するでしょう。
あともう少しだけ頑張ります。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/09/19 21:50 ] 雑感 | TB(0) | CM(4)
私も同じような感じです。30代は7:00~11:00ぐらいまで普通に働いていましたが今ではきっかり8時間労働になっています。その分時間はできましたがつまらないと思える日も増えてきたかなと感じます。
何かドキドキできるものがこれから必要なんだけど、見つからなくてちょっと閉塞気味です。
[ 2015/09/20 05:26 ] [ 編集 ]
私もリタイアして早2年以上過ぎました
正直暇です。
そこで仕事をしようかな?と思ったりするんですが多分仕事をしても暇だと思いますので働いていません。
リタイア前も暇でしたから。
働く以上何らかのインセンティブを求めているのでしょうね。
一通りの経験もして、ある程度お金がある人が充実したサラリーマン生活を送るには「やりたいことができる」が条件かもしれません。
そのやりたいことがなければ結局は暇つぶしもしくは時間の浪費にすぎないのかなと思う今日この頃です。
[ 2015/09/20 18:34 ] [ 編集 ]
yamyas
僕は充実感を感じたことがないです。
一つの現場をやり終えたときに達成感はありますけど、また次の現場が永遠にあるのでいつまでやるんだろう?と思います。
終わりも見えないし、次も見えないという感じです。
[ 2015/09/20 20:30 ] [ 編集 ]
>クロスパールさん

ある程度経験してしまったことや年齢と関係があるのかもしれませんね。
やはり40歳過ぎた頃にリタイアするのがいいタイミングなのでしょうか。

>とまさん

>そこで仕事をしようかな?と思ったりするんですが多分仕事をしても暇だと思いますので働いていません。

なかなか難しいですね。
全く違う仕事を短期間順番にしてみるとかするといいのですかね。
何だか面倒でそれくらいならリタイアしないということになるかもしれませんが。

やりたい仕事ができるというのは大切ですね。
ただそのために必要な色々な努力も面倒になりました。

>yamyasさん

ある程度仕事に慣れてしまうとあとはルーチンになってしまうのでしょうね。
多くの人はそうなのだと思います。
中にはそれから脱する人がいてそういう人たちが成功するのだと思いますが、そこまでモチベーションを維持し続ける人は非常に少ないのでしょう。
[ 2015/09/21 00:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方