人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2015年8月のお奨め本

2015年8月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・法の概念 (H.L.A. ハート)

為政者の威嚇による強制的な命令を法とする当時の主流の考え方を批判をして新たな法の概念を打ち立てた名著です。
著者のドゥウォーキンの批判に対する反論や解説も詳しいです。

法が為政者の威嚇による強制的な命令であるとすると、為政者自身も法に拘束されることや、命令とはそぐわない法、慣習による法などが説明できません。
そこで著者は法の構造を一次的ルールと二次的ルールという考え方で説明します。
一次的ルールは現実に妥当性を持つ法のことです。
二次的ルールは法に関するルールを指します。
法をどのように変更するか、運用するかなどのルールです。
法をこのようなルール体系と考えると確かにしっくりくるような気がします。

これらのルール体系についての検討に加えて、正義、慣習、国際法と法の関係について検討しています。
私が特に興味を持ったのは法は裁判官に義務や権利を作る権能を与えているということです。
自衛隊の合憲性や一票の格差、原発稼働など法からそのまま答えを導き出せない問題が多くあります。
本書の主題ではないのですが、さまざまな法源の枠組みの中で法を創造する責任を担っている裁判官の役割がとても興味深いものに思えてきました。

最近、安保について議論が白熱しているようで憲法を守れなどという言葉をよく耳にします。
私は今回の改正案については全く知識がないのですが、そもそも法や憲法とは何だっけ、法を守ったり、変更したりするのはどういことかと思い10年ぶりぐらいに本書を再読してみました。
法理学についてはそれほど読んだことがないですが、やはり本書は明晰な分析が冴えわたる色あせない法理学の名著だと思います。



・オスマン帝国500年の平和 (林 佳世子)

オスマントルコの500年の歴史を駆け足で辿っていきます。
アナトリアに生まれバルカンで勢力を固めたオスマントルコが500年もの長い間をどのように統治してきたのか。
軍事、社会、宗教を万遍なく取り上げておりバランスの取れた解説をしています。
初期の英雄的なスルタンたちや権勢を振るった奴隷出身の軍人政治家なども魅力的ですが、官僚制度や法制度が整えらることによって安定した社会が築かれたところにオスマントルコの強さの秘密があると思います。

オスマントルコはトルコ人の帝国とも言えないし、聖戦にイメージされるようなイスラムによる支配を広める帝国でもありません。
しかし現在のトルコ共和国が継承したというイメージやイスラムの帝国というイメージが一般的にあるのではないでしょうか。
実際にはどのような政治、社会構造を持った国だったのかということもよくわかると思います。

この本は興亡の世界史シリーズの一冊です。
このシリーズはどれも面白く、中央公論の世界の歴史シリーズとともに一度すべて読んでいます。
こういう本をリタイアした後に一気読みをしたいです。



・幼年期の終わり (アーサー・C・クラーク)

クラークのSFの代表作。
あるとき巨大な宇宙船が地球の各地の大都市上空に現れます。
宇宙船の中でオーヴァーロードと称される謎の異星人は人類を導いていく存在となります。
その結果それまで戦争を繰り返していた人類は戦争を放棄し平和で豊かな社会を実現します。
オーヴァーロードは人類を良き方向に導いてはくれるが、いったい何のためにそのようなことをしているのか。
地球へとやってきた真の目的は何なのか。
そしてのその謎は人類の進化と関わるものでした。

ある日宇宙船がやってきたという話は何故こうもワクワクさせるのでしょうか。
いつかそういうことが起こりうるからでしょうか。
本書は小難しいところもありますが、そういう世界を味わいたいときにはお薦めです。

関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/09/05 12:11 ] 今月のお奨め本 | TB(0) | CM(4)
幼年期の終わりで印象に残っているのは、オーバーロードの星から帰還して最期の旧人類となった人間です。 
進化のxデーが来るまで独り地球にのこり状況をオーバーロードに送信し続けていた期間の描写で孤独と諦念が強烈に感じられて、何故だか分からないんですが心地よかったです。 


[ 2015/09/15 17:33 ] [ 編集 ]
>そらさん

私も最後のシーンは印象に残っています。
オーバーロードの星に行かせたのは最後の旧人類を残すための著者のアイデアなんでしょうね。
[ 2015/09/16 00:08 ] [ 編集 ]
オスマン帝国の本を読んでみたいです。
次はこれにしようかな。
[ 2015/10/06 17:27 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

ぜひぜひ読んでください。
オスマントルコは他のイスラム国家とは趣が異なりそこが魅力的です。
[ 2015/10/06 23:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方