人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

暴落と不安とリスク

今回のリスクオフで久しぶりに市場のパニックを見ました。
私の金融資産も一週間の減少額としては過去最大でした。
このような暴落は定期的に起こります。
リタイア前にこのような暴落を経験しておくのはいい予行演習になったと思います。

市場の暴落による資産の減少に不安になるならリスクの取りすぎだと言われます。
今回の暴落でパニックに陥った人は資産配分を見直したほうが良いというのも分かります。
暴騰や暴落が繰り返すことを前提としているインデックス投資家はそれ程不安になっていないと思います。

しかしこの不安というのは厄介なものです。
主観的なものだからです。
元本保証型の投資が人気がありますが、少しの損失でも不安になる人が多いからだと思います。
暴落どころから日々の価格の動きにも不安になる人もいるでしょう。
しかし不安だからと言って今の時代に全額定期預金もリスクが大きいです。

主観的な不安と定量的なリスクは分けて考えたほうがいいと思います。
今回のような暴落で不安でいっぱいになるのは別にかまわないと思います。
これは性格的なもので仕方がないです。
しかし定量的なリスクは把握しておかなければなりません。
資産の減少で自分の生活にどれだけの影響を与えるかを考えて、問題ないレベル内のリスクに抑える必要があります。

ところで今回の暴落で私は焦ることはありませんでした。
資産が減ることに対して腹が立つという感覚はありましたが。
まだ働いているので毎月収入があるというのが大きいと思います。
やはり定期的な収入ほど精神を安定させるものはありません。
リタイアに必要な資産額をまだ割り込んでいないというのも大きいです。
あとは年初からするとまだ利益が乗っている状態なのでこのくらいは仕方がないかと思えています。

しかしそれ以上に私自身の損失や資産の減少に対する不感症があります。
どうにも私は1000円以下ぐらいだったら勿体ないと思ってケチったりするのですが、1万以上になると損したり使うことに抵抗がなくなるのです。
今ではそれなりに利益が出ていますが、資産が1500万の頃は含み損が700万ぐらいありました。
その時も何とも思っていませんでした。
さすがに借金するようなことはしませんが、パチンコにはまって感覚がおかしくなって借金を背負ってしまうとういうのはよく分かります。

そういえば学生時代に麻雀で数万負けても何とも思いませんでした。
体育会にいたので後輩がいると全額おごって1日に2万ぐらい使うことも珍しくありませんでした。
学生なので当然そんなにお金を持っていません。
結局お金が少なくなるとバイトを増やして日々の生活を節約して辻褄を合わせるだけの事でした。

とはいえもうこの年でお金のためにあくせく働いたり、生活レベルを大幅に下げるのはきついものがあります。
今回のパニック相場をいい機会にしてもう一度自分のリスクについて見直したいと思います。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/08/29 12:33 ] 資産運用 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方